キャリアアップにも!お金の知識が身につく資格特集

キャリアアップにも!お金の知識が身につく資格特集

将来への不確定要素が多い時代。 自分の生活や将来を守るためには、自分で知識を身につけるしかありません。 特にお金の知識は知っているかどうかによって生涯で得られるお金にも大きな差が生まれます。 お金の知識を身につけるなら一緒に資格の取得も考えましょう。 お金について詳しくなる資格を紹介します。
将来への不確定要素が多い時代。

自分の生活や将来を守るためには、自分で知識を身につけるしかありません。

特にお金の知識は知っているかどうかによって生涯で得られるお金にも大きな差が生まれます。お金の知識を身につけるなら一緒に資格の取得も考えましょう。

お金について詳しくなる資格を紹介します。

お金の知識はどうやって勉強する?

お金について詳しくなりたいと多くの人が思っているかもしれません。
お金の知識はどのように身につければよいのでしょうか。


書店などで本を見る

すぐにでもできる方法が、お金に関する本を書店などで探すことです。書店であれば、資格取得から投資術、節税術まで幅広い本を取り扱っています。どれを購入するか悩むのであれば、図書館などで片端から借りていくという方法もあります。

スクールに通う

本格的に勉強したい、講師に教えて欲しいという人におすすめなのが専門のスクールに通う方法です。

カルチャースクールでお金の知識を学べる講座のほか、資格取得を目指すスクールもあるでしょう。通信講座もあるので、家にいながらスクールのように勉強することもできます。お金を使ってでもしっかりと学びたい人向けの方法です。

お金の知識が身につく資格って

お金は私たちの生活と切っても切り離せないものです。そのため、お金にまつわる資格もさまざまな種類があります。中でもチャレンジしやすいものを厳選して3つ紹介します。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは3級から1級まである国家資格です。

FP技能士とも呼ばれ、民間資格としてAFPとCFPもあります。全くお金の知識がないという場合はまずはファイナンシャルプランナー3級を目指しましょう。ある程度金融知識があるのであれば、ファイナンシャルプランナー2級から勉強をスタートすることもできます。

ファイナンシャルプランナーで学ぶ内容はライフプランニングやリスク管理、資産運用や税金など多岐にわたります。金融について広範な知識を身に着けたいという人にもおすすめしたい資格です。

銀行業務検定

銀行業務検定は名前からもわかるように銀行や証券会社、保険会社で働く人向けに実務知識の習得度を測定することを目的にスタートした資格です。

2020年現在で実施している試験の種類は36種。証券や金融経済、投資信託、金融商品取引、事業承継等などがあり、種類によって1級、2級といった階層も違います。

また試験料も違うので興味がある種類についてはそれぞれ詳細を確認しましょう。業界内の資格ですが、銀行などでは出世の条件ともなります。

日商簿記

資格についてあまり知らないという人でも簿記は聞いたことがあるのではないでしょうか。簿記には日商簿記・全経簿記・全商簿記の3種類がありますが、知名度が高いのは商工会議所が主催の日商簿記です。

日商簿記は会計、仕分けなどの知識のほか、経営分析やコスト分析などの分野を扱います。日商簿記は会社の経理であれば必須ともいわれる資格で、転職などでも有利になる資格です。

加えて会社勤めの人だけでなく、個人事業主など自分で帳簿をつける人も知識を身につけるために日商簿記の勉強をすることがあります。

人気がある資格なのでテキストや資格講座も豊富にあるでしょう。日商簿記3級であれば難しくはありませんが、耳慣れない勘定科目などもあるでしょう。自分のレベル合ったテキストを探しましょう。

資格を取って自信につなげよう

資格を取得して転職や起業につなげようと考えている人もいるでしょう。

しかし、資格はすぐに役立てなくても持っているだけで自信につながります。目標を設定せずにやみくもに勉強しようとしてもなかなか上手くはいきません。

資格という目に見える目標があることで、より張り合いをもって勉強することができるでしょう。まずは書店やインターネットでどのような資格があるか調べてみましょう。
TOP