50代に医療保険は必要なのか?なぜ加入がおすすめされている?

50代に医療保険は必要なのか?なぜ加入がおすすめされている?

50代男女は病気リスクが高くなっています。 女性は30代、男性は40代から病気リスクがあがると言われていますが、50代まで健康に生きていても突然の病気発覚などで入院をする人も少なくないんです……。 今回は50代男女に医療保険加入がおすすめされる理由について紹介してきましょう
50代男女は病気リスクが高くなっています。

女性は30代、男性は40代から病気リスクがあがると言われていますが、50代まで健康に生きていても突然の病気発覚などで入院をする人も少なくないんです……。

今回は50代男女に医療保険加入がおすすめされる理由について紹介してきましょう(n*´ω`*n)

50代男女に医療保険加入がおすすめされる理由

こちらでは、なぜ50代男女に医療保険加入がおすすめされているのか見ていきましょう。働き盛りの20代や30代とは異なった理由があるのです。

病気リスクが高くなっている

先述したように、50代男女は病気リスクが高くなっています。今は大丈夫でも潜んでいる病魔が突然姿を見せることもあるのです。

今までが大丈夫だったからと言って、これからも大丈夫という保障はありません。その保障をするのが医療保険なのです。

健康寿命と平均寿命

平成22年簡易生命表によると、男の平均寿命は79.64年、女の平均寿命は86.39年と前年と比較して男は0.05年上回り、女は0.05年下回った。
人間には健康でいられる期間と生きていられる期間のふたつの寿命があります。

例えば健康寿命が70歳だったとして、平均寿命が80歳だったとしましょう。つまり、10年間は健康状態に不安を持ちながら生きていかなければいけないということです。もちろん、すべての人に当てはまるわけではありません。

ただ、健康状態に問題が出てくるのは年齢を重ねてからとは言い切れないのです。若い人は50代で脳梗塞などを引き起こしている人もいます。

脳梗塞は身体にもマヒが残る確率が高く、日常生活に大きな影響を及ぼしてしまいます。リハビリや通院にかかるためにも医療保険に加入しておくことで金銭的負担を軽減できるのです。

年齢が上がるにつれて医療費も高くなっていく

基本的に年齢が高くなるにつれて医療費もあがっていきます。なぜなら、年配者の方が病気や怪我などにかかるお金が増えてくるからです。

保険もそういった部分が考慮されて、負担金額が大きい年代ほど保険料も高くなっていきます。もちろん、保険料が高くてもしっかり保障をしてもらえるので損をするわけではないんですけど(;´・ω・)
via pixta.jp

50代は医療保険の見直しタイミング!

50代はライフステージが変化していることもあり、医療保険の見直しタイミングと言われています。見直しをする際にどんなポイントに注目をするべきなのでしょうか。

こちらでは、見直し時のチェックポイントについて見ていきましょう!

最新医療に適している?

長く加入している医療保険ほど最新医療に適していない場合があります。せっかく医療保険加入をしていても、対応外の病気や怪我が多ければ意味がありません。

そのため、最新医療に適しているかどうかもチェックしておきましょう。

保険料があがらないか?

保険料が爆発的にあがらないか、という部分も注目してください。年齢によって保険料は変わっていきますが商品によっては保険料がグンと上がってしまう場合があります。そうなってしまうと、保障は厚くても金銭的負担が大きくなってしまうのです。

そのため、保険料に関する部分もチェックしておくようにしましょう。

ライフステージに合わせよう

自分のライフステージに合わせた保険を選ぶのも重要です。保険スタッフにアドバイスを受けながら、50代ではどんなリスクが多いのかなど聞いてみましょう。

それらに合わせた医療保険を選んでください。

50代からは医療保険を見直して自分に合っているものを選ぼう

50代からは医療保険のお世話になる可能性が高くなります。だからこそ、失敗のないように見直しをする必要があるのです。

これから加入する人も、見直しをする人も自分に適した保険であるかをしっかりチェックしましょう。あまり関係のない保障が多いなら、いっそのこと見直して別の保険契約をするのもひとつの方法です。
TOP