サラリーマンの副業に注意!転職と副業で収入をアップするコツを解説

サラリーマンの副業に注意!転職と副業で収入をアップするコツを解説

サラリーマンの中には、会社に内緒で副業をやっている方もいるでしょう。 うまくやれば副業が会社に知られる心配はありません。 ただし、副業の額が大きくなれば、会社にバレるリスクも高まってしまうのです。 副業を視野に入れた働き方を考えているなら、注意したいことがあります。 また転職と副業を掛け合わせて、収入アップするコツも知っておきましょう。
サラリーマンの中には、会社に内緒で副業をやっている方もいるでしょう。うまくやれば副業が会社に知られる心配はありません。

ただし、副業の額が大きくなれば、会社にバレるリスクも高まってしまうのです。副業を視野に入れた働き方を考えているなら、注意したいことがあります。

また転職と副業を掛け合わせて、収入アップするコツも知っておきましょう。

サラリーマンの副業に注意

サラリーマンの副業は、会社の就業規則を確認する必要があります。会社にバレるとどうなるのか、会社を辞める必要があるのか気になるはずです。

就業規則を確認する

会社員の方が副業をするなら、まずは就業規則を確認しましょう。就業規則で副業が禁止されていれば、最悪の場合は処分の対象となる場合があります。

会社が副業を禁止するのは、本業に支障があってはならないためです。重要なデータを扱う会社であれば、情報漏洩のリスクも考えられるでしょう。

法的に会社が副業を禁止できるわけではありませんが、必要であれば就業規則で副業禁止ルールを記載できます。

副業がバレたら転職を考えよう

副業が禁止されている会社でも、お小遣い稼ぎ程度なら黙認される場合があります。ブログで少額の利益を得ているくらいなら、本業に支障がないと考えられるためです。

ただし、副業の規模が大きくなる場合もあるため注意が必要です。趣味でやっている音楽が当たって曲がヒットした場合や、YouTubeでの稼ぎが大きくなる場合もあるでしょう。

副業が会社にバレれば、副業をやめるか、仕事を辞めるかの2択に迫られます。中には副業を会社に取られてしまうケースもあります。会社に居続けるのに限界を感じたら、転職時期だといえるでしょう。

転職と副業で収入をアップするコツ

副業をやる場合、当然今働いている就業規定を確認しましょう。どうしても副業したい場合は、副業が認められている会社に転職もありだと思いますよ。働き方は自由ですから。
via pixta.jp
副業禁止の会社で働くサラリーマンの副業が大きくなってしまったら、転職を考えましょう。うまくやれば、副業の収入と本業とで、大きく収入アップできる可能性があります。

副業OKの会社を選ぶ

転職するなら、まずは副業が認められている会社を選びましょう。

内緒にして副業をやる方法もありますが、どこかで情報が漏れないとは言い切れません。
匿名でやっていた副業でも、内容次第でバレる恐れがあります。
または同僚に副業のことを話したら、情報が伝わる可能性もあるでしょう。

給与額に見合わない高級な物を身に着けていても、会社に副業がバレる可能性があります。

今より収入アップできる会社を選ぶ

転職は、今より収入アップできるチャンスです。給与の額を見直せるため、今より給与が高い会社に転職できます。

1つの会社に固執していれば、収入を大きく変えることはできません。ところが転職をすれば、給与の額を今と比較できます。

今までは転職といえばマイナスのイメージがありました。一度就職した会社は、生涯勤めるものと考える方も少なくありません。

現在は、収入アップのため転職する考え方をする場合も増えています。

次の転職も見据えて行動する

副業をやりながら転職をするなら、次の転職も見据えて行動しましょう。転職先でスキルアップする考え方があれば、向上するごとに職場を変えられます。

職場はあくまでもスキルを習得する場だと考え、それ以上の向上が見込めない場合は、転職がおすすめです。
段階的にステップアップしていけば、転職で年収が500万円以上、1,000万円以上も不可能ではありません。

会社によって学べるものは異なるため、学び終えたら転職を考えましょう。

サラリーマンは副業と転職を活用しよう

これからの時代、サラリーマンも収入を複数持つように変わります。副業で収入の本数を増やすだけでなく、転職で収入アップを目指すのもおすすめです。古い考えに固執せず、柔軟に考えながら収入を増やしていきましょう。
TOP