転職活動で副業がOKか聞いてもいい?確認する良い方法も解説

転職活動で副業がOKか聞いてもいい?確認する良い方法も解説

近年は本業と平行した副業をする人が増えてきました。 副業NGな会社から、副業OKの会社へ転職する人も増えています。 ですが、副業がOKかはっきりオープンにしていない会社は確認が必要です。 今回は、転職活動で企業へ副業がOKか聞いてもいいのか?その疑問について解説します。 印象良く確認する方法もあるので、ぜひ参考になさってください。
近年は本業と平行した副業をする人が増えてきました。副業NGな会社から、副業OKの会社へ転職する人も増えています。

ですが、副業がOKかはっきりオープンにしていない会社は確認が必要です。

今回は、転職活動で企業へ副業がOKか聞いてもいいのか?その疑問について解説します。印象良く確認する方法もあるので、ぜひ参考になさってください。

転職活動で副業がOKか確認してもいい?

転職活動中や転職先での面接で、副業がOKか聞いてもいいか悩んでいませんか?副業がOKかどうかを企業へ聞くことはとても勇気が要りますよね。ここからは、転職活動で副業がOKか確認してもいいのかの疑問にお答えします。

副業の質問をした時点で不採用かも

シチュエーションにもよるけれど、副業がOKか確認の質問をした時点で不採用になる可能性はあります。

これが面接中なら、顔も名前も知られていますよね・・・企業にとっては最初の段階で副業の話が出てくるのは印象が良くないようです(;´Д`)

転職活動中や面接などの初期段階では、確認しないほうが無難なようですね。

内定をもらった後も副業の質問はNG

希望の転職先から内定をもらったからといって、副業の確認をしてもいいかというと、そうではありません。副業の確認のタイミングを間違えると、内定取り消しの可能性も。

あくまで内定をもらっただけで、自分がどんな人間なのか知らないし勤務していない状況では信用信頼がないですよね。なので、内定だけの状態で副業の確認をしてしまうと悪い印象を与えかねないです。

試用期間の終了まで副業の質問はNG

転職先での面接に受かって内定をもらったら、はじめは試用期間があります。試用期間の間は正式な社員とは認められていないので、余計な行動はNG。かえって変な意味で目立ってしまうので、解雇される原因にも。

試用期間に副業の確認をするなんて、悪印象になります。

どちらにしても正式な社員の一員と会社から認められるまでは、副業の確認はしないほうが無難なんですね。

転職活動で副業OKか印象良く確認する方法は?

転職活動では基本的に副業がOKか確認しないほうが無難ですが、どうしても聞きたい人もなかにはいると思います。

副業可否を聞いてはいけないということは決まっていないです。ここからは、転職活動で副業OKかやんわり確認する方法を説明します。

電話で確認する

転職活動中に副業がOKかどうしても確認したいなら、顔がみえない電話で聞くのも1つの手です。企業へ電話した際に名前を聞かれる可能性はあるけれど、聞かれなかったらこちらの質問だけですみますよね。

ただし、顔がみえなくても言い方や話し方などで印象を悪くする可能性もあるので、丁寧に慎重に確認するよう注意してください。

就業規則など話のきっかけで確認する

転職先での面接の最中には、副業の確認をするチャンスはあります。

それは、会社の就業規則などの話の場面です。規則の話や内容のなかに副業のことがなかった場合、OKでしょうか・・・?とやんわりと聞くのがいいです。

会社へ副業の質問をするということは、会社からも副業の詳細を質問される可能性もありますよね。その場面も想定して、聞かれた場合の答えや対処法も考えておくべきです。

正直に副業の相談をする

面接中に就業規則の話をされなかった場合は、副業の確認をするきっかけがないですよね。電話で聞くのも気が引けるなら、イチかバチか面接官に聞くのも最終手段としてはいいのではないでしょうか。

面接の最後には、何か質問はありませんかと聞かれます。

どうしても副業の確認をしたいなら、不採用となるか?採用しかけていて不採用の原因となるか?はさておき、すっきりするかもしれませんよね。

副業の確認をして不採用ならまたやり直す!といった考えの人ならアリかもしれません。

転職活動での副業確認は慎重におこなおう

転職活動で、副業がOKか確認してもいいかの疑問についてお話ししました。基本的に転職活動中に副業の確認をするのは、会社への印象を悪くする可能性があります。

会社のホームページや求人内容など、事前に自分で確認できるならそれに越したことはないです。

副業の確認をした時点で、不採用や採用見送りや解雇の可能性も否定できません。それでも副業の確認をしたいなら、電話や面接中にきっかけをみつけたり、直接勇気を出して聞くのもアリです。

どの場面でも、副業の確認は慎重におこなうのが1番ですね。
TOP