楽天ゴールドカードの特徴を網羅!メリットやデメリットについても解説

楽天ゴールドカードの特徴を網羅!メリットやデメリットについても解説

ゴールドカードと言えば、通常のカードよりも格上、サービスで勝るなど、何かとメリットを押し出されます。 実際のところはどうなのでしょうか? ここでは楽天ゴールドカードにスポットを当てて、その特徴からメリット、デメリットまですべて網羅してみます。
ゴールドカードと言えば、通常のカードよりも格上、サービスで勝るなど、何かとメリットを押し出されます。実際のところはどうなのでしょうか?

ここでは楽天ゴールドカードにスポットを当てて、その特徴からメリット、デメリットまですべて網羅してみます。
ゴールドカードは、年会費無料のクレジットカードをはじめとした一般的なステータスのカードよりも高いグレードのカードとなります。

楽天ゴールドカードの特徴

まずは楽天ゴールドカードの特徴から解説させていただきます。特徴を知ることで、無印楽天カードやプレミアムカードとの違いがよく分かるでしょう。

中間的なサービス

楽天にはゴールドカードの他、楽天カードと呼ばれる下位互換のカードと、プレムアムカードと呼ばれる上位互換のカードが存在します。つまり楽天ゴールドカードというのは3種あるカードの内、真ん中に位置するものとなるのです。

そのため、楽天カードではフォローされない部分がフォロー出来たり、受けられないサービスを受けることが可能となります。

その反面、プレミアムカードよりはサービスという面で劣ることとなるのですが、具体的な内容についてはメリットとデメリットで解説します。

楽天市場で強み

何せ名前が「楽天」ゴールドカードです。

楽天市場ではほぼ無敵で、他のどんなカードよりもポイント付与から受けられるサービスまで、そのすべてが勝ることになるでしょう。

特にポイント付与については常時「○倍」などのキャンペーンもありますし、通常使いでもりもりポイントが貯まっていきます。

さらに商品の割引や特典などもある上に、通常の楽天カードよりもサービスが勝るので、もし楽天市場をメインとしているのであれば楽天ゴールドカードは必須となるでしょう。

利用可能額の強化

楽天ゴールドカードになると、通常の楽天カードの利用可能額上限100万円から、200万円までに引き上げられます。

楽天カードの上位互換ということ、そして一般的なゴールドカードでもあるサービスであることから特に目新しい特徴でもありませんが、利用可能額は買物の幅に直結しますので、地味に嬉しいところになるでしょう。
ただし、上限が増えたことでより一層の計画性が必要になります。

楽天ゴールドカードのメリットやデメリット

次に楽天ゴールドカードのメリット、またデメリットについて解説します。

メリットばかりに目が向きますが、きちんとデメリットも把握した上で利用する方が、適切な利用につながるでしょう。

メリットについて

まずはメリットについてからご説明します。

目が向きやすい分すでにご理解されている方もいると思いますが、おさらいとして今一度確認しておきましょう。
ポイントを貯めやすい
楽天ゴールドカードの最大のメリットと言える部分は、とにかくポイントを貯めやすいところにあります。いくつかの条件があるものの、最大で11倍のポイントが付与されますので、もはやお得という領域を超えているでしょう。

もちろんそれは楽天市場に限ったことになるのですが、普段から楽天市場を利用されている方であれば、その恩恵には十分授かれると言えます。

さらに楽天関係のプログラムや登録などの組み合わせにより、さらにお得になるという至れり尽くせりなところがあります。
ラウンジが利用可能
楽天ゴールドカードに昇格させると、特定の空港ラウンジを年2回まで無料で利用可能となります。

楽天の場合、国内ほぼすべての空港を網羅していますので「全国の空港ラウンジ」と、そして「海外の一部のラウンジ」が使えるということです。

ただし先にもあるとおり年2回であることから、日常的に空港を利用される方の場合はあまりメリットと言えないかもしれません。
紙明細が無料
少し地味と思われるかもしれませんが、楽天ゴールドカードを所持している場合、月々の明細を紙媒体で受け取る際に無料となります。

これが通常の楽天カードの場合、年間を通して明細を紙媒体で受け取るなら1,000円ほど掛かってしまいます。

常に紙媒体で受け取りたい、ネット表記では不安な方には、案外大きなメリットになるかもしれません。

デメリットについて

年会費が必要
次にデメリットをご紹介します。
楽天ゴールドカードの年会費は2,200円となります。そして家族カードを作った場合も、年会費が550円必要になります。

これを高いと思うかは人それぞれですが、もったいないと思う方には大きなデメリットとなるでしょう。
楽天ユーザー以外にメリットが少ない
実のところゴールドカードと言っても、基本的にどのカードも「自社使い」でなければお得感に欠けることになります。

楽天ゴールドカードも同じで、楽天市場で利用するなら無敵ではあるものの、余所で利用する分にはやはりメリットが少なくなると言わざるを得ません。

楽天市場を使う人こそ獲得しよう

楽天ゴールドカードは、とどのつまり「普段から楽天市場のお世話になっていて、普段使いをしている人」こそ持つべきと言えます。その恩恵は非常に大きく、あらゆる面であなたの生活に役立つでしょう。

ただしそれも、メリットデメリットをきちんと把握して、カードへの理解を深めてこそ有効な活用に繋がるので、付けるべき知識はきちんと身に付けておきましょう。
TOP