テレワーク・在宅ワークで働き方もライフスタイルの大きく変わる!

テレワーク・在宅ワークで働き方もライフスタイルの大きく変わる!

働き方改革のメインテーマともされている『テレワーク・在宅ワーク』が大手企業をはじめ、さまざまな職場で促進されています。それによって多くの労働者が会社通勤という煩わしい毎日から解放され、自宅で過ごす時間が増え、それによって家族と過ごす時間やプライベートの時間を十分に有効活用できるようになってきています。
働き方改革のメインテーマともされている『テレワーク・在宅ワーク』が大手企業をはじめ、さまざまな職場で促進されています。

それによって多くの労働者が会社通勤という煩わしい毎日から解放され、自宅で過ごす時間が増え、それによって家族と過ごす時間やプライベートの時間を十分に有効活用できるようになってきています。

この政府も進めるテレワーク・在宅ワークとは何なのか?それによって働き方がどうのように変わっていくのか?を知っておくのは、今後の人生にとって重要なことです。

テレワークとはどんな働き方なのか?

テレワークのテレとはTele=離れた場所でという意味で、会社のオフィスから離れたところで働くということになります。テレフォン(電話)を使って働くと誤解されている方もいますが、実際はネット環境を利用して、自宅やレンタルルームなどで仕事をする働き方です。

つまり、毎日の通勤時間とその前後の準備時間を大幅にカットし、各社員が自分なりにリラックスして働ける環境を選んで、無理のない効率的な働き方が実行できるのが大きなメリットです。

平日9時から17時まで在宅で勤務するとしても、朝はゆっくり朝食をとり、簡単な身支度だけでデスクに座って、好きなコーヒーにBGMを流して仕事時間を待つことができます。満員電車に乗る必要がなくなったことで、体力的にも精神的にも無駄な疲労をせずに済むのもメリットでしょう。

また、勤務中に上司やほかの社員へ気を使うことがなくなりますので、オフィスワークよりものびのびと仕事ができます。自宅であれば、ゴロンと寝そべって休憩しても良いですし、好きな時にお茶やお菓子で気分転換もできます。

もしオフラインの状態で仕事ができるなら、ラフなスウェット姿でも問題ないはずです。また、ちょっと散歩に出て考えを整理したり、企画のアイデアを思いめぐらすことも自由でしょう。こういった仕事環境は仕事の効率を向上させるとともに、精神衛生面の改善と健康状態アップにもつながります。

僕の会社もテレワークは導入されてますね。確かに通勤時間が無くなるのは色々な意味でメリットが大きいですよね!

テレワークは金銭的メリットも大きい

テレワークを導入することで、会社も社員も共に金銭的なメリットを得ます。まず会社は社員の交通費が大幅にカットできます。

またオフィスなど会社の作業スペースも相当に縮小できますので、営業上のランニングコストが大幅に圧縮されるのです。これによって利益率がアップし、スリム化した会社はフットワークも軽くキャッシュフロー面でも健全化しやすくなります。また利益率が挙がれば、それを社員へ還元しますので、結果的に給与ベースが上がると期待できるでしょう。

社員は給料アップの期待の他に、実質的に出社のための費用を大幅にカットできます。まず仕事着などの身支度面のコストを抑えられます。出社の頻度が少なくなりますので、新しいスーツや靴などの購入費が軽減されますし、クリーニング費用も節約できます。

外出中の食事代や、お弁当を作る手間暇・費用もカットされ、帰宅時の付き合いでお金を使う機会も減ります。なお、自宅で仕事をしているので、通信費や光熱費や家賃の一部を会社が負担してくれます。このように生活費全般が大きく軽減されるという嬉しいメリットが得られます。

さらに、プライベートな時間を有効利用すれば、ストレス発散も疲労回復も自分で十分に行えるようになるため、医療費なども軽減されますし、ストレスによる無駄な浪費も回避できることでしょう。

テレワークでライフスタイルを大きく変化させられる

テレワークは5Gインフラの普及に合わせてどんどんと促進されていきます。5Gが利用できる場所であれば、相当に大容量のデータでもストレスなく送受信が可能になりますからほとんどのデスクワークが自宅でできるようになるはずです。

また、エンドユーザー間でガッチリとセキュリティ確保が可能となる暗号通信技術も進んでいますから、大事な社内情報も安心して自宅パソコンに引き込めるようになるでしょう。なお、5Gインフラは急ピッチで全国へ敷設されていて、まもなく国内をまるまるカバーすることでしょう。

そうしますと、完全に在宅ワーク型の勤務であれば、もっと自然が豊かで生活費が安く、静かで開放的な地域へ移住するチャンスが出てきます。

家族にとって一番良い場所を探して、そこで団らんの生活を送るのは何よりも幸せなことかもしれません。もちろん、単身者はもっと自由に住む場所を選べるようになります。

海外の好きな国へ移住して、給料は日本から得る

極端な話ですが、海外の好きな国へ移住して、給料は日本から得るというライフスタイルも可能になります。

実際に海外に居住して、フリーランサーとして日本から給与を得ている人もたくさんいます。今後は同一労働同一賃金の効果で賃金ベースが底上げされますから、そうなればフリーランスの形でも十分な収入が見込めるようになるはずです。

これからは仕事中心の生活ではなく、自分のライフスタイルの一部分を利用して仕事をすることのできる時代だと言えるでしょう。
TOP