サラリーマンが抱える収入問題!転職or副業どっちが稼げるの?!

サラリーマンが抱える収入問題!転職or副業どっちが稼げるの?!

「今の職場の給料が低い」 「スキルに見合った給料をもらっているのだろうか?」 「転職したいけど、次の会社との相性が不安…」 同じ会社に長く勤めていると、このような悩みは付き物かもしれませんね。こうした状況で選択肢として浮上してくるのが、転職や副業です。全く別の会社に就職するのか、それとも今の会社に残りつつ副業をはじめてみるのか…。そう簡単には決められませんよね。 ところで、古くからある終身雇用や年功序列という働き方はもはや崩壊を見せています。こうした中で、さまざまな働き方が提案されているのを知っていますか?
「今の職場の給料が低い」
「スキルに見合った給料をもらっているのだろうか?」
「転職したいけど、次の会社との相性が不安…」

同じ会社に長く勤めていると、このような悩みは付き物かもしれませんね。こうした状況で選択肢として浮上してくるのが、転職や副業です。全く別の会社に就職するのか、それとも今の会社に残りつつ副業をはじめてみるのか…。そう簡単には決められませんよね。

ところで、古くからある終身雇用や年功序列という働き方はもはや崩壊を見せています。こうした中で、さまざまな働き方が提案されているのを知っていますか?

転職か副業か

via pixta.jp
「今の職場に不満があるから転職したい!」

このような人がまず思い浮かべるのが転職です。転職で希望に近い給料の会社に移るというのが理想の形でしょう。

しかし、ちょっと待って下さい!

もしも転職後、そこから昇給がなかった場合、再びその会社に同じ不満を抱くのではないでしょうか。また、昇給額もさほどなければ、転職する意味はあるのでしょうか?

そこで選択肢に入れたいのが、副業です。副業には、本業をベースに、自分のペースで仕事ができるものもあります。また大金を稼ぐことはできなくても、コツコツと続けていくことで、コンスタントに収入を得られることも可能です。もしも、給料面で今の会社に不満がある場合は、副業という選択肢を考えてみるのもいいかもしれませんよ!

副業と本業のいいとこどりを意識する!

現在では、さまざまな働き方があります。リモートワークやノマドなど、場所や時間を選ばない新しい形の働き方も誕生しています。

このような社会の中で、今後自分に合った働き方を考えていくことが重要になってくるかもしれません。そして、その方法の一つに副業と本業のいいとこどりをするという方法があります。

転職か副業かで悩む人にベストな働き方

本業と副業のいいとこどりという考え方とは、本業で定職につき安定した収入を得ながら、副業で稼ぐというものです。この方法のメリットは、精神面での安定と経済面での安定です。

本業では会社に行った分だけ毎月コンスタントにお給料をもらえることができますね。一方、副業でフリーランサーとして活動すると、売上には変動があるかもしれません。しかし数万単位のお小遣い程度であれば、1カ月自分のペースで活動する範囲でも十分得ることができます。

またさらに稼げるようになると、本業以上の収入が見込めるかもしれません。こうすることで、本業で安定的に収入を得つつ、副業でプラスアルファを稼ぐことができます。「お金がない」という精神面や経済面での不安を解消することができそうですね。

将来を踏まえたリスク分散に備える

本業と副業のいいとこどりは、将来性を考えたうえでもメリットのあることと言えるでしょう。現在様々な影響によって、日本の経済は右肩下がりの状況にあります。今会社で働いている人も、その会社が今後も存在し続けるとは限りません。

一方、今順調に仕事を請け負っているフリーランスであっても、その状況がいつまで続くかはわかりませんよね。そういった意味では、サラリーマンもフリーランスも、お互い不安定な状況にあることを意識すべきかもしれません。

本業で定職につきながら、副業でフリーランスとして活動することは、そうしたリスクを分散することもできます。本業で転職を考える場合も、副業で一定数の収入があれば、転職期間中の家計も多少安定させることができるというメリットもありますよ。

いいとこどりにも注意が必要

収入源を分散させ、経済的なリスク回避策としてもオススメな本業と副業のいいとこどりですが、気をつけておくべき点もあります。

契約書類は大切に管理!

副業を行う場合も、クライアントとは契約書を締結します。契約内容を確認することはもちろんですが、契約書は必ず保管しておくようにしましょう。

契約書には、契約で締結した金額についても書かれています。収入金額を証明する書類でもあるので、大切に取り扱いましょうね。

税金の対応も忘れずに

副業で得た収入や経費などは、記録をとる癖をつけておきましょう。特に年間の所得が20万円を超えた場合は、翌年に確定申告を行わなければなりません。その際には、本業の収入額はもちろんですが、副業で発生したお金についても申告しなければなりません。確定申告や税金に関する知識を身につけながら、税金などに関する問題にも対応できるようにしましょう。

本業に支障がないように

仕事をする上では、本業も副業も同じです。副業に力を入れ過ぎてしまい、本業に支障が出てしまった…なんてことがあっては元も子もありません。

場合によっては、副業が禁止されてしまう可能性もあります。
セルフマネジメント力を身につけながら、無理なくベストパフォーマンスがこなせるよう、仕事のバランスを考えながら取り組みましょうね。

働き方の多様化が進み、「会社に居るのが安心」「一生フリーランスで稼ぐ」という考え方にも変化が起きつつあります。これからは、一方で得た能力や技術をもう一方で活かすなど、自分の可能性を活かした仕事の取り組み方が重要になってくるかもしれませんね。
TOP