初心者に難しくない!資産運用の基礎知識について徹底解説します

初心者に難しくない!資産運用の基礎知識について徹底解説します

最近、資産運用を始める人が増えています。 自分も始めてみたいけど、どんな知識があればいいのか、何から始めていいのかわからないという人も多いでしょう。 ここでは初めての人にもわかりやすいように、資産運用の基礎知識をまとめていきます。
最近、資産運用を始める人が増えています。

自分も始めてみたいけど、どんな知識があればいいのか、何から始めていいのかわからないという人も多いでしょう。

ここでは初めての人にもわかりやすいように、資産運用の基礎知識をまとめていきます。

資産運用にはどんなものがあるのか初心者向けに説明します

資産運用といってもその種類はさまざまです。

一般の人には全く馴染みのないような投資もあれば、預貯金など多くの人が行っている運用方法もあります。
ここではざっくりと、資産運用の種類について説明していきます。

資産運用の種類(1)預貯金

多くの人が最も身近に行っているのが預貯金ではないでしょうか。

預貯金も金利がつき、定期的に利息が発生することから資産運用の形態のひとつといえます。普通預金のほかに定期預金、積立定期預金など貯蓄に特化した預金もありますが、いずれにせよリターンは高くなく、増やすという目的には弱いといえるでしょう。

資産運用の種類(2)貯蓄型保険

終身保険や学資保険、個人年金保険などには貯蓄型のものがあります。

こつこつと長く保険料を支払うことで、満期になったときに支払った額よりも多い満期金や解約返戻金が受け取れるというものです。

何かあったときの備えと、何もなかったときの蓄えを兼ね備えた資産運用といえるでしょう。

資産運用の種類(3)

財務省(国)が発行する国債や、地方公共団体が発行する地方債、会社や企業が発行する社債など、債券を購入して利益を得る方法です。

なかでも国債や地方債といった公共債はローリスクではじめられるのが魅力ですが、リターンがあまり高くないのも特徴です。

資産運用の種類(4)投資信託

信託会社に資産を預け、取りまとめて運用してもらうことで利益を得るのが投資信託です。購入方法や対象地域などさまざまで、運用方法も好きに選ぶことができます。金融商品を選んだあとは自分でこまめに値動きをチェックしている必要がなく、忙しい人にも向いています。

ただ、プロが行うとはいえリスクがないわけではありません。また、信託報酬などのコストがかかるということも頭に入れておく必要があります。

資産運用の種類(5)

最もよく知られている投資といっても過言ではないのが株式投資ではないでしょうか。銘柄を選んで株を購入すると、定期的に配当金や株主優待などが受けられます。

もちろん、値動きを読んで売買することで利益を得ることもできます。ただ、銘柄は様々なものがそろっており、勉強が必要であったり、ニュースにも敏感になっていなければ厳しいという側面もあります。

資産運用の種類(6)不動産投資

不動産投資はローンを組むことができれば自己資金がなくても始めることができるとして、最近注目されている資産運用です。

他の資産運用に比べてインフレの影響を受けにくく、比較的安定して利益を得ることができるといえます。
ただ、物件管理や入居者への対応などが必要になるため、手間がかかったり、トラブルが起きるリスクがあったりすることは知っておくべきでしょう。

初心者が資産運用を始めるときのポイント

どのような形の資産運用を始めるにせよ、共通して押さえておくべきポイントがあります。資産運用を始めるときに忘れてはならない点について説明します。

ポイント1.リスクとリターンを把握する

どの方法にも、リスクとリターンがあります。

言い換えれば、メリットとデメリットがあるということです。自分の生活様式や性質、志向などと照らし合わせて、どのような運用方法が向いているのかを見極めるのは大切なポイントです。

また、どのような投資にもリスクは必ずあるので、一喜一憂しない心構えも大切です。そのためにも、長期的に取り組めるように余剰資産で始めるのが鉄則といえます。

ポイント2.目標を決める

目標期間や目標額を明確にしておくのも大切なポイントです。

短期間で大きく利益を得たいか、長期的に確実に資産を増やしたいかで運用方法も違ってきます。また、ゴールを設定しておくことでどれだけ手間と精神力を傾けることができるか見積もることができます。

ポイント3.初期費用で選ぶ

資産運用のためにある程度資金を貯めてから始められると、元手が大きい分リターンの額も当然大きくなりますので利益が出やすいといえます。

一方で、少額から始めたいのであれば投資信託や国債など始めやすいものから手をつけてみるというのも一つの手です。少額で始めれば損をしても痛手は少ないので、そういう意味でも初心者にはハードルが低いといえます。

はじめは誰でも初心者!ポイントをおさえて資産運用にチャレンジしてみよう

さまざまな資産運用の形と、資産運用を始めるにあたっておさえておくべきポイントについて解説してきました。

ちゃんとした知識があれば、投資はギャンブルのように怖いものではありません。お金のことを正しく知って、上手に運用していきましょう。
TOP