一人暮らしのお金ってどれくらいかかるの?初期費用と生活費をまとめました

一人暮らしのお金ってどれくらいかかるの?初期費用と生活費をまとめました

一人暮らしを始めるタイミングは人それぞれです。就職や進学をきっかけに一人暮らしになる人もいれば、自分で決めたタイミングで独立する人もいるでしょう。これから一人暮らしするという時に、気になるのはやっぱり費用面。一人暮らしにかかるお金についてまとめました。
一人暮らしを始めるタイミングは人それぞれです。

就職や進学をきっかけに一人暮らしになる人もいれば、自分で決めたタイミングで独立する人もいるでしょう。これから一人暮らしするという時に、気になるのはやっぱり費用面。

一人暮らしにかかるお金についてまとめました。

一人暮らしの初期費用

一人暮らしを始めるまでにまずお金がかかります。引っ越しから生活をスタートするまでにかかるお金をまとめました。

住宅の初期費用

家を借りるときには家賃だけでなく、敷金礼金といった初期費用がかかります。

地方によっても違いはありますが、敷金は家賃1か月分~2か月分が一般的。敷金は退去するときの原状回復費用に充当されて残った分は戻ってきます。

礼金も家賃1~2か月分が相場ですが、大家さんに支払うお礼の費用なので返金はありません。さらに不動産業者の仲介を受けた場合は仲介手数料がかかります。仲介手数料の上限は家賃の1か月分と決まっています。

引っ越し費用

引っ越し費用は荷物の量や移動距離で変わってきます。

またシーズンでも変わり、繫忙期である3月は申し込みも混みあって土日などはすぐに埋まってしまいます。
安く抑えるのであれば、レンタカーを借りたり、友人や家族に手伝ってもらったりすることも検討しましょう。

家電費用

一人暮らしには最低限の家電が必要になります。

ライフスタイルにもよりますが、冷蔵庫や洗濯機、電子レンジ、テレビなどは初めに揃える人が多いでしょう。また照明機器やエアコンが備え付け出ない場合は早めに用意しましょう。

家具・生活用品

生活に必要な家具や日用品も用意することになります。

布団やカーテン、タオルなどは早い段階で必要になるでしょう。また料理をするのであれば料理関連の日用品も買い揃えます。

家具や生活用品は生活しながら揃えていくこともできるので、いきなりまとめて買う必要はありません。生活の中で必要と感じたものを買い揃えていけばよいでしょう。

一人暮らしにかかるお金って?

一人暮らしを始めると自分の生活に必要なものは自分でお金を出して買い揃えなければいけません。意外といろいろなものにお金がかかると感じる人は多いでしょう。具体的にどのようなものにお金がかかるのでしょうか。

家賃

家賃は生活の中でも大部分を占めます。

家賃の相場は手取りの3割程度と言われますが、地方によっても違うでしょう。広さや駅からの距離など住居の基準はいろいろありますが、これから長期にわたって家賃を払い続けることができるかどうかを基準に考えましょう。

食費

食費は比較的節約しやすい出費です。

ただし、節約が過ぎると体を壊したり、逆に水道光熱費が高くなりすぎたりすることもあります。一人暮らしを始めたてであれば無理せずに外食やおやつを控えめにする程度の節約がおすすめです。

水道光熱費

水道光熱費や電気やガス、水道にかかる費用です。それぞれ節約は可能ですが、自炊の有無やお風呂の頻度によっても額は違うでしょう。

通信費

スマホやタブレット、パソコンは生活の必需品。通信費は格安SIMなども利用して安い会社を探してみましょう。プランなども定期的に見直すようにしてください。

雑費

一人暮らしは意外なものにお金がかかります。

トイレットペーパーや洗剤、シャンプーなど、一つずつは少額でもまとまると大きな金額になるでしょう。
被服費や交際費、冠婚葬祭費、医療費など予定外にかかるお金もあるので、家計はある程度余裕を持たせて計画しましょう。

ライフスタイルをシミュレーションしてみよう

一人暮らしは楽しみですね。でも気を抜くとあっという間にお金が無くってしまいます。しっかり計画的に生活しましょうね。
via pixta.jp
お金に関する考え方は人によって違います。

趣味の費用や食費など削れない部分もあるでしょう。

節約が中心の生活は潤いがなくてつまらなく感じるかもしれません。ライフスタイルをシミュレーションするには体と心のバランスが良い生活になるように余裕を持った計画を立ててください。
TOP