国内債券の見通し!今後はどうなるのか考えらえる要点のまとめ

国内債券の見通し!今後はどうなるのか考えらえる要点のまとめ

現在、世界中で新型コロナウイルスの影響が経済に出ています。 既存のサービスは大きな転換期を迎えているのは多くの人が肌で感じているのではないでしょうか。 低リスクの国内債券ですが、変動金利の商品であれば金利は世の中の動向に左右されます。 今後はどのように見通しが立てられているのか、意見をまとめました。
現在、世界中で新型コロナウイルスの影響が経済に出ています。既存のサービスは大きな転換期を迎えているのは多くの人が肌で感じているのではないでしょうか。

低リスクの国内債券ですが、変動金利の商品であれば金利は世の中の動向に左右されます。今後はどのように見通しが立てられているのか、意見をまとめました。

国内債券の見通し;これからの経済はどうなる?

世の中の動向は国内債券に影響をします。新型コロナウイルスという未経験の下、世界はどのように動くのか不安な人も多いでしょう。

日本の動きはもちろん、世界経済はどこに注目すれば良いのか、鍵となる今後の動きをみていきましょう。

世界経済

コロナ危機対応として、各国では金融政策が大幅に緩和されています。個人に対しては大幅な補償がされ、補償された金額で金融商品への投資が増えた背景もあり、緩やかな回復が見込まれています。

アメリカは新政権となりコロナ危機からの経済立て直しを最優先に掲げたことから回復が期待されています.
ただし補償を投資に回すことがない貧困層との格差が広がると、政権の足元もゆらぎ、さまざまな影響が出ることは必至との見解。

日本経済

現状、ゆるやかな回復が期待される、という意見と、今後はコロナ前の水準に戻らないだろうという意見とに二分されています。

現状、感染者数が上下する中、経済活動の抑制は余儀なくされるだろうという見込み。感染者が少なくなれば個人の消費は回復傾向になりますが、大都市で個人の経済活動が抑制されていることは大きな打撃になっています。

ワクチン接種が鍵を握る

ワクチン接種が行きわたり、経済活動がスムーズにいくようになるかどうかか今後の鍵です。

ワクチン接種のペースが速いアメリカや欧州では、2021年の末あたりから経済活動が本格化するのではないかと見通しが立てられています。

日本では若年層へのワクチンは未定のまま。

情報が右往左往していることもあり、ワクチンの安全性に疑問を持つ人も多いのが現状です。完全に摂取となると時間がかかりそうな雲行きと言えるでしょう。

国内債券の見通し

全世界的には緩やかに回復しそう、と希望の光がさしています。考えれば、いずれはこのコロナショックだって落ち着くのですから、回復はするでしょう。

では、国内債券はどんな道筋を辿るのか。考えられている直近の今後をみていきましょう。

2021年後半にかけて回復の見通し

やはり鍵を握るのはワクチンです。ワクチン接種が進み、国内外の往来が緩和されれば、自ずと経済は安定し始めるでしょう。

1つのポイントとなりそうなのはオリンピックの開催。例え無観客での開催であっても、観戦のための家電購入に個人消費が伸びるのではないと期待がされています。

将来への不安が募っている状態では個人消費が伸び悩むのも至極当然の道理です。

国債利回りの低下は進みづらい

2%の物価安定目標の実現に向けて、日銀の金融緩和姿勢は続いています。国債利回りの大幅な上昇は見込みづらいですが、国債増発による需給悪化で国債利回りの低下は進みづらくなっているとのこと。

返済期限が1年以内の短期国債の大量発行が続くことから、中短期国債利回りの低下は進みづらいという見通しです。長期・短期金利の操作目標は、今後も同水準が見込まれるだろうとのこと。

円高圧力が影響する可能性

日本円の買い勢力が売り勢力より上回る「円高圧力」が続いています。金融市場が不安定になると、リスク回避で円が買われやすいという動きです。

先行きの不安定さから、投資家やヘッジファンドなどの投機筋がリスク回避で円の買いを進めると、これからも円高が進む可能性は否定できません。為替市場で円高が進めば、マイナス金利の深堀が意識されるでしょう。

アフターコロナで緩やかな回復を期待

今までに経験をしたことがない全世界同時の新型コロナウイルスによる経済低下。今後の鍵を握るのはワクチンの接種だと考えられます。

今はまだ低迷していますが、今後の動向ではアフターコロナに向けて経済は緩やかに回復していくでしょう。
TOP