年収が高いといわれるのはどこから?年収が高い職業は?働く人が知りたいこと

年収が高いといわれるのはどこから?年収が高い職業は?働く人が知りたいこと

高級車にブランド品、高そうなスーツを着こなすビジネスマン。たくさんのお金を稼ぎ、勝ち組といわれる人生を歩んでいる人たち。男性なら一度は憧れたことがあるのではないでしょうか。可能であれば年収を上げて夢のような生活がしたいと思うものです。では、一体いくら年収があれば夢のような生活ができるのでしょうか。年収が高いといわれるのはどこからなのでしょうか。
高級車にブランド品、高そうなスーツを着こなすビジネスマン。たくさんのお金を稼ぎ、勝ち組といわれる人生を歩んでいる人たち。男性なら一度は憧れたことがあるのではないでしょうか。可能であれば年収を上げて夢のような生活がしたいと思うものです。では、一体いくら年収があれば夢のような生活ができるのでしょうか。年収が高いといわれるのはどこからなのでしょうか。

当然、性別や年齢によって感覚は異なります。また、独身か既婚かによっても変わってくるでしょう。年収が500万円あれば高いと感じる人もいれば、年収が2000万円あっても足りないと感じる人もいます。どこから年収が高いと感じるのか、その基準は曖昧です。

しかし、国の調査などによって平均的な数値を知ることはできます。日本において年収が高いといわれるのはどこからなのでしょうか?ここからは、高いといわれる年収の基準や、年収の高い職業についてご紹介していきます。一般的に高いといわれる年収を知り、理想の生活と現実との差を知るための参考にみてください。

年収1000万円が基準

一般的に年収が1000万円を超えてくると高いといわれています。年収1000万円あれば、贅沢をしても問題なく生活ができると考えている人が多いようです。もちろん、子供の人数や欲しい物の価値によって異なるので、あくまで平均的なラインといえるでしょう。

しかし、年収1000万円以上の人は世の中にたくさんいるわけではありません。平成30年度の国税庁の調べによると、年収1000万円以上の日本人は全体の5%です。大企業であれば課長クラス以上から、中小企業であれば重役クラスになって、ようやく年収が1000万円になるといわれています。

このように、世間が高いと感じている年収1000万円以上の人は全体のたった5%しか存在しないのです。つまり、この5%に到達するまでは、どれだけ年収が上がっても安心できる生活だと実感することは難しいのかもしれません。

年収が高い職業

via pixta.jp
次に年収が高い職業を見ていきましょう。職業ごとで、ある程度平均年収は定まっていることがほとんどです。年収を上げたいと考えている人は、転職などで職種を変えることが最も効果的といえるでしょう。
(国税庁 平成30年分民間給与実態統計調査結果 より)
具体的に年収が高い職業は以下の4つです。

医師

年収が高い職業としてほとんどの人が認識しているのが医師です。開業医や勤務医かによって異なりますが、平均して年収が高い職業といえます。

航空機操縦士

年齢が上がるにつれて年収が高くなる職業です。航空機操縦士になるのは難しく、仕事の責任が大きいことも年収が高い要因です。

大学教授

航空機操縦士と同じく、年齢が高くなるにつれて年収も高くなる職業です。助手や助教授のうちはそこまで年収が高くないこともあります。

税理士

顧客の数が多いほど年収が高くなる職業です。若いうちに税理士の資格を取得するのは難しく、税理士になるまでに時間がかかります。
これらの4つの職業が主に年収が高いといわれる職業です。年収が高い職業にはそれなりの理由があります。それは「必要としている人数」と「仕事の重要度」です。

例えば、病院は多くの人が利用します。命と隣り合わせである仕事なので、その責任は非常に高いといえるでしょう。また航空機操縦士も同じです。乗客の命を預かる仕事なので、その責任は計り知れません。これらの仕事の年収が高いのも納得できます。

年齢が上がると年収も高くなる

次に年収が高い年齢についてです。昔と比べて、実力成果主義の会社が増えました。実力成果主義とは、年齢や勤続年数に関係なく、実力や成果によって評価され、給料が決まる制度です。主に営業職に多い制度で、20代であってもどんどん年収を上げることができることから、若い人が憧れる職業といえるでしょう。

とはいえ、まだまだ年功序列の会社が多いのが現状です。年齢が上がる(勤続年数が長くなる)につれて年収が高くなる年功序列制度が多くの会社でとられています。年収を上げたいと考えている人は、自分の会社がどちらの制度を取り入れている会社なのかを知っておくと良いでしょう。何歳になればどれだけの年収になるのか、ある程度把握することができます。

理想の生活に合った年収を目標にしよう!

職業や年齢によって年収は大きく異なるもの。年収が1000万円あれば高いといわれていますが、あくまでも一般的な基準です。もちろん、1000万円よりも少ないからといって生活が苦しいわけではありませんし、年収1000万円以上になったからといって満足できるとも限りません。実際の基準はあなた自身の感じ方次第なのです。

どうしても、友人の年収やネット上の情報をみて一喜一憂してしまいがちですが、あまり周りを気にする必要はありません。他人の年収はあくまで参考程度にすればいいのです。自分の理想とする生活に比べ、必要以上のお金を手に入れる必要はありません。自分自身が理想としている生活に合った年収を目標に頑張っていきましょう。
TOP