テレワークの働き方って?導入のメリット・デメリットを知ろう

テレワークの働き方って?導入のメリット・デメリットを知ろう

新型コロナウイルスは、私たちの生活に大きな影響を与えました。ソーシャルディスタンス(社会的距離)や3密を意識し、人と触れあう場面ではクリアボードを挟み、街にはマスク姿のした人達で溢れています。全ては感染防止のためです。そして、働き方にも大きな変化が生まれています。それが、時間や場所に囚われない自由な働き方を意味しているテレワークです。しかし、このテレワークを急に導入することは難しく、戸惑っている企業が多くあるのが現状です。
新型コロナウイルスは、私たちの生活に大きな影響を与えました。ソーシャルディスタンス(社会的距離)や3密を意識し、人と触れあう場面ではクリアボードを挟み、街にはマスク姿のした人達で溢れています。全ては感染防止のためです。

そして、働き方にも大きな変化が生まれています。それが、時間や場所に囚われない自由な働き方を意味しているテレワークです。しかし、このテレワークを急に導入することは難しく、戸惑っている企業が多くあるのが現状です。

テレワークが与えるメリット

新型コロナウイルスは目に見えないため、"いつ感染するか分からない"というリスクが伴います。沢山の人が密集したオフィスでは、クラスター(集団感染)が発生する可能性も。なので、ソーシャルディスタンスや3密を意識した働き方が求められます。これの対抗策がテレワーク(TeleWork)です。

感染を低減しつつ仕事が可能

離れた所(Tele)仕事(work)を意味するテレワークは、オフィスに出社することなく、自宅や感染を低減させる環境で、通常業務に取り組めるメリットがあります。従来ならオフィスで行うことを自宅で対応できるため、オフィスでのクラスター発生を防ぐことが見込めるのです。

他人との接触が避けれる

オフィスに出社する必要が無いということは、"出勤する必要も無い"ということです。エスカレーターの手すりやエレベーターのスイッチなど、他人が触れるであろう場所は数えきれません。

「出勤途中で感染するかもしれない…」

といったストレスから解放され、自宅で安心して業務に取り組むことができます。

さらに、日本は台風や地震が多い国ですよね。災害などの影響で、出勤できないなどのトラブルも回避できるメリットがあります。電車が運休し、駅に立ち竦んだ経験がある人も多いでしょう。テレワークなら、それらの影響を受けません。

優秀な人材を獲得しやすい

通常では、オフィスに出勤できる範囲に居ない人でも、テレワークを使って業務をすることが可能となります。つまり、オフィスまで通勤できない優秀な人材も、テレワークで確保することができるのです。

従来では遠方からの人材を確保するため、転居費用を負担などの対処をしている企業もあるでしょう。テレワークなら、これらの支出を抑えられるので、求職者、企業共にメリットとなります。

テレワークが与えるデメリット

実際に、テレワークを導入する企業は増えています。しかしながら、全ての業種に対してテレワークが導入できるとは限りません。

国土交通省による「平成29年度テレワーク人口実態調査」では、情報通信業30%、学術研究、専門・技術サービス業27%となっています。

一方、宿泊業・飲食業では7.2%と低く、業種によって影響を受けていることが分かります。業種によってテレワークに向かない為、導入しない・導入できないと考える企業が多いのです。勿論、テレワークを導入するにもコストが必要となります。

テレワークに対応できない

急にテレワークで自宅から仕事と言われても、普段からパソコンなどのデジタル機器に馴染みの無い人は多くいます。インターネットの接続や必要な機材、それらの設定など、機械が苦手な人にとっては一大事です。テレワークの環境設定が整わず、出社した方が楽と感じる人もいるでしょう。

情報漏洩の懸念

テレワークは、オフィスから離れた場所で仕事ができる一方、オフィス外で業務をすることで情報漏洩するリスクが伴います。このため、出社する必要はなくても、業務をする場所を制限する企業は少なくありません。

こちらも国土交通省によれば、自宅62.3%、他支店や営業所、サテライトオフィスといった自社の他事業所で55.8%と多く、雰囲気の良いカフェなどで仕事ができるわけではありません。逆に言えば、業務中は自宅から出られないと言う場合もあるでしょう。

従業員の士気低下に繋がる可能性も

オフィスでの仕事は緊張感がありますよね。仕事モードに入れることで集中して業務に取り組めるメリットがあります。一方のテレワークは自宅での仕事が主です。オンラインでオフィスと繋がってはいるものの、自宅では気が緩んでしまいがちです。このため、従業員の士気低下に繋がることが懸念されます。

部分的な導入方法もある

テレワークには不向きな職種は多くあります。ですが、会社に務める従業員全てを対象にする必要はありません。例えば事務や営業部門など、テレワークに対応できる部分のみに行うことは可能です。

テレワーク導入に対して相談したい場合、一般社団法人「日本テレワーク協会」といった機関もあります。これらを上手く活用し、会社の働き方を考えていきましょう。

まとめ

新型コロナウイルスの影響により、私達の生活や働き方に大きな変化が生まれました。これからは、今までと異なる働き方が求められる場面も増えていくでしょう。テレワークは新しい働き方として注目されていますが、懸念する部分があるのも事実です。企業や従業員にとってプラスとなる様、柔軟に対応していきましょう。
TOP