Amazonカードの明細の見方とは?利用の際の注意点も確認しよう

Amazonカードの明細の見方とは?利用の際の注意点も確認しよう

Amazonカードを始めて作った方は、明細の見方で悩むかもしれません。 公式サイトに行ってもログイン画面がなく、どこで見るのかわかりにくいためです。 カードの明細は、毎月の使用状況を確認するものです。 不正取引の防止から、計画的なカードの使用にも欠かせないでしょう。 明細の見方で迷う方向けに、Amazonカードの明細の見方と注意点を紹介します。
Amazonカードを始めて作った方は、明細の見方で悩むかもしれません。公式サイトに行ってもログイン画面がなく、どこで見るのかわかりにくいためです。

カードの明細は、毎月の使用状況を確認するものです。不正取引の防止から、計画的なカードの使用にも欠かせないでしょう。

明細の見方で迷う方向けに、Amazonカードの明細の見方と注意点を紹介します。

Amazonカード明細の見方

Amazonカードの明細は、WEBに対応しています。カードが届いたらサービスの登録が必要なため、作業しておきましょう。

Vpassに登録する

Amazonカードは、三井住友カードと提携しています。明細も三井住友カードのサービスを使わなければなりません。

まずは、三井住友カードが提供する、Vpassへ登録しましょう。カードが届いたらVpass登録の案内も届いているはずなので、内容に従って登録してください。

Vpassの登録は、Amazonカードと携帯電話番号、メールアドレスが必要です。カードが届かないとカード番号がわからないため、届いてから登録作業に進みます。携帯電話番号を入力すると、番号に認証コードが届くので確認し、登録してください。

WEB明細に登録する

VpassでのWEB明細を利用するため、登録と同時にWEB明細登録に進みます。ハンドルネームとメールアドレスを入力し、申し込み画面に進んでください。Vpassで使用するハンドルネームは、自由に好きなニックネームを選べます。

登録ボタンを押すと、指定したメールアドレスに手続き完了メールが届きます。申し込みが完了したら、パソコンやスマホでWEB明細が確認できるようになります。Vpassにログインしたら、Myページの利用状況にある「明細を確認する」からWEB明細を見ましょう。

スマホアプリで明細を見る

Vpassはスマホアプリに対応しています。

iPhoneとAndroidの2タイプに対応しているので、携帯電話の種類に合ったアプリをダウンロードしてください。

スマホアプリはパソコンサイトと基本的な機能は一緒です。オートログイン機能を利用すれば、毎回ログインの度に、IDとパスワードを入力しなくて済みます。

スマホアプリは、ゲームや占いなどのコンテンツ提供もあるので、楽しみながらログインできます。

パソコンで明細を見る

VpassのWEB明細では、明細の印刷やダウンロード画面があります。長期保存を希望する方は、別途ダウンロードしておきましょう。紙に保存したい場合は、印刷画面に進み家庭にあるプリンターで印刷します。

なお、Vpassでは通知メール機能があります。お支払い金額が確定されるとメールでお知らせしてくれて便利です。メールにはWEB明細のURLがあるのでクリックして、そのままWEB明細に移動できます。

Amazonカード明細の注意点

AmazonカードのWEB明細を使う場合は、いくつか注意点があります。安全に使うための対策や、希望に応じた使い方をしてください。

不正利用に注意しよう

どのクレジットカードも同じですが、Amazonカードも不正利用のリスクがあります。定期的にWEB明細を確認していれば、利用していないデータがわかるでしょう。

Vpassに登録すると、同時にVpassID安心サービスにも自動登録されます。不正利用に対し、カード会社に届け出してから60日間さかのぼって保証されるサービスです。

指認証でセキュリティを高めよう

Vpassのスマホアプリをダウンロードしたら、指認証機能を設定しておきましょう。指認証機能の「Touch ID」に対応しているため安心です。

スマホアプリの自動ログイン機能では、誰かに勝手にログインさせない対策が必要です。万が一スマホをなくしてしまった場合に、指認証機能があると安心でしょう。

紙明細には対応していない

Amazonカードの明細は、Vpassのみの利用です。紙の明細サービスには対応していません。家庭で明細書を保存しておきたいときは、印刷を利用してください。

Amazonカードで明細を確認しよう

Amazonカードは、WEB明細に対応しています。いつでも気になったときに利用状況が見られて便利です。不正利用に対してもいち早く気づきやすく、カードを安全に使うことができます。
TOP