Amazonカードを延滞するとどんなデメリットが?その危険性について

Amazonカードを延滞するとどんなデメリットが?その危険性について

Amazonでよくネットショッピングをする人であれば、Amazonで発行しているMasterCardを作っておくといいでしょう。 Amazonカードを作れば、手元に現金がなくても欲しいものをすぐに購入できるからです。 しかし支払期限までに支払いができないといろいろな問題が起こります。
Amazonでよくネットショッピングをする人であれば、Amazonで発行しているMasterCardを作っておくといいでしょう。

Amazonカードを作れば、手元に現金がなくても欲しいものをすぐに購入できるからです。
しかし支払期限までに支払いができないといろいろな問題が起こります。

Amazonカードで延滞するとどうなる?

Amazonカードの決められた支払期日までに代金を払わないと、いろいろなペナルティが考えられます。具体的にどのようなペナルティが発生するかについて、以下で詳しく紹介します。最悪の場合、カードが利用できなくなることも考えられます。

信用情報に傷がつく

皆さんのクレジットカードの利用状況は信用情報に逐一登録されています。もし延滞してしまうと、その情報は信用情報機関に記録されます。

この延滞はたった1日でもきちんと記録されるのでうっかりミスでも避けたいところです。1回や2回の延滞情報なら問題はないかもしれません。しかしあまり何度も繰り返していると、今後新しいクレジットカードを作るにあたって審査落ちしてしまうかもしれません。

また短期間で何度も延滞を繰り返していると、クレジットカードの利用停止の起きる恐れも出てきます。

強制解約の可能性

もし長期間にわたって延滞を続けると利用停止ではなく、Amazonカードからの強制解約を求められる場合も考えられます。

一時的ではなく、永久に利用できません。しかも長期間延滞すると、信用情報に事故情報が掲載されます。いわゆる「ブラックリストに載った状態」です。こうなるとクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりするのはまず不可能です。

しかもこの事故情報、ひとたび登録されると少なくても5年間は掲載され続けます。ちなみに長期の延滞ですが、Amazonカードでは公表していません。しかし一般的には2~3カ月延滞を続けると、事故情報の載る可能性があります。

延滞を防止する方法

上で見たように延滞を続けると、最終的にはカードの強制解約やブラックリスト入りしてしまいます。
このような状況にならないようにするためには、いくつか対処法があります。いざというときのために以下で紹介する方法を覚えておきましょう。

カード会社に連絡

もし支払期日までにお金を準備できそうになければ、引き落とし日の前にカード会社に連絡することです。
お金が用意できないと言えば、カード会社もいろいろと対処法を提案してくれます。

たとえば支払方法の変更や手数料のみの支払いをしてくれればOKといったようにです。Amazonカードの問い合わせ窓口がありますから、速やかに連絡しましょう。支払えないと言っても相手から怒られたり、恫喝されたりするようなこともないので安心して連絡してください。

支払方法の変更

現在の支払方法に無理があるから、引き落とし日までにお金を用意できない可能性があります。Amazonカードではカード決済した後からでも、支払方法の変更ができます。

あとから分割払いとかあとからリボというサービスが用意されています。分割払いの回数を増やしたり、分割からリボ払いに変更したりすると1回当たりの支払額を安くできます。そうすれば、返済負担も軽減されるでしょう。

ただし例えば一括払いや2回払いから3回以上の分割払いやリボ払いに変更すると、金利手数料が発生します。分割回数を増やせば増やすほど、支払総額も大きくなるのでその分も踏まえて支払い回数をどうするか検討しましょう。

延滞しそうになったら早めに連絡を

Amazonカードを使ったショッピングは一時的にカード会社が買い物の代金を立て替えているだけです。後日支払いをしなければならないことを忘れないでください。

もし期日までにお金を用意できなければ、速くカード会社に相談することです。一番やってはいけないのが、逃げ回ることです。電話や手紙に返済の催促が来ますが無視し続けると、給料など財産を差し押さえられるかもしれません。

素直に対応することを心がけましょう。
TOP