テレワークで楽な働き方とプライベート優先の生活が手に入ります!

テレワークで楽な働き方とプライベート優先の生活が手に入ります!

5Gのサービスが開始され、これまでにない大容量のデータ通信が可能になりましたよね。スマホも5G対応のものがどんどんと販売されていて、ネットワーク環境がグンと向上していますね。 それで、テレワークで仕事をするにはとてもいい条件になってきています。 また、情報を守るためのセキュリティシステムも進歩していますよ。 東芝が世界をリードして開発中の量子暗号通信の技術も、いよいよ実用化が迫っています。 つまり今、テレワークのための環境はほぼ整ってきたと言えるでしょう。
5Gのサービスが開始され、これまでにない大容量のデータ通信が可能になりましたよね。スマホも5G対応のものがどんどんと販売されていて、ネットワーク環境がグンと向上していますね。

それで、テレワークで仕事をするにはとてもいい条件になってきています。
また、情報を守るためのセキュリティシステムも進歩していますよ。

東芝が世界をリードして開発中の量子暗号通信の技術も、いよいよ実用化が迫っています。
つまり今、テレワークのための環境はほぼ整ってきたと言えるでしょう。
我が国は、「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」「育児や介護との両立など、働く方のニーズの多様化」などの状況に直面しています。こうした中、投資やイノベーションによる生産性向上とともに、就業機会の拡大や意欲・能力を存分に発揮できる環境を作ることが重要な課題になっています。
「働き方改革」の目指すもの
政府が進める働き方改革の目玉でもある職場のテレワーク化では、2020年現在では当面の目標として『出勤者を3割減らす』と公表していましたが、それも時期に達成される感じですね。

さて、テレワークという働き方が進むと私たちの生活がどのように変わるのでしょうか?

テレワーク化で給料ベースのアップが期待できる

企業の利益率を向上

会社はテレワーク化をすすめることで、結果として利益率を向上させられるんですよね。

まず、オフィスが大幅に縮小できること、それからオフィスの設置場所をコストの低い郊外などへ移転することも自由にできるようになるでしょう。

今までは、優秀な人材を確保するために都市部にオフィスを設置する必要があったのですが、テレワークによってどの地域の人でも雇用できるようになりました。

なお、ネット上で済む仕事が増えてきたことから、会社を都心におく必要もなくなりつつありますからね。
その結果、これまでかかっていたオフィス維持のための固定費が大きく削減できるようになりますね。

通勤が無いメリットは企業にも

それから、台風とか地震があって電車が止まるなどしても、自宅で仕事ができるので、事業はストップしないなどのメリットもあります。

また、交通費が大幅にカットできるので、会社としてはランニングコストの大幅カットが可能になるという訳なんですね。

最終的には、会社の利益率の向上に応じて社員・従業員の基本給が上がる可能性が出てくるでしょう。

産休や育児休暇にも

また、テレワーク中心の業務を担当する社員であれば、産休や育児休暇を取らなくても仕事ができるようになりますよね。

もちろん、勤務時間は短縮しますが、会社としてはちゃんと働いてもらえるので有難いはずです。

また、障害者の雇用についても雇用の幅が広がってきますね。
出勤するのが困難であった障がい者の方でも、ベッドで仕事ができるようになるため雇用できるのです。

このように、テレワークが進むことで、会社はより利益率をアップさせ、さらに社会貢献もしやすくなるというメリットが得られるんですよね。

社員・従業員のライフスタイルが大きく変わる

via pixta.jp
テレワークで最も大きな恩恵は、社員のライフスタイルがよりパーソナル化することですよね。

通勤のために費やしていた時間がそっくりプライベートな時間となるのですから、こんなにステキなことはないでしょう。

女性の方にはメリット大

とくに女性の方にはメリット大ですね。
朝起きてシャワーを浴びてメイクをし、朝食を作ってお弁当もこしらえて、洗濯物をやっつけてと大忙しの毎朝から解放されるのは最高の気分でしょう。

もちろん、男性の社員も同様ですね。
平日の朝と夕方の通勤時間、それにプラス準備時間を併せるなら3時間や4時間は自由時間が増えるわけです。

家庭で過ごせる時間

そして親がいつも家庭で過ごすならば、子どもにとってはとても良い結果が生じますよ。

家族が同じ場所で同じ時間を過ごすことが家族の基本で、愛情はそういった愛着から豊かに育まれていきますよね。

時間を気にせずに何気ない話に夢中になったり、家族みんなで楽しく遊んだり、時に口論になったり喧嘩をしたり、ありのままの自分が表現できる家庭環境が作れるでしょう。

とくに日本では、これまで大人は会社に、子供は学校にしばりつけられていて絶えず別居状態でしたよね。
それで行き違いばかりで、『家族であって家族ではない』という家庭がたくさんありました。

でもテレワークをすることで、嫌でも家族が一緒にいる時間が増え、嫌でも家族でいることが強要されますよね。

これが、将来的には素晴らしい結果をもたらすはずですよ。

生活コストの軽減

できれば自然環境の良い、生活コストが低くてのびのびとした地方の街へ引っ越して、本当に豊かな生活を求めると良いでしょう。今よりも家賃が30%ぐらい安い地域へ引っ越すのも得策ですね。

あるいは都市部にあるマイホームを売って、もっと生活費のかからない地方へ引越すのも一興でしょう。
人間関係がおだやかで静かな環境で暮らすのは、肉体的にも精神的にもストレスが少なく健康面で大きなメリットになりますからね。

極端な話ですが、物価の安い海外で生活しながらテレワークで日本の会社に勤務している人も増えていますよ。

つまり、ネット環境が完備されていれば、どこに暮らしてもOKというのがテレワークの最大のメリットです。

夢にまで見た田舎でのスローライフも、テレワークで働くなら実現できる時代になったということですね。
TOP