【年収をあげる方法】年収が少ないと嘆く前にやってみたい行動とは?

【年収をあげる方法】年収が少ないと嘆く前にやってみたい行動とは?

あなたはいま、自分の年収が少ないと嘆いていませんか? 年収をあげたいと思っているなら、まずはあがるような行動へ移してみましょう。 今回は、年収が少ないと感じている人へやってみてほしいことを紹介します。 何もせずに嘆くより、自分自身の成長にも繋がりますよ!
あなたはいま、自分の年収が少ないと嘆いていませんか?年収をあげたいと思っているなら、まずはあがるような行動へ移してみましょう。

今回は、年収が少ないと感じている人へやってみてほしいことを紹介します。何もせずに嘆くより、自分自身の成長にも繋がりますよ!

年収をあげるための基本の考えとは?

年収をあげるためにできることは限られています。

サラリーマンの人、仕事を掛け持ちしている人、パートの主婦や正社員の主婦といったように働き方はそれぞれ違っていて、月の収入も違いますよね?

この仕事だから絶対に稼げるなんて保証なんてありません。ここからは、年収をあげるために誰にでもいえる基本の考え方を説明します。

社内での自分の評価をあげる

働いている社内で自分の評価をあげることができれば、収入アップに繋がります。評価をあげるといっても方法は1つではありません。仕事数をこなしたり、営業の販売数をあげたりといった仕事の中身は重要ですよね。

ほかにも人とのコミュニケーション能力が高かったり、みんなをまとめることが得意だったりと行動力の有無も社内評価に大きく関わっています。いまの自分と比べて思い当たる節があるなら、変えて実践してみましょう。

副業を検討する

働いている会社とは別に副業を考えることも、年収があがる方法です。近年、働き方改革の影響もあって昔ほど会社から副業に対する厳しさが無くなりました。

まだ全ての会社が理解しているわけではないので注意はいるけれど、1番簡単な方法。副業といってもさまざまな内容があるので、本業に支障がでないものがおすすめです。

いまより給料の高い企業へ転職する

現在働いている会社よりも、もっと給料の高い企業へ転職することも方法です。月の収入が少なくて生活が厳しいといった内容は、転職の正当な理由になります。いまより生活を豊かにしたいと思うなら当然ですよね。

ただし、いつでもどこでも転職ができるかというとそうではないです。

転職する年齢や企業が求めている内容に自分があてはまるのか、良く考える必要があります。タイミングを間違えると、逆に無職になってしまう可能性もあるのでかなり重要です。

年収をあげるためにすべき行動方法とは?

年収をあげるためには、年収をあげるための基本の考えをもとに行動するしかないです。年収が少ないと思いつつ、あげるための方法や行動を考えなければ状況は変わりません。

ここからは、年収をあげるためにするべき方法と行動について説明します。動くか動かないかで状況が一変するので必見ですよ。

出世や昇進を目指す

収入をあげるなら、社内での出世や昇進を目指す方法があります。その会社で希少な資格試験を受けてインセンティブを貰う、社内で誰もが驚くような成績をおさめるなど高評価を得ることのできる何かが大切。

こういった積み重ねが、後々の出世や昇進に繋がるポイントとなるんですね。出世や昇進も何か1つだけしたからといって手に入るわけではなく、実績が大事です。

副業や休日出勤をする

副業でパートやアルバイトをしたり、自宅で在宅ワークをしたりといった方法もあります。投資をやっているサラリーマンも少なくありません。

株や投資は最近では副業ではないともいわれていて、副業NGな会社でも大丈夫な場合がほとんどですが確認してくださいね。

休日出勤や残業で働くことも、休日手当や残業手当で単価がアップするので効率の良い稼ぎ方ですよね。ただ、休日や残業は可能時間が決まっていてそれを超えて働くことはできないです。会社によっては厳しいところもあります。

給料アップを交渉する

会社の上司へ直接給料アップの交渉をする方法もあります。ですが、給料の交渉をするにはだいぶ勇気がいりますよね。それなりの実績や評価がないと、かえって自分を見る目が下げられてしまう可能性も。

給料アップを交渉する前に、自分がどのように会社に貢献してきて、どんな資格やスキルや人脈を持っているのかなど説明できる材料を揃えておくと良いですよ。これさえあれば、給料アップの交渉NGなんて規定はないハズなので、自信を持って伝えるだけです。

年収をあげるための方法を考えて行動しよう

年収をあげる方法について解説しましたがいかがでしたか。年収が少ないとただ嘆くより、自分は年収をあげるために何をしたかを考えてください。

何もしていないなら、まずは年収をあげるための基本や方法を身につけましょう。どの基本や方法も、誰もが1度は考えたことがある内容ですよね。

何もせず方法を知らないまま過ごしていても、その間にも稼げるハズの収入があって勿体ないので、積極的に行動してくださいね。
TOP