ライフカード利用時に発生するLIFEサンクスポイントとは?

ライフカード利用時に発生するLIFEサンクスポイントとは?

現在発行されているクレジットカードはカード決済をすればするほど付与されるポイントプログラムを用意しているところがほとんどです。 ライフカードも例外ではありません。 ライフカードを使用するとLIFEサンクスポイントがもらえます。
現在発行されているクレジットカードはカード決済をすればするほど付与されるポイントプログラムを用意しているところがほとんどです。ライフカードも例外ではありません。ライフカードを使用するとLIFEサンクスポイントがもらえます。

LIFEサンクスポイントの貯め方

ライフカードで買い物をすると、LIFEサンクスポイントがもらえます。基本的には1000円利用すると1ポイントが付与される形です。ポイント還元率は0.5%でそれほど高くはありません。

しかしいろいろとボーナスやキャンペーンを行っています。これらをうまく活用すれば、効率的にポイント獲得できるでしょう。

ステージ制を採用

ライフカードを年間どのくらい使ったかによって、4つのステージを設けています。最初はレギュラーステージです。これが年間利用額50万円以上になると、翌年度はスペシャルステージになります。するとポイントはレギュラーの1.5倍です。

さらに年間100万円以上カードショッピングをするとロイヤルステージです。ロイヤルステージになると通常の1.8倍のポイントが付与されます。

年間200万円以上利用すると、プレミアムステージとなります。プレミアムステージだと、レギュラーの2倍のポイントを獲得できます。つまりカードを利用すればするほど、それだけお得度も高くなる仕組みです。

誕生日にはいつも以上に

誕生月には、いつも以上にカードを利用するのがおすすめです。

というのもLIFEサンクスポイントでは、お誕生月ポイントを用意しているからです。皆さんの誕生月1か月間、通常よりも3倍もらえます。

ですから生まれた月には、それまで欲しかったものをどんどん購入するといいでしょう。そうすれば、1カ月だけでもかなりまとまったポイントを獲得できるはずです。

LIFEサンクスポイントの使い方

ライフカードを使ってポイントを獲得してある程度貯まったら、いろいろな使い方が用意されています。ライフカードの場合、実に20種類以上の交換コースが用意されているので何にすればいいか迷うという話の聞かれます。

そこでお勧めの使い方についてピックアップしてみました。

ギフトカードと交換

ギフトカードと交換する方法はいろいろあるコースの中でも特におすすめといわれています。ギフトカードを利用すれば、自分の欲しいもの何でも購入できるからです。ギフトカードと言ってもいろいろなものが用意されています。

Vプリカや図書カード、こども商品券、全国共通すし券、QUOカード、JTP旅行券などです。利用できるお店や交換レートなども変わってくるので、自分にとってどれが最適か慎重に検討しましょう。

別のプログラムに移行する

別のポイントプログラムに移行する方法も選択肢の一つです。移行先も多種多様です。

たとえば飛行機をしばしば利用するのであれば、ANAマイレージクラブがおすすめでしょう。1ポイント=2.5マイルと交換可能です。300ポイントから交換でき、100ポイント単位で移行する形です。

もしネットショッピングをしばしば行っているのであれば、楽天スーパーポイントがいいでしょう。楽天市場なら、ほぼほしい商品は何でも購入できるからです。

しかも最低300ポイントから移行できるので、何度でも手軽に利用可能です。楽天市場をよく利用する、楽天のポイントを貯めている人などにはおすすめです。

効率的にポイントをためて有効活用しよう

ライフカードのポイント還元率0.5%というのは、ほかのカードと比較して突出して高いというわけではないです。しかしステージをいくつか用意していたり、ボーナスポイントが発生したりとうまくカードを利用すれば、効率的にポイントを稼げます。

特に誕生月は無条件で1か月間ポイント3倍獲得できます。それまで欲しかったものを我慢して、誕生月で一気に購入するとまとまったポイントを獲得できるはずです。

キャンペーンやボーナスなどを理解して、うまくショッピングを楽しみましょう。
TOP