企業注目の働き方「テレワーク」

企業注目の働き方「テレワーク」

2020年の新型コロナウイルスの流行の影響で、テレワークという働き方が一気に広がりました。

急速に広まった働き方「テレワーク」

2020年の新型コロナウイルスの流行の影響で、テレワークという働き方が一気に広がりました。長くてつらい通勤時間がなく、好きな場所で働くことのできるテレワークですが、同じくコロナ流行以降によく聞くようになった在宅勤務と何が違うかご存じですか。

同じようなもの、と捉えている人が多いと思いますが、実はこの2つは厳密にいうと違うものなのです。

「テレワーク」と「在宅勤務」の違いは?

「tele(離れた場所)」「work(働く)」、この2.語を組み合わせて作られた造語が「テレワーク」です。つまりパソコンやタブレット、スマートフォンなどの情報通信技術を活用することで、会社から離れた場所から仕事をするという働き方を指します。

そして、そのテレワークという働き方の1つが在宅勤務です。カフェ、コーワーキングスペースやホテルなど、通信機器と環境さえ整っていればどこでも仕事ができるテレワークに対して、在宅勤務は作業場所が自宅に限定されます。

どちらも出社の必要がないのは同じで、時間に捉われない柔軟な働き方をすることができます。つまり、在宅勤務とテレワークは、自宅で働くか、自宅以外の場所で働くか、というポイントで使い分けます。

テレワークを導入するメリット

2020年の新型コロナウイルスの流行で、ステイホームが広く要請され、企業はある意味で苦肉の策として在宅勤務を含むテレワークという働き方を採り始めました。

ところが、自粛要請が明けたあともテレワークを続けている会社は多く、中には今後の企業方針として、基本的に出社しないテレワークにシフトしていくという企業も多いといいます。理由としては実際にテレワークを導入してみたところ、メリットが予想外に大きかったということが考えられます。

具体的にどんなメリットがあるのでしょう。

メリット1: 無駄な時間がなくなる

テレワークの大きなメリットは、出社の必要がなくなることです。今まで通勤のために費やしていた時間と体力を温存することができます。朝から時間の電車移動によって、仕事をする前に疲弊してしまったり、仕事終わりにヘトヘトで家に帰りつくということを避けることができます。

また、女性であれば、化粧や服装などの身だしなみにかける時間を短縮できるということも大きいでしょう。

メリット2:生産性が向上する

テレワークでは自宅などの好きな仕事をすることができるため、会社の往復という非生産的な時間がなくなります。働く側はその浮いた時間を私生活、もしくは仕事の下調べ等に有効活用することができ、公私のバランスが良くなり、結果的に企業の生産性の向上につながります。

メリット3:優秀な人材を逃さない

テレワークでは場所や時間を選ばないため、企業側としては、育児や介護などを理由に会社で働けないという優秀な人材を確保することができます。働く側も、自宅で自分のペースを保ちながら仕事に従事し収入を得ることができます。

メリット4:オフィスの経費削減

テレワークを導入するとオフィス自体が必要なくなるため、家賃、光熱費などの経費がいらなくなります。それに椅子や机などの備品関係も必要なくなります。さらに社員の交通費も負担する必要がないため、かなり大幅な経費削減が見込めます。

テレワークを導入するデメリット

テレワークのデメリットもないわけではありません。

デメリット1:誰にも見られていないという気の緩み

社内と違って上司や先輩のいない環境で働くため、誰にも見られていないという気持ちの緩みによって生産性を落とす社員が一定数出てくる可能性が否めません。

デメリット2:コミュニケーション不足

テレワークではチャットやビデオ会議などを通してコミュニケーションを図ることができます。ですが、直接対面で話すときと比べるとどうしても意思疎通がうまくいかない場面があったり、多少のミスコミュニケーションがあったりは避けられないでしょう。

デメリット3:回線状況と情報漏洩などのセキュリティ問題

大事なビデオ会議中に、何人かの電波状況が悪く、音声や映像が途切れ途切れになるとストレスを感じます。またすべての資料やデータをインターネットを通じてやりとりするため、セキュリティ面、特に情報漏洩に関しての不安が拭いきれません。

テレワーク導入にあたっての課題

このようにテレワークにはデメリットもありますが、それを補って余りあるメリットがあるため、今後もテレワークを導入する企業は増えていくと予想されています。企業側としては、先述したようなデメリットをカバーするための対策が急がれます。

上記の全社員の労働実態の透明化、情報漏洩のリスク回避、社員同士のコミュニケーション不足解消、この3つをしっかりクリアすることができれば、テレワークは非常に生産性が高く効率的な働き方であり、企業側にとっても社員側にとってもプラスな働き方になることは間違いないでしょう。
TOP