長期投資とは?短期投資との違いやメリット・デメリットを解説!

長期投資とは?短期投資との違いやメリット・デメリットを解説!

あなたは今までに、資産運用に挑戦した経験はありますか? 資産運用には長期投資と短期投資の2種類があって、どちらかで迷ってしまいます。 資産運用が気になっているけれど、失敗するかもと不安な人も少なくありません。 今回は、長期投資とはどんなものか?短期投資との違いも合わせて解説します。
あなたは今までに、資産運用に挑戦した経験はありますか?

資産運用には長期投資と短期投資の2種類があって、どちらかで迷ってしまいます。資産運用が気になっているけれど、失敗するかもと不安な人も少なくありません。

今回は、長期投資とはどんなものか?短期投資との違いも合わせて解説します。

長期投資とは?

長期投資はその名前の通り期間の長い資産運用のことで、短期間ではない取引のことです。投資をはじめた頃は利益が少なくても、長い期間でみて安定した収益が得られます。

ここでは、長期投資とはどんなものなのか?初心者にも分かるよう解説していきます。長期投資か短期投資かで迷っている人は、違いを見極めて検討してみてください。

金融資産を長期間に渡って持ち続けること

長期投資とは短期間で売買するのではなく、金融資産を長期間保有した資産運用です。時間の経過とともに長期投資になればなるほど、平均的にみて安定した収益が得られます。長期投資に確かな定義はないものの、3年から5年の期間が一般的といわれています。

10年以上もの長期投資をおこなう人もいて、長い目で見た資産運用が目的です。将来的に年金の受給が危ぶまれる可能性がある昨今では、老後に向けて長期投資を考える人も増えてきているようです。

複利の効果が得られる投資のこと

長期投資は「複利の効果」が得られる投資で、利益が利益を生む仕組みのことです。収益で受け取ったお金を再投資して、元本に組み込み分配金がさらに増える方法です。

将来的により多くの分配金を手にすることができて、不労所得も夢ではありません!長期投資で得た利息などの利益を再運用できるため、どんどん増やすことができます。

長期投資する方法とは?

長期投資にはさまざまな商品があって、じっくり資産運用するなら分散投資が人気です。資産運用や長期投資がはじめての初心者は、少額でスタートできる商品がおすすめです。自分1人だけでなく、困ったときに資産運用のプロに相談することもできます。

ここからは、長期投資にはどんな方法があるのか代表的な商品をご紹介します。

投資信託

投資信託はファンドとも呼ばれ、少額からはじめられる長期投資おすすめの商品です。投資家からそれぞれ集めたお金を1つにして、運用のプロにお任せするものです。

運用のプロが株式や債券に投資して資産運用をおこない、そこで利益が発生した場合に出資したみんなに還元する仕組みで、プロがいて分散投資が可能なのでリスク軽減もできます。

つみたてNISA

つみたてNISAは、コツコツと初心者でも安心してはじめられる長期投資の商品です。年間40万円までで、売買で発生した利益を非課税で資産運用できる制度です。主に高齢の60歳から70歳代の人の利用が多いですが、20歳以上なら誰でも利用できます。

一般NISAかつみたてNISAがあり、少額からはじめられる資産形成を目的とした商品です。一般NISAの投資上限額は120万円、つみたてNISAは40万円までで日本在住の人のみです。一般NISAは最長5年、つみたてNISAは最長20年まで運用が可能の積立の長期投資です。

国債

国債は国が発行する債券のことで、投資家たちに国が借金をするようなイメージです。国に投資したお金は満期が来るまで国に必要なことに役立てられ、必ず返ってきます。国に投資したお金には利子がつき、元本+利子を受け取れて1年ごとに利子は増えます。

債券を長期保有することで利益を増やすことができ、国への投資なので安心です。

不動産投資

長期投資には不動産投資もあって、こちらは初心者にはやや難しい運用です。不動産投資は不動産物件を購入して、必要な人に貸し出してその家賃が利益となります。

はじめる際はまとまった金額が必要なので少額とはいきませんが、後々家賃利益でお金を増やすことができるので元が取れる運用で、老後になっても長期投資に向いている商品です。

短期投資との違いとは?

