転職で年収を増やす人の特徴と成功するポイントとは?

転職で年収を増やす人の特徴と成功するポイントとは?

今の会社で給料アップが見込めないなら、転職が視野に入ります。 ただし、普通に転職するだけでは、年収アップしないかもしれません。 転職で確実に年収アップを望むなら、成功した人の特徴を見てみましょう。 さらに転職で年収アップのポイントを知ってみてください。
今の会社で給料アップが見込めないなら、転職が視野に入ります。ただし、普通に転職するだけでは、年収アップしないかもしれません。

転職で確実に年収アップを望むなら、成功した人の特徴を見てみましょう。さらに転職で年収アップのポイントを知ってみてください。

転職で年収アップした人の特徴

転職で年収アップした人は、ある特徴がみられています。誰でも転職さえすれば年収アップができるわけではありません。まずは成功者の特徴と傾向を見ていきましょう。

20代で転職をした

転職で年収アップする割合が高いのが、20代など若い世代です。30代、40代と年齢が上がるにつれて、年収アップの割合が減っていきます。

20代で年収アップ金額が高いのは、若さが影響しているためです。新卒だと年収はまだ高くないため、転職で大きく年収を高められる可能性があります。

学校を卒業後に年収が低い会社に就職してしまっても諦める必要はありません。20代ならまだまだチャンスがあるといえるでしょう。

年収が高い業種に転職した

年齢と共に重要となるのが、転職先の業種です。今の職業の給料が低いなら、別業種に転職することで年収アップが見込めます。

年収を高くしたいなら、IT系や商社への転職がおすすめです。ほかにも金融系や建築系なども、年収アップが見込めます。もともと平均年収が高い業種を選べば、元の給料と比べて上がる可能性は高くなります。

初めての転職だった

転職で年収を上げたいなら、初めての転職を大切にしましょう。回数が増えるにしたがい、年収アップの割合が減る傾向があります。

初めての転職は、20代や30代など若い世代であることも影響しているのでしょう。また転職回数が増えれば、印象が悪くなる恐れがあります。何度も転職を経験していると、雇ってもすぐに辞めてしまう印象が強くなります。

転職で年収アップするポイント

転職で年収アップするには、いくつかのポイントがあります。目的が年収アップなら、事前に対策をとるようにしましょう。少しの工夫ですが、何も考えず転職するときより年収アップの可能性が高まります。

今までと違う業種を狙う

転職で同じ業種に移ると、年収を上げるのは難しいかもしれません。業種により平均年収が決まっているため、特別能力が高くなければ難しくなります。

年収を上げたいなら、今までと違う業種を狙うのがポイントです。未経験の分野に転職すると、不利になると思うかもしれません。専門知識がなくても、今まで培ってきたスキルは活用できるため心配はありません。

むしろ、今まで得てきた能力は、異なる業種での転職でアピールポイントになります。会社としても同じような人材は必要なく、新たなスキルを得たい場合があるためです。

コネを使う

転職する場合は、知人や親戚などのコネを使いましょう。コネというと特別な人の感じがしますが、一般の人でも活用できます。

意外と周りにも人材を求めている会社はあるものです。新たに人材を雇うとなるとリスクが伴う可能性があります。知り合いの紹介なら信頼できるため、安心して雇えると考えるかもしれません。

転職は周りに隠さないで、どんどん話して人脈を活用しましょう。会社の同僚や取引先など、意外なところによい話が転がっている場合があります。

転職エージェントを活用する

転職エージェントは、無料でサポートが得られる転職サイトのことです。本人が気づいていないスキルを見出して、適切な転職先を紹介してくれます。転職の専門家のアドバイスが得られて、成功する可能性が高まります。

専門サイトを利用すると、年収交渉の代行も可能です。慣れていない人だと失敗する可能性があります。交渉に慣れている専門家なら、年収アップの話もスムーズです。

面接時に年収の交渉をする

多くの人は、求人票に記載があった年収で満足してしまいます。最初から年収の交渉が頭になく、相手の言い分を受け入れてしまう傾向があります。

自分に能力があり、会社に貢献できるなら交渉すべきです。年収アップの交渉は、面接時にやるようにしてください。採用通知があってからだと交渉しにくくなるため、事前の交渉がポイントです。

年収を増やすため転職しよう

年収を増やしたい方は、うまく転職活動を進めていきましょう。うまくいけば今より高い年収になるかもしれません。転職時にやることは簡単なものばかりなので、ぜひ試してみてください。
TOP