生涯年収の平均値や中央値に関することとは?

生涯年収の平均値や中央値に関することとは?

老後資金が2,000万円かかるということで、若い世代でも老後に備えた貯金をしている人が多いです。 今回は生涯年収の平均値と中央値に関することについて紹介していきましょう。 大卒サラリーマンの平均生涯年収などについても紹介しているので参考にしてみてくださいね。
老後資金が2,000万円かかるということで、若い世代でも老後に備えた貯金をしている人が多いです。今回は生涯年収の平均値と中央値に関することについて紹介していきましょう。

大卒サラリーマンの平均生涯年収などについても紹介しているので参考にしてみてくださいね。

会社員の僕にとっては凄く興味深い記事だね。年収と聞くとどうしてもきになってしまう...

サラリーマンの平均生涯年収とは?

こちらでは、サラリーマンの平均生涯年収について見ていきましょう。老後資金が不安視される中、大卒サラリーマンはどれくらいの年収があるのかをチェックしてみましょう。

男性の場合は2.5億円から2.8億円

男性の生涯年収を見ると、約2.5億円から2.8億円となっています。生涯年収は2.5億円が平均と言われているので、その数字の通り……と見えますよね。

22歳から働いて60歳で仕事を辞めた場合、年収が650万円前後になります。果たしてこれは現実的な数字でしょうか?

職種にもよりますが、年収が650万円以上が平均という計算が出て「こんなに貰ってない!」と言いたくなった人もいるのではないでしょうか(;^ω^)

平均生涯年収2億円越えはウソ?

実際に日本人男性の場合、年収は400万円から500万円と言われています。先述した650万円には及ばないですよね(;^ω^)

これはあくまで「平均値」であって、中央値ではありません。そのため、目安程度の数字はありますが現実的ではないと見てもいいでしょう。

平均値であって中央値ではない?

先述したように、男性の生涯年収が2.5億円から2.8億円というのは平均値です。サラリーマンの年収をもとに中央値で計算をしてみると、大卒であってもサラリーマンは2.2億円ほどという計算になります。

これでもある程度増えている部分はあるので、現実的な数値を見れば生涯年収は2億円前後が一般的と言っても過言ではありません。
独立行政法人労働政策研究・研修機構が公表している「ユースフル労働統計2019-労働統計加工指標集-」によると、「大学・大学院を卒業し、フルタイムで正社員を続けた場合の60歳までの生涯賃金(退職金を含まない)」は、男性で約2.7億円、女性で約2.2億円となっています。

生涯年収の平均値と中央値の違いとは?

生涯年収を計算する時に「平均値」と「中央値」という言葉を使います。こちらでは、これらの違いについて見ていきましょう(`・ω・´)

平均値の特徴

こちらは一般的な計算式であり、データを足して総数で割った値のことを指します。40人分の年収を足して、40で割るという一般的なやり方ですね。

ただ、40人の中にも高い年収の人もいれば少ない年収の人もいます。

最高値が600万円だった場合、最低値が300万円だった場合、これらを足して総数で割っているので全体としての目安にはなりますが、個人での目安にはあまりならないと言ってもいいでしょう。

中央値の特徴

中央値はデータを小さい順、もしくは大きい順に並べて真ん中に来る値のことを指します。

例えば、10億円、2億円、2億円、2億円、1億円とあった場合、中央に来るのが2億円ですよね。

中央値は大きすぎる数字、小さすぎる数字があってもちょうど真ん中を見るので最終的な数値に影響を及ぼさない特徴があるのです。

大卒サラリーマンの生涯年収の中央値は?

大卒サラリーマンの障害年収の中央値は、先述したように2億円前後が一般的と言えるでしょう。そのため、平均値で出された2.5億円から2.8億円はかなりの高給取りと考えられます。

平均値と中央値では数字が異なるようになっているので、しっかり違いを把握しておいてください。

生涯年収は平均値と中央値を間違えないようにしよう

生涯年収は平均値と中央値で数字が異なります。そのため、自分に近い数字を出したいなら中央値の方が近いという人が多いのです。

平均値はどうしても年収が大きい人まで入れてしまうので、かけ離れてしまう傾向があります。それと、生涯年収の数字はあくまで「目安」です。

個人すべてに当てはまるわけではないので、注意するようにしてくださいね(;^ω^)

特に2020年からの新型コロナウイルスによる影響で大きな収入の差が出るようになっています。そのため、これまでの平均も数字が大きく動いている傾向があるのです。




TOP