資産運用はいくらから始めればいいのか?資金別おすすめの運用方法

資産運用はいくらから始めればいいのか?資金別おすすめの運用方法

資産運用というと、まとまった資金がないとできないのではないかと思っている人もいるでしょう。 しかし、新しい資産運用方法が続々と登場し、少額資金から始められる方法も注目されています。 まずはやってみることも、大切です。 資産運用はいくらから始めればいいのか、資金別おすすめの方法と合わせて紹介します。
資産運用というと、まとまった資金がないとできないのではないかと思っている人もいるでしょう。しかし、新しい資産運用方法が続々と登場し、少額資金から始められる方法も注目されています。

まずはやってみることも、大切です。資産運用はいくらから始めればいいのか、資金別おすすめの方法と合わせて紹介します。
資産運用には、貯めることを重視した 「預金」と、ふやすことを重視した 「投資」があります。

資産運用はいくらから始められる?

資産運用は、いくらから始められるものなのでしょうか?

10万円や100万円という考えは、少し古いかもしれません。とはいえ、まとまった資金の運用でなければ利益も少ないのは事実です。

いくらから資産運用ができるのか、適当な金額はいくらなのかについてお話します。
via pixta.jp

運用は1円からでも可能

資産運用の方法は、たくさんあります。定期預金なども資産運用方法の一種ですから、少額からでも運用は可能です。

ただし、定期預金はスタート金額が金融機関ごとに指定されていることがほとんど。1円から始めるなら、ポイント投資のような最新の方法が妥当です。

そうなんだよね!今って1円からでも資産運用が出来る時代なんだ。便利になったよね^^

少額投資は意味がない?

せっかく資産を増やす機会なのに、少額投資では利益が少なくて意味がないという意見もあります。しかし、少額投資で得られるのは資産が増えるメリットだけではありません。

少額でも投資を始めることで、資産運用の知識が増えていくことは大いにプラスになるでしょう。

運用方法によって最低投資額は違う

1円から投資できる方法もありますが、最低投資額は資産運用方法によって異なります。また、同じ運用方法でも投資会社の商品によって最低投資額が違うこともあります。

自分の持っている資金でどんな資産運用ができるかは、いろいろな情報を集めて検討するようにしましょう。

資産運用方法別に知っておきたい最低投資額

資産運用方法や金融商品ごとに、最低投資額は異なります。例えば、ワンコインで投資できる株式投資商品があるかと思えば、10万円からしか投資できない株式投資商品もあるという具合です。

代表的な資産運用方法ごとに、いくらから投資できるか見てみましょう。

1株からでも売買できるようになった株式

株式投資は、大金がないと始められないイメージが強い資産運用方法です。しかし、1株からでも投資できる商品が登場したことにより、身近な資産運用方法になってきています。

株式投資の基本は、100株以上の株を買って株主になること。

つまり、株価300円の企業株を買うとしても最低30,000円は必要になるわけです。1株から投資できる商品はレアで運用利回りも低くなることは、理解しておきましょう。
via pixta.jp

1万円から運用できる債券投資

債券投資も、少額から運用できる方法です。国や企業が発行する債券、つまり借用書を購入するのが債券投資です。

債券を満期まで持っていれば、定期的な利息収入を得ながら元本も取り戻せます。ただし、利益はそれほど大きく期待できない特徴もあります。

個人向け国債は10,000円から、社債は50万円からが最低投資額です。

100円からでも運用できる投資信託

投資信託は、資産運用のスペシャリストに資金を預けて運用してもらう方法です。お金を預けた人が投資に失敗すれば、損失が出ることもあります。

最低投資額は、100円からという投資信託会社もあります。

しかし、商品によっては数百万円から数千万円を最低額としていることもあるため、商品ごとの特徴は確認が必要です。

いくらから資産運用を始めるべきか?

最低投資額は資産運用方法や金融商品によってさまざまだとわかったら、次に気になるのはいくらから資産運用を始めるべきかではないでしょうか?

初心者がいくらから資産運用を始めるのが妥当か、お話します。

少額からの投資がおすすめ

初心者にとって、はじめから大きな損失を出してしまうのは避けたいところです。リスクを防ぐには、少額から投資を始めるのが安全です。

1円株投資で資産運用に慣れていくのもよいですし、手堅く定期預金から始めてみるのもよいでしょう。

分散投資を心がける

資金を分散して、いくつかの投資方法で運用することも大切です。1つの方法だけで資産運用しようとすると、失敗したときに取返しのつかない損失を生んでしまうことがあります。

分散投資していれば、どれかで失敗してもどれかで成功するかもしれません。リスクを分散することになり、自然と低リスクな資産運用になるのです。

資産運用に使える資金を考える

当たり前のようなことですが、資産運用にまわせるお金がいくらなのかをあらかじめ把握しておきましょう。生活資金の他、緊急時に必要になる資金も確保しておくことが大切です。そのうえで余裕が出た分をまわせるのが、資産運用の資金です。

気持ちが大きくなって生活資金を投資に使ってしまったり、緊急時に必要なお金を残さずに投資してしまったりすると、生きていくのに困ってしまいます。

資産運用のために必要な資金は計画的に捻出しよう!

1円からでも資産運用が始められるようになったのは、まだ新しいことです。

金融商品によっては、10万円などまとまった資金が必要になることも珍しくありません。いくらから資産運用できるかを知るのと同時に、資金をいくら捻出できるかも計画的に検討してみてくださいね。




TOP