長期投資は短期投資のような短い期間ではなく、長期に渡って資産運用するのが特徴です。長期投資も短期投資も基本的にやることは同じで、ただ期間だけが違う運用方法です。

短期投資は値動きを頻繁に確認し売買する反面、長期投資はじっくり見極めが必要です。ここからは、長期投資と短期投資との違いについて解説していきます。

投資への知識や経験が必要

短期投資と違って長期投資は、投資の積み上げた経験や知識が必要となってきます。短期投資は投資への経験や知識がなくても、運用しながら勉強することが可能です。短期投資は安く買って高く売るのが特徴で、頻繁に動きをみて売買を繰り返します。

長期投資は運用をはじめたらゆっくり時間をかけて、タイミングを見極めて売買します。

直ぐには収益にならない

短期投資は頻繁に売買を繰り返すため早くから利益が得られますが、長期投資は違います。長期投資は時間をかけてゆっくり運用して積立ていくので、直ぐすぐ収益が発生しません。短期投資のように些細な値動きに一喜一憂せず、将来的に時間をかけて資産形成します。

短期ではなく長期でおこなうので、時間をかけて安定した資産向上を目指せます。

拘束時間が長く精神力が必要

長期投資は短期投資と比べて、長期の運用で拘束される時間が長く忍耐力も必要です。焦らずにゆっくりと構えて運用する必要があり、将来の目標設定に向けて投資します。

はじめたばかりでは短期投資のように利益が出ず、長期投資を諦めてしまう人もいます。短期投資のようなこまめなチェックは不要なため、頻繁に時間をかけることはないです。期間が長いほど企業が成長する可能性もあるので、精神力も問われる運用方法といえます。

長期投資のメリットとは?

長期投資は少額からできてリスク軽減になるため、初心者でもはじめやすいです。長期投資は短期投資とは異なる方法で運用する特徴があり、メリットも豊富です。ここからは、長期投資のメリットについて解説していきます。

これから長期投資に挑戦したいという人は、ぜひはじめる参考にしてください。

少額からはじめられる

長期投資の最大のメリットは、コストの低い少額からはじめられることです。特に投資への経験が浅く知識の乏しい初心者の人は、高額では不安になりますよね。短期投資は何度も頻繁に動きをみて売買の取引をこなうので、手数料がかかります。

長期投資は短期投資より売買回数が少ないので、手数料も少なくすむのもメリットです。

定期的で安定した収益が得られる

長期投資は短期投資と違い、時間をかけてじっくり売買するタイミングを見極めます。短期投資に比べて直ぐに利益は出ないけれど、平均的に見れば安定した収益を得られます。また長期投資のどんな商品を選んで運用するのかによっても、多少の変化が出る特徴も。

収益の振れ幅となる波は小さいですが、収益の安定化が計れるのもメリットです。

運用時間を減らすことができる

長期投資は短期投資と比べて、大幅に運用時間を減らせるといったメリットがあります。短期投資の場合は値動きなどこまめにチェックする必要があり、何度も確認が要ります。長期投資は長期間保有し将来的に目標設定をおいた運用なので、確認の回数も少ないです。

確認回数が多いと時間のない人には難しいけれど、長期投資なら忙しくても運用可能です。

長期投資できる商品が豊富にある

長期投資は、長期投資できる運用商品が豊富に揃っているのもメリットです。投資信託や国債やつみたてNISAといった、1度は聞いたことのある商品ばかりです。

なかには、投資のプロに手助けをしてもらいながらおこなえる運用もあります。投資の初心者や長期投資に挑戦したい人も、安心安全に運用できるのも特徴です。少額からでコストも低く、3年、5年、10年といった長い目で見た資産運用が可能です。

長期投資のデメリットとは?

長期投資はメリットが豊富にある一方、デメリットも存在します。長期投資に挑戦するには、このメリットとデメリットの両方を理解するといいです。ここからは、長期投資のデメリットについて解説していきます。

投資には多少のリスクはつきものなので、あまり不安になる必要はありませんよ。

数年後の見通しが難しい

長期投資は投資した先の企業の、数年後の見通しをするのが難しいデメリットがあります。企業がどう成長していくのか、はたまた厳しい状況下におかれるのか分かりません。コロナウイルスのような、世界的に厳しい状況に陥る可能性も十分考えられますよね。

翌年ではなく、3年、5年、10年先のことは誰しも予測困難なことも頭に入れてください。

投資する際の効率が悪い

長期投資のデメリットとして、投資資金の効率が悪くなることがあげられます。長期投資は5年や10年といった長期間、100万円など大きな額を1つの商品で運用します。時間をかけて売買するタイミングが来るまで、資金は長期間寝かせた状態のままです。

1つの商品にこだわらずに、値が上がった一定のタイミングで売却するのがおすすめです。

その売却したお金でまた新たな商品に長期投資するといったように、乗り換え方式にしていくとさらに利益を生み出して金額を積み重ねていくことが可能となります。

長期投資のメリットとデメリットを理解したうえで挑戦しましょう

長期投資とはどんなものなのか?その方法や短期投資との違いを解説しました。長期投資も短期投資も基本的におこなっていることは同じで、期間が違うだけです。長期投資は時間をかけて売買するタイミングを見計らう一方、短期投資は何度も頻繁に動きなどを確認して売買を繰り返していくのが特徴です。

長期投資をはじめる前に、メリットとデメリットをしっかり把握しておくことが重要です。長期投資は直ぐには利益が出なくとも、長い目でみて安定した収益を得ることができます。長期投資におすすめの色々な方法の商品があるので、自分に合う投資を選んでください。
TOP