プラチナカードとは?今さら聞けないプラチナカードの基礎知識

プラチナカードとは?今さら聞けないプラチナカードの基礎知識

クレジットカードでゴールドカードのさらに上をいくプラチナカード。 ステータスが高いので、持ちたい大人はたくさんいます。 でも、年会費は高そうだし、そもそも加入条件を満たしているのか?と疑問ですよね。 そこで今回は、今さら聞けないプラチナカードの基礎知識と、どんなメリットがあるのかをみていきましょう。
クレジットカードでゴールドカードのさらに上をいくプラチナカード。ステータスが高いので、持ちたい大人はたくさんいます。

でも、年会費は高そうだし、そもそも加入条件を満たしているのか?と疑問ですよね。

そこで今回は、今さら聞けないプラチナカードの基礎知識と、どんなメリットがあるのかをみていきましょう。

プラチナカードとはどんなカード?

ゴールドカードよりステータスが高いプラチナカード。プラチナカードで実績を積めば、今度は夢のブラックカードへの足掛かりとなります。

プラチナカードの年会費はどれくらいで、保有するにはどんな条件があるのでしょうか。

ゴールドカードのワンランク上

ゴールドカードよりもワンランク上にプラチナカードがあります。

全てのクレジットカードでプラチナカードが用意されているわけではなく、ゴールドカードが最もステータスが高いクレジットカードも少なくありません。

それほど、稀少性のあるカードです。プラチナカードを持っていれば、世界中で通用するステータスを手に入れたも同じことと言えます。

年会費はいくらかかる?

ゴールドカード同様、年会費は発行するカード会社によって違います。

比較的安価な年会費であれば、5万円以内ですので、手が届く範囲といってもそれなりの金額にはなるでしょう。もちろん、高額ともなれば10万円以上のものもざらにあります。

当然ですが、年会費が安いとそれだけ付帯サービスは低くなる傾向にあるのでニーズと照らし合わせるのが大切です。

プラチナカードを持つには

プラチナカードは自分で申し込むことができるものと、インビテーションが届くものとがあります。当然ですが、審査があるので申し込んでも発行されるとは限りません。

審査基準は明確にはされていませんが、年齢とカードの利用実績、安定して継続した収入があるかどうかは判断基準となるでしょう。

年収の条件は満たしているけれども、過去に延滞をしたことがあるなら、審査に通るのは難しくなります。
クレジットカードにはランクがあります。比較的多くの方が使っているのは、一般カードやゴールドカードです。そしてゴールドカードよりもワンランク上のカードが、プラチナカードとなっています。

プラチナカードのメリットとは?

稀少性の高いプラチナカードですから、持っているだけで大人としての信頼度が高まります。カードを保有することでステータスが上がる以外、プラチナカードにはどんなメリットがあるのでしょうか。

豪華で優雅な世界を覗いてみましょう。

コンシェルジュサービスが受けられる

プラチナカードの年会費にはコンシェルジュサービスの利用料が含まれています。これにより、コンシェルジュサービスに電話を1本するだけで、宿泊予約や飲食店の予約、舞台のチケット手配などをお願いすることが可能。

忙しいときに自分で時間を調べてネットで予約して、などの時間がない忙しい人に重宝するでしょう。

出張先や旅行先で、予約に困ったときに強い味方になってくれます。

旅行保険が手厚い

海外へ行く機会が多い人は保険加入が必須です。というのも、海外の医療費は国によって話にならないほど高額な請求をされることがあるためです。

一見、法外では?と感じる程の医療費が請求されます。

そんなトラブルを避けられるのが、海外旅行傷害保険。ほとんどのプラチナカードに付帯していますので、改めて保険に加入しなくて良いメリットがあります。

優待の層が厚い

とにかく優待される層が厚いのが魅力です。ホテルにしても、レストランにしても、優待される先は超一流のラグジュアリー空間ばかり。

大切なビジネスシーンで、あるいは記念日にお得な価格で利用が可能。というのも、一流レストランでも優待によっては、2名以上の利用で1名無料といった内容があります。大切なビジネスディナーやプライベートで活躍してくれることでしょう。

プラチナカードは社会的なステータスになる

インビテーションによって加入することがほとんどですが、最近はプラチナカードも自分で申し込めるものが増えてきました。

年会費の高いプラチナカードは、その分ステータスも上がります。付帯サービスを充実させたいのか、ステータスだけが欲しいのかで手にすべきカードは同じではありません。

インビテーションが届いたら、ぜひ最高のステータスを手に入れてくださいね。
TOP