ブラックカードが持つメリットと作る前に知るべきデメリットについて

ブラックカードが持つメリットと作る前に知るべきデメリットについて

クレジットカードは、種類によって内容が大きくことなります。 以前はゴールドカードが最高のサービスを受けることができるカードでしたが、最近ではブラックカードが最もレベルの高いクレジットカードとなっています。 ブラックカードが持つメリットと知っておくべきデメリットをまとめてみましたので、これからブラックカードを作る方は参考にしてください。
クレジットカードは、種類によって内容が大きくことなります。

以前はゴールドカードが最高のサービスを受けることができるカードでしたが、最近ではブラックカードが最もレベルの高いクレジットカードとなっています。

ブラックカードが持つメリットと知っておくべきデメリットをまとめてみましたので、これからブラックカードを作る方は参考にしてください。
ブラックカードは、クレジットカードにおける最上位の券種の通称である。クレジットカードの券面がブラック(黒)を基調とするデザインである場合が多い為、このように呼ばれるが、提携カードなどは必ずしも券面の色が黒であるとは限らない。

ブラックカードが持つメリットとは?

ブラックカードは、クレジットカードの中でも最上級のカードになります。

見た目がかっこいい!他の人に自慢ができるなどのメリットもありますが、実際には、ブラックカードを所有しているとどのようなメリットがあるのでしょうか。

コンシェルジュがつく

ブラックカードを所有している方が、最も大きなメリットであると感じているのが、コンシェルジュが付くことです。コンシェルジュは、あなたの代わりにいろいろなことをしてくれる秘書のようなサービスです。


例えばおすすめのレストランを調べて紹介してくれたり、レストランやホテル、飛行機の予約などもしてくれたりします。

他にもサッカーの試合の観戦チケットの手配や温泉の予約、恋人に送るプレゼントの提案などプライベートの事もお願いすることができます。

このコンシェルジュのサービスは、24時間365日いつでも利用することができますので、海外からもご利用が可能です。

ワンランク上のサービス

ブラックカードを持っていると、いろいろなサービスがワンランク上のものになります。

例えば、飛行機を利用する時にエコノミーからビジネスクラスに無料でアップグレートされるようなサービスです。

他にもホテルや温泉などの宿泊施設で宿泊する時に、同じ料金でワンランク上の部屋を用意してもらうことができます。

空港まで無料で送迎してくれたり、旅行に行くときに、手荷物の無料宅配サービスなど利用できたりもします。

保証や保険が充実している

ブラックカードは、保証や保険内容が充実しているといったメリットもあります。

例えば、海外旅行の時に加入する方も多い海外旅行傷害保険などは、最高で1億円まででるような保険に無料で加入することができます。

国内旅行も5,000万円以上も出る保険を無料で利用することができます。海外に多く行く方などは、別に保険に入る必要がありませんのでお得です。

また、旅行の保険だけでなく、盗難保険やショッピング保険、通貨盗難補償、ゴルフ保険、スキー保険などいろいろな保険にも自動的に無料で加入することができます。

ブラックカードが持つデメリットとは?

非常に魅力的なブラックカードにも、メリットだけでなくデメリットも存在しています。ブラックカードを作る前にデメリットを理解しておくことで、トラブルを回避することができます。

年会費

ブラックカードを作成する上で、最も大きなデメリットとなるのが年会費です。一般的なクレジットカードの場合、年会費が永久無料といったカードも珍しくありませんが、ブラックカードは、非常に高価な年会費を支払わなければいけないカードがほとんどです。

ブラックカードの年会費は、最もリーズナブルなモノでも33,000円と非常に高額です。

最も高いブラックカードの年会費は、なんと385,000円ととんでもない年会費となっています。

誰でも所有できるものではない

ブラックカードは、欲しくなったらすぐに申請できるような簡単なクレジットカードではありません。ブラックカードを所有するためには、インビテーションといって、クレジットカード会社から誘われなければいけないのです。

このインビテーションを受ける方法は、非公開になっていますが、ブラックカードよりも下のカードで使用実績などを積んでいくことが重要だという意見が多かったです。

ブラックカードでワンランク上の生活を手に入れよう

ブラックカードには沢山のメリットがありました。デメリットも多少はありますが、メリットからみるとほんの些細な事でしかありません。

ブラックカードのインビテーションが来たという方は、ぜひブラックカードを作成しましょう。
TOP