年会費無料のゴールドカードとは?利用者が多いカード6選!

年会費無料のゴールドカードとは?利用者が多いカード6選!

基本的にゴールドカードは年会費がかかるものとなっています。 ただ、インビテーションによって無料になるケースと初年度無料になるケースがあります。 今回は、それらでおすすめされているゴールドカードについて紹介していきましょう。 今後ゴールドカードを目的にする人はぜひ参考にしてみてください。
基本的にゴールドカードは年会費がかかるものとなっています。ただ、インビテーションによって無料になるケースと初年度無料になるケースがあります。

今回は、それらでおすすめされているゴールドカードについて紹介していきましょう。今後ゴールドカードを目的にする人はぜひ参考にしてみてください。
via pixta.jp

インビテーションで無料になるゴールドカード

こちらでは、インビテーションによって無料になるゴールドカードを見ていきましょう。インビテーションとはつまり「招待」です。

カード会社から「ゴールドカード会員になりませんか」という招待状が来ます。各カード会社で条件が設定されていますが、基本的に条件公開されていません。

イオンゴールドカード

イオンゴールドカードは明確な条件は後悔されていませんが、年間利用額が100万円を超えた人が対象と言われています。

空港ラウンジだけではなく、イオンラウンジも無料で利用することができます。買い物の途中で休憩したい時などにもおすすめされています。

比較的取得しやすいゴールドカードとして注目されています。

セブンカード・プラス

セブンカード・プラスはインビテーション限定のゴールドカードとなっています。

セブン&アイグループ対象店舗利用でポイント還元率がアップなど、セブン&アイグループ利用が多い人にとっては高いメリットがあります。

エポスゴールドカード

インビテーションだけではなく、同カード会員、エポスプラチナカード会員からの紹介で入会すると年会費が無料になるゴールドカードです。ちなみに個人で申し込むと5,000円の年会費がかかってしまうんです。

ただ、年間利用額が50万円を超えると翌年以降の年会費が永年無料となるので、比較的低コストで持てるゴールドカードとして注目されています。

初年度年会費無料のゴールドカード

こちらでは、初年度年会費が無料のゴールドカードについて見ていきましょう。初年度無料なので2年目からは年会費がかかってくると考えておきましょう。

JCBゴールドカード

オンライン入会のみ初年度年会費が無料となります。

2年目以降は1万円の年会費がかかるので、比較的一般的な金額と言ってもいいでしょう。

空港ラウンジの無料利用、20%オフになるグルメ優待や映画館やスポーツジムでの優待などさまざまなサービスがあります。

三井住友カード ゴールド

JCBゴールドカードと同様にオンライン入会のみ初年度年会費が無料となります。2年目以降は1万円と相場内の金額と言ってもいいでしょう。

24時間年中無休で医師などの専門スタッフが悩み相談を受けてくれるドクターコール24を利用できるなど他のカードにはない魅力があります。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

アメックスとクレディセゾンが提携しているカードです。他のカード同様に2年目以降は1万円の年会費がかかります。

世界1300ヶ国以上の空港VIPラウンジが利用できるので、海外に行くことが多い人にメリットが大きいです。

アメックスならではのトラベルサービスなど、魅力的なサービスがありますが国内メインの人にとっては海外メインの人よりメリットが低い特徴があります。

さまざまな無料ゴールドカードを比較しよう

ゴールドカードと言っても、付帯されているサービスは会社によって異なります。

そのため、ゴールドカードを目指すならどのサービスがいいのかなどを一般会員時代からチェックしておくようにしてください。

ただ、年会費が無料のゴールドカードは年会費が必要なものと比較するとサービスが弱いものもあります。有料同様のサービスがあるものもありますが、しっかりチェックしておくことをおすすめします。
TOP