働き方の多様化とは?企業のメリットや働き方の種類を解説

働き方の多様化とは?企業のメリットや働き方の種類を解説

働き方改革の施行により、多様な働き方を取り入れようとする企業が増えてきました。 ただ、中には働き方の多様化を進めることにどのようなメリットがあるのか、どのような働き方を取り入れればよいのかと悩む経営者もいるかもしれません。 企業が得られるメリットと新たな働き方の種類などを解説します。
働き方改革の施行により、多様な働き方を取り入れようとする企業が増えてきました。

ただ、中には働き方の多様化を進めることにどのようなメリットがあるのか、どのような働き方を取り入れればよいのかと悩む経営者もいるかもしれません。

企業が得られるメリットと新たな働き方の種類などを解説します。

働き方の多様化による企業のメリット

従業員にメリットがあるのは理解できるものの、企業側にどのようなメリットがあるのかよくわからない企業経営者も少なくないでしょう。

ここでは、代表的なメリットを以下にまとめました。

コスト削減ができる

企業にとって、コスト削減を進めるのは利益を増やすのと同じくらい重要なことです。多様な働き方を促進することにより、トータルでのコスト削減が実現するのは大きなメリットといえるでしょう。

オフィスの賃料や水道光熱費など、あらゆる経費を抑えられるため、コスト削減が可能となるのです。

優秀な人材を雇える

多様な働き方を進める企業が増えたことで、労働者の選択肢も増えました。

どうせなら自分の力を発揮できる職場で働きたい、理想的な働き方をしたいと考える方が増えたのです。企業が多様な働き方を進めれば、優秀な人材の取りこぼしも防げるでしょう。

生産性が上がる

労働者はモチベーションを高く保つことができ、能力も最大限発揮できます。

ストレスフリーで働けるため、生産性が著しく向上する可能性があります。ワークライフバランスを考えた働き方もできるため、今まで以上に集中力を発揮して業務を遂行できるかもしれません。

後述するテレワークや在宅ワークなら、通勤時間も削減できます。

時間を有効に使えるため、生産性の向上が期待できます。

新たな働き方の種類

新たな働き方といっても、具体的にどのような働き方があるのか疑問に感じている方がいるかもしれません。

以下、新たな働き方といわれる代表的なものをいくつかピックアップしました。

フレックス制

正確にはフレックスタイム制と呼ばれます。

労働者に一定の裁量を与え、労働時間を自ら決めて働くスタイルです。始業時間や終業時間も決められるため、従業員はこれまでにない柔軟な働き方が可能です。

従業員ごとに就労時間が異なるため、業務の進捗を上司が確認しにくいデメリットがあるのは注意点といえるでしょう。

また、コミュニケーションもとりにくくなります。

テレワーク

オフィスに出勤せず、自宅やサテライトオフィスなどで働くスタイルです。在宅ワークも、テレワークの一種です。

従業員はオフィスへ通勤しなくてよいため、限られた時間を有効に活用して働けるメリットがあります。

従業員に在宅で働いてもらうのなら、オフィスが不要です。

水道光熱費や通信費なども不要となり、経費削減が可能となるメリットがあります。一方で、勤怠管理や業務の進捗管理をしにくいといったデメリットがあるため、注意が必要です。

時短勤務

シンプルに労働時間を短くするスタイルです。

短時間勤務制度は、2009年に企業への導入が義務付けられました。3歳未満の子供を持つ従業員が希望することで、制度を利用できます。

制度をより利用しやすい職場づくりを推進すれば、従業員からの信頼を得やすくなるでしょう。従業員のモチベーションアップを図れ、なおかつ企業としての評価を高められるかもしれません。

柔軟な働き方を提供し新たな時代に備えよう

すでに多くの企業が多様な働き方を推進しています。

これからはますますこのような企業が増加すると考えられるため、対応できない企業はさまざまな意味で不利な状況に置かれてしまうかもしれません。

なるべく早く対応し、新たな時代の到来に備えましょう。
TOP