Amazonで買い物するならAmazonカード?電子マネー?お得な支払い方法を徹底解説

Amazonで買い物するならAmazonカード?電子マネー?お得な支払い方法を徹底解説

Amazonで買い物をする際、支払方法は何を選択しているでしょうか。 クレジットカードや電子マネーなどさまざまな支払方法が選べるAmazonですが、どの方法で支払うのがお得なのか気になりますよね。 今回は、Amazonが発行しているAmazonカードと電子マネー支払いにスポットを当てて、特徴やメリットを徹底解説します。
Amazonで買い物をする際、支払方法は何を選択しているでしょうか。クレジットカードや電子マネーなどさまざまな支払方法が選べるAmazonですが、どの方法で支払うのがお得なのか気になりますよね。

今回は、Amazonが発行しているAmazonカードと電子マネー支払いにスポットを当てて、特徴やメリットを徹底解説します。

Amazonカードの特徴

Amazonには三井住友銀行と提携して発行している「Amazon MasterCardクラシック」という独自のクレジットカードがあります。Amazonユーザーなら広告などで存在は知っているという人も多いのではないでしょうか。

実はこのAmazonカード、Amazonで買い物をするうえでとてもうれしいメリットを持っています。年会費は初年度無料で、翌年以降も一度でも利用があれば引き続き無料で持つことができるのでAmazon利用者には安心です。

ポイント還元率

「Amazon MasterCardクラシック」のポイント還元率は通常時1.0%です。クレジットカードの平均ポイント還元率は0.5%といわれているので、これだけでも十分高い数字といえます。

しかし、Amazonプライム会員がAmazonで買い物をした場合の還元率はなんと、2.0%になります。Amazonでよく買い物をしているプライム会員であれば、この2.0%は利用しなければもったいないポイント還元です。

ただし、キャッシングや電子マネーのチャージなどポイント対象外となる支払いもあるので、利用する場合は対象かどうかの確認を事前に行っておくことが重要です。

Amazonポイント

「Amazonポイント」とは、1ポイント=1円としてAmazonでの買い物時に利用できるポイントです。Amazonカードは、使った金額に合わせて、このAmazonポイントがたまっていきます。

自動加算されるAmazonポイントは、支払い時に現金感覚で使用することができるので、とても便利です。このポイントには期限があり、最終購入日か最終ポイント獲得日の遅い方から、1年間のうちに使ってしまうように気をつけておきましょう。

審査

「Amazon MasterCardクラシック」の審査は、安定した収入があれば問題なく通るという難易度です。ただし、クレジットカードの中でも銀行系のカードは審査が厳しい傾向にあり、Amazonカードは三井住友銀行が発行元なので、決して誰でも通る審査とは言えません。

18歳以上が申し込み可能なので、学生でも申し込みは可能です。継続した一定の収入があれば、学生でも主婦でも審査をクリアできる場合が多いです。

電子マネー払いの特徴

Amazonの支払いに使える電子マネーは、楽天EdyやモバイルSuica、iD、JCBプレモの4種類です。クレジットカードを持っていない場合には、銀行やコンビニに振り込みに行ったり、代金引換の手数料を支払う必要もないので、便利な決済方法です。

しかし、電子マネーの使用には楽天Edyなどの場合、専用のカードリーダーが必要であったり準備が必要なこともあるので注意が必要です。

Amazonギフト券チャージタイプ

通常、電子マネーではAmazonギフト券を購入することはできません。しかし、唯一Amazonギフト券チャージタイプの入金(チャージ)には電子マネーを使用することができます。

チャージタイプのギフト券は、自分のAmazonギフト券の残高に好きな金額をチャージして買い物をすることができるものです。電子マネーを入金に使用することで、電子マネーとAmazon両方のポイントをためることもできます。

電子マネーの制限

Amazonでは電子マネーでの支払いに制限があります。たとえば、コンビニ払いや店頭でのAmazonギフト券の購入は、基本的には現金のみとなっており、電子マネーを利用することができません。

そのほかにも、お急ぎ便や定期便の支払い、Amazon以外の出品者からの購入などには、同じく電子マネーの利用ができなくなっています。このようにAmazonでの電子マネーの利用には制限がありますので、お得な方法で賢く利用する必要があります。

自分に合ったお得な方法を見つけよう

国内最大規模の通販サイトAmazonでは、日用品から家具家電などの高額な商品までさまざまな物が購入できます。年間にしてみるとかなりの金額を使っているという人も多いのではないでしょうか。

支払方法は人それぞれですが、たくさん利用するものだからこそ、お得な方法で支払いをしたいですよね。
クレジットカードや電子マネーなど、自分がやりやすい方法で何が一番お得で便利なのかを、ぜひこの機会に見極めてみてください。
TOP