スキルアップを転職理由にしよう!転職を成功させるために重要な事とは?

スキルアップを転職理由にしよう!転職を成功させるために重要な事とは?

終身雇用制が崩壊して以来、転職は珍しい事ではなくなってきました。 そのため、転職する側は多くの転職希望者と比較されることになります。 ただでさえ、今年は求人の数が激減しているので大変です。 どのようにして、転職活動に勝利すればよいのでしょう?
終身雇用制が崩壊して以来、転職は珍しい事ではなくなってきました。

そのため、転職する側は多くの転職希望者と比較されることになります。

ただでさえ、今年は求人の数が激減しているので大変です。

どのようにして、転職活動に勝利すればよいのでしょう?

転職をする理由とは?

今年は、新型コロナウイルスの関係で会社が倒産してしまったり、会社からリストラされたりなどして転職せざるを得ない方もいますが、新型コロナウイルスが無かったとしても、毎年、転職させる方が大勢います。

なぜせっかく入った会社を辞めて転職するのでしょうか?

今の人生に不安や不満がある

転職する理由は色々とありますが、総じて多かったのが、今の人生に不満があるということです。

お給料や仕事の内容、上司や同僚との不仲、将来への不満など現在の会社では、どうしてもかなわない事を変えるために転職するそうです。

転職は若ければ若いほど有利という事もあり、時間的な部分で焦っているようなケースもあります。

面接官が転職理由を聞く理由とは?

転職する際には、転職先の面接の担当者のとの面接が必須となります。

どの転職先に行っても面接先では転職理由を聞かれると思います。

どのジャンルの企業であっても転職理由を聞くのには、ある理由がありました。

転職理由を聞く理由とはどのようなものかわかりますか?

仕事や自社への熱意の確認

転職理由を聞く理由は、採用したとして、長く頑張って働いてくれるのかの確認です。

転職するという事は、前の会社を辞めたという事です。

もし、退職にストレスが無いタイプでしたら、採用したとしてもすぐにやめてしまうかも知れません。

その為、転職理由を尋ねることによって、その人の考え方や熱意を計っているのです。

活躍できそうな人材であるかの確認

転職理由を尋ねることによって、相手にアピールする場を与えているといった考え方もできます。

転職理由を聞くという事は、相手にとって言いにくい辞めた理由を聞くということです。

中には挫折した理由を尋ねていると受け取る方も少なくありません。

そういったマイナスな質問に対して、しっかりと論理づけて丁寧に説明することができる人材は、しっかりと自分の考えを持った方であると判断できます。

自社で活躍できる人物である可能性が高いと言えるのです。

転職理由の正解って?

面接で転職理由を聞かれた時に、どのような返答をすればよいのでしょうか?

もちろんその人が退職した理由も転職先の業種も色々ですので、絶対な答えはないかも知れませんが、過去に面接で正解した方の解答を知ることによって、自分の面接で役に立つ情報を得ることができるはずです。

転職理由から志望動機につなげよう

転職理由を聞かれた時には、転職理由を告げるだけではなく、転職理由から志望動機に繋げるという事が重要になってきます。

つまり、転職理由を素直に答え、そういった理由でやめたから御社に入社を希望していますという風に伝えれば良いのです。

例えば、英語が得意だけど前の会社では活かすことができなかった。

御社では英語を活かして頑張りたいなどの答え方なら満点です。

スキルアップなどポジティブな理由

転職理由としてスキルアップと答えると、どの業種に対しても好印象を与えることができます。

前の会社も良い会社であったが、自分が思い描くキャリアプランと照らし合わせてみると最適ではなかった。

御社なら自分のスキルを活かしつつ、さらなるスキルアップが期待できるなど、前の会社が嫌だから辞めたのではなく、自分を高めるために、挑戦の意を込めて退社したといったストーリーが面接官に好印象を与えるのです。

まとめ

スキルアップを転職理由にするのは、今の面接でのブームになりつつあります。

何十人と面接をしている面接官の方は、そういったブームにも非常に敏感ですし、取ってつけたような理由では逆に悪い印象を与えがちです。

嘘をつかず、自分の考え、立場などを考慮した上で、納得させられるだけの物語を作っていきましょう。
TOP