デビットカードは審査ある?審査の有無や落ちる理由を解説

デビットカードは審査ある?審査の有無や落ちる理由を解説

デビットカードをご存じですか? クレジットカードと同じように利用でき、しかも審査がほぼないことで知られています。 ここでは、デビットカードの特徴や審査の有無など、気になる情報をお伝えします。
デビットカードをご存じですか?

クレジットカードと同じように利用でき、しかも審査がほぼないことで知られています。ここでは、デビットカードの特徴や審査の有無など、気になる情報をお伝えします。
デビットカードとは、カードでの支払いと同時にご自身の銀行口座から引き落としがされる仕組みのカードです。銀行口座から現金を引き出さずに支払いができる利便性や、銀行口座の残高以上にお金を使いすぎる心配がない安心感などから人気が出てきています。

デビッドカードは本当すごく便利。僕はクレジットカードを辞めて、本当にデビッドカード1本で生活してます。使いすぎる心配もないし、今だと本とんどの店舗で使える!

デビットカードの特徴

銀行口座と紐づけ、決済した分が残高から自動的に引き落とされる仕組みを採用しているのが、デビットカードです。

まずは、デビットカードの基本的な情報や特徴を把握しましょう。

クレジットカードとして使える

デビットカードには、VISAやmaster cardなどの国際ブランドがついています。そのため、対応しているお店であれば、クレジットカードと同じように決済ができるんです♪

レストランや居酒屋、アパレルショップ、コンビニなどはもちろん、ネットショッピングでも使えます。

決済した分が即座に口座から引き落とされる以外は、ほぼクレジットカードと同じ機能が備わっているんです♪

使いすぎを回避できる

クレジットカードはとても便利ですが、使いすぎちゃうことってありますよね…。

お金を使っている感覚がないので、つい使いすぎて翌月の請求額が大変なことになる、なんてこともよくあります。

デビットカードなら、口座残高以上に使えないので、そのような心配がありません。

カードの中には、残高の中で限度額を設けられるものもあるので、そのようなカードならより無駄遣いの抑制が可能です。

デビットカードは審査ある?

デビットカードに興味がある方の多くが、もっとも気になっているのはここではないでしょうか?

結論からお話すると、デビットカードに審査はありません!

ただ、一部例外があるので注意が必要です。

審査はほぼない

一般的なクレジットカードを作るときには、必ず審査が行われます。審査をしないと、申込者に返済能力があるかどうかわからず、立て替えたお金を踏み倒されてしまうおそれがあるからです。

一方、デビットカードは所有者自身の口座残高を使って決済するので、金融機関側にリスクがありません。
ノーリスクなので、審査は行われていないんです。

例外があるので注意

原則、デビットカードの発行において審査は行われません。ただ、一部のデビットカードには、普通のクレジットカードと同じように使える機能が備わっているものも。

このようなカードを申し込むときには、審査が行われます。

また、金融機関が独自に審査を行っているケースもあるので、デビットカードとはいえ絶対に発行してもらえるわけではありません。

審査落ちする理由

金融機関によっては、独自に申込者を審査しているケースがあります。その結果、審査落ちしてしまいカードを発行してもらえないことも。

では、いったいどのような理由で審査落ちしてしまうのでしょうか。

銀行への借金がある

銀行のカーローンや住宅ローン、カードローンなど融資を受けているケースです。ただ、毎月遅れずにきちんと返済していれば、まず問題はありません。

問題なのは、借金が多額なうえに返済が滞っているようなケースです。この場合は、金融機関の判断でデビットカードの発行が見送られてしまう可能性があるんです。

過去に問題を起こしている

金融機関としては、トラブルになりそうな人とは取引したくありません。過去に何らかのトラブルを起こしている場合、審査落ちしてしまう可能性があります。

銀行の中で騒ぎを起こした、口座の譲渡や売買など、法に触れることをした、反社会的勢力である可能性がある、などのケースですね。

審査不要のデビットカードを検討してみよう

例外はあるものの、基本的にデビットカードなら審査がほぼありません。そのため、クレジットカードが作れない方でも、デビットカードを発行してもらうことは可能です。

クレジットカードが作れない方や、無駄遣いを少なくしたい方は、この機会にデビットカードを検討してみてはいかがでしょうか。
TOP