スキルアップの為に転職する時には志望動機の書き方がポイント!

スキルアップの為に転職する時には志望動機の書き方がポイント!

スキルアップのために転職する方が増えています。 わたしも今の会社では先が見えないと思い、自分の力で食べていけるようにスキルアップできる会社に転職しました。 転職する際に注意していた事や履歴書の作成方法などをご紹介していきます。
スキルアップのために転職する方が増えています。

わたしも今の会社では先が見えないと思い、自分の力で食べていけるようにスキルアップできる会社に転職しました。

転職する際に注意していた事や履歴書の作成方法などをご紹介していきます。

担当者が履歴書で注目しているポイントとは?

採用担当者は、一人で沢山の履歴書をチェックしていきます。

全てを熟読することができない場合には、いくつかのポイントを重点的にチェックすることが多いようです。

そのため、私たちが履歴書を作成する時には、そういったポイントを抑えて履歴書を作成することが重要になります。

退職理由

履歴書で見られることが多いのは、やはり退職理由です。

退職理由を重要視する理由としましては、自社に採用した後で、同じような理由で退職することがないか、自社の社風に合うかどうか、逃げて退職したのではなく、前向きな理由で退職しているかなどをチェックするためです。

人を雇うには時間もお金もかかりますので、退職理由みてあまり自社に合わないようなら排除してしまうみたいです。

志望動機

志望動機を重要視する理由は、自社の事をどれだけ深く理解しているかを確かめるといった理由があります。

上辺だけで履歴書を書いているのは、この志望動機を見ただけで一発でわかってしまいます。

そのため、志望動機を作成する時には、入念な下調べをするのはもちろんの事、この会社ならではの志望動機を記入しなければいけません。

志望動機の書き方とは?

志望動機が履歴書の中でも重要な事はわかりましたが、どうやって採用担当者の方の目に留まるような志望動機を書けばいいのかわからないという方が大半だと思います。

わたしも志望動機の作成には苦労しました。

その時に試行錯誤した結果、分かったことをまとめました。

自分と企業とのマッチング

志望動機とは、本来は自分の気持ちを伝えるために書き込む場所なのですが、単に気持ちを伝えたのでは希望している会社の担当者にとってメリットがありません。

そのため、担当者の方が嬉しくなるようなメリットいっぱいの志望動機にしようと思いました。

自分の性格やスキル、資格などを踏まえた上で、こういう風に仕事としたい、もし採用してもらえたらこのようなメリットがあるといった事を伝えました。

スキルアップしたい理由

転職希望者の方は、総じてスキルアップという言葉と使いがちです。

採用担当者の方は、もう何度も耳にタコができるほどスキルアップという言葉を耳にしていると思います。

もちろんスキルアップという志望動機はとても使い勝手がよく優秀です。

そのため、単にスキルアップという言葉を使うのではなく、なぜスキルアップしたいのかといった理由も交えて書くことが重要になります。

条件面はあえて書かない

志望動機を書く時には、条件面には触れないことが重要です。

例えば、残業がないのが魅力的といった言葉であったり、地方への出向が無いから決めましたといった志望動機の場合には、もしかしたら状況が変わって、そういった事があり得るような状況になったら辞めてしまうかもと思われがちです。

そのため、例えそうだったとしても触れないようにしましょう。

なぜ御社じゃなければだめなのか

志望動機を書く時には、なぜ御社じゃなければだめなのかをしっかりと書くようにしましょう。

例えば、英語を話せる自分が活躍できる場を求めて~といった内容でしたら、外資系の企業の大半が当てはまってしまいます。

そうなると、採用しても他の会社に転職してしまうかもと思われ、マイナスなイメージを持たれてしまいます。

御社だから働きたいといったオンリーワンの理由を書き出しましょう。

まとめ

スキルアップの為に転職するというのは、転職の中でも非常にポジティブな理由になります。

本来でしたら採用する側にとってもメリットが大きいと思うのですが、多くの方が使っているので効果は薄そうです。

そういった中でライバルを出し抜くためには、自分しか書けないスキルアップの理由を書くことが重要になります。
TOP