働き方改革でますます進展?ライフスタイルに応じた働き方の多様化とは?

働き方改革でますます進展?ライフスタイルに応じた働き方の多様化とは?

働き方改革や働き方の多様化など、昨今働き方についてさまざまな話題を耳にすることが多くなりました。 終身雇用制や年功序列賃金といった体制が崩壊する中、年齢や性別に限らず、自分の状況に応じた働き方を見つける人も増えています。通信や情報技術の進歩により、テレワークやリモートワークなど、多様な働き方も注目されていますね。 現在企業では、長時間労働や、結婚や出産におけるキャリアブランクなど、労働状況におけるさまざまな問題があります。これらを解決・改善していく手段としても、働き方の多様化が注目されています。

多様な働き方が注目されるワケ

働き方改革や働き方の多様化など、昨今働き方についてさまざまな話題を耳にすることが多くなりました。

終身雇用制や年功序列賃金といった体制が崩壊する中、年齢や性別に限らず、自分の状況に応じた働き方を見つける人も増えています。通信や情報技術の進歩により、テレワークやリモートワークなど、多様な働き方も注目されていますね。

現在企業では、長時間労働や、結婚や出産におけるキャリアブランクなど、労働状況におけるさまざまな問題があります。これらを解決・改善していく手段としても、働き方の多様化が注目されています。

多様な働き方がもたらすメリット

働き方の多様化には、どのようなメリットがあるのでしょうか?これに大きく関連するのは、「生産性」「創造性」「コスト」です。
長時間労働を促すのは、ズバリ、生産性の低下です!

通勤時間などが長時間に及ぶ場合も、生産性が低下する要因と言えるでしょう。

「もう少し早く来ることができれば」
「通勤の満員電車がなければ」

こういった通勤に関するストレスもモチベーションの低下に繋がりますね。

このような問題を解決する方法としてあげられるのが、在宅勤務などのモバイルワークの導入です。

通勤時間の削減やストレスの軽減は、自分の時間を確保でき、仕事に対する意識も高まるのではないでしょうか。

またさまざま働き方を導入することは、従業員自身がさまざまな労働環境を自分自身で創造することでもあります!

労働環境の変化は、気持ちやモチベーションの変化にも繋がります。
環境が変わることで型にはまらない斬新なアイディアが仕事の中で生まれるかもしれませんね(^^)

オフィスや事業所の管理のもさまざまなコストが発生します。例えば、賃料や光熱費、通信費、社員の交通費といったものがありますね。

働き方の多様化により、固定のオフィスを設けない方法や、共有のスペースやパソコンを使用することで、これらのコストの削減につながります。また人員を導入する場合も、オフィスを拡張する必要もありません!

このように、働き方の多様化は、企業の中における生産性や創造性、コストを柔軟なものにするためのエッセンスと言えるでしょう♪

場所にこだわらない多様な働き方

via pixta.jp
ひとくちに働き方の多様化といっても、その方法にはさまざまなものがあります。

社内において新しい働き方を導入する上で大切なのは、現在の就業スタイルとのバランスを考えながら、無理なく取り入れることです。

ズバリ、多様な働き方の実践を考える上では、場所と時間がカギを握ります!
場所における多様な働き方の代表例が、テレワークです。

テレワークは、情報通信技術を利用した柔軟な働き方を指します。ネットワーク上で仕事のやり取りが行えることから、場所を気にすることなく、ライフスタイルに応じた働き方が可能ですよ。

またテレワークには、2つの種類があります。

雇用型のテレワークを行う人の中でも副業を了承している場合は、自営型のテレワークを独自に行っているケースもあるでしょう。

場所にこだわらないテレワークは、通勤のストレス軽減だけではありません。

出産や結婚でブランクが生じる女性にも対応した働き方と言えるでしょう!

時間にこだわらない多様な働き方

フレックスタイムや時短勤務は、時間に着目した多様な働き方です。

フレックスタイム

フレックスタイムとは、労働者が自分で始業や就業といった、労働時間を決めることができる働き方です。例として、実働7時間・休憩1時間の会社をあげてみます。

午後を自分の時間に充てたいAさんは、フレックスタイムで、午前7時から午後3時までを労働時間とすることができます。

一方で、朝はゆっくり会社に来たいというBさんは、午前10時から午後6時までを労働時間として定めることができます。

このようにフレックスタイムの企業では、生活と業務の調整を行うことで、効率的な働き方を可能にしてくれます。

時短勤務

via pixta.jp
時短勤務は、1日の所定労働時間を原則6時間とする制度です。

厳密には5時間45分から6時間までとしています。この制度は育児・介護休業法により、各企業に導入が義務付けられています。

3歳未満の子がいる従業員は、男女問わずこの制度を活用できます。仕事と家庭を両立したいというニーズに応えた働き方と言えるでしょう。

まとめ

多様な働き方を導入は、従業員の多様なライフスタイルに応え、生活にハリを与えてくれるものです。

しかしその一方で、企業側の環境整備も求められます。新制度を導入することで、人件費や別のコストが発生する可能性もあります。従業員にとっても、自分で自分の仕事をスケジューリングする管理能力が問われることになるでしょう。

これらの問題点をふまえ、会社の現状にマッチした、多様な働き方を導入することが今後企業で求められることになるかもしれません。
TOP