どこからが低所得?低い年収から抜け出す方法

どこからが低所得?低い年収から抜け出す方法

自分の年収が少ないと思っている人は沢山います。どこから低所得と感じるかは、実際のところ、年齢や職業、そして地域により、そのラインは分かれます。得ることができる収入により、できる事やできない事、そして幸福度など、多くの生活に関わる事がわかります。
自分の年収が少ないと思っている人は沢山います。どこから低所得と感じるかは、実際のところ、年齢や職業、そして地域により、そのラインは分かれます。得ることができる収入により、できる事やできない事、そして幸福度など、多くの生活に関わる事がわかります。

どこからが低所得なのか

収入が低いと言っても、人により基準が異なります。年収が300万円以下と考えている人もいれば、100万円以下と考えている人もいます。また、生活基準により500万円以下と考えている人もいるなど、かなり幅広く捉えられています。

逆に、高所得に関しても同じことが言え、800万円以上と考える人もいれば、1000万円以上と考える人や2000万円以上と考える人もいます。このように、人によって考えるラインが異なるため、低所得がどこからなのかを判断するのは難しいと言えます。

一人暮らしの場合

独身であり、一人暮らしをしている人の場合、低所得のラインとして300万円あたりが低所得のラインと言われています。ボーナスがないと考えて月収に換算すると、毎月25万円以上貰う必要があります。

しかし、契約社員や派遣社員の月収はお世辞にも25万円以上貰っているとは言えず、なかなか低所得のラインを超える事は難しいのが現状です。また、正社員でも、25万円以上貰うにはある程度同じ会社で働き、出世する必要があるため、やはりこちらも低所得のラインを超えることは難しいと言われています。

2人暮らしの場合

結婚していたり、同棲をして2人で暮らしている場合、共働きをしているか、どのような働き方なのかにより、収入は異なります。

しかし、共通して言えるのは、少なくとも400万円程度が低所得のラインになるという事です。結婚をしており、子どもも生まれている家庭の場合、更に教育費や育児費用なども必要となるため、それ以上の所得が必要となります。

世代別平均収入

全年齢の平均収入は33万円と言われており、更に世代別の平均は以下のとおりです。
・20歳まで…19万円
・20代…23万円
・30代…30万円
・40代…37万円
・50代…41万円
・60代…27万円
・70代…35万円
この平均収入は男女でも異なり、女性の方が男性よりも少なく、平均で3割以上もの差があります。女性の場合、結婚や出産を機に20代後半から職場から離れ、パートなどに職を変える人が多いため、平均収入が減っている状態です。

また、50代が一番収入が良いとされていますが、これは役職手当のようなものがあり、長い間同じ会社に勤めている場合、それなりの役職になっている人が多いため、収入も多くなっている計算です。

雇用別平均収入

正社員と非正規社員の場合、世代や男女関係なく、約10万円以上の収入の差があると言われています。入社1年目は同じくらいの収入ですが、正社員の場合は年齢を重ね、何年も勤務する事により出世していきますので、その分収入が上がります。しかし、非正規社員の場合はいくら年齢が上がっても出世する事は難しいので、同じ会社に何年働いても収入は増えない状態です。

そのため、多くの非正規雇用の方が正社員を目指して転職活動をしていますが、なかなか正社員として雇ってくれる会社が見つけられない問題もあります。

低所得を抜けるには

低所得のラインを抜けるためには、2つの方法があります。1つが転職、そしてもう1つが副業です。

転職では、今の職場よりも良い条件の職場を探し、スキルを磨く必要もあります。そのため、本業を行いながら就職活動をするには、ある程度の知識や経験と時間が必要になり、準備をしていない場合は難しいのが現状です。また、今の職場よりも収入が低くなる場合もありますので、注意が必要です。

しかし、副業の場合は本業を行いながら別の仕事を受注するので、本業の給料にプラスして副業の収入を得ることができます。副業をするための勉強時間さえ確保できれば、確実に今の収入よりも増える事は間違いありません。今の収入に悩んでいる場合は、副業を行う事をおススメします。

どの副業をしたらいいのか

低所得を抜ける副業の選び方ですが、単価が高いジャンルの勉強をすると良いです。プログラミングや動画編集などは、1回の仕事で5万~10万円ほどの仕事が沢山あります。早めに低所得ラインを超えたい場合は、勉強をすると良いでしょう。最近ではクラウドソーシングサイトが沢山増えており、先ほど紹介した副業ジャンル以外にも沢山の働き方があります。何時でも誰でも、新しい仕事に挑戦できるようになっています。

どこからが低所得なのか、人それぞれ感じ方は異なりますが、自分の収入が低いと感じ、今の収入で満足していない人がほとんどだと思います。その場合、ただ同じ生活を繰り返すのではなく、副業等の新しい収入を得る方法を模索し、そちらの方向に思考をシフトしていくことをおススメします。
TOP