プルデンシャル生命の変額保険とは?仕組みやメリット・デメリットを解説

プルデンシャル生命の変額保険とは?仕組みやメリット・デメリットを解説

アメリカ最大級の保険会社「プルデンシャル生命」は、世界的に有名な会社ですがあまりよく知らない人も多くいるでしょう。 プルデンシャル生命では、終身型の変額保険を扱っています。 変額保険とは、株式や債権などを保険料に運用することができる保険です。 プルデンシャル生命の変額保険の仕組みや、メリット・デメリットについて解説していきます。
アメリカ最大級の保険会社「プルデンシャル生命」は、世界的に有名な会社ですがあまりよく知らない人も多くいるでしょう。プルデンシャル生命では、終身型の変額保険を扱っています。

変額保険とは、株式や債権などを保険料に運用することができる保険です。

プルデンシャル生命の変額保険の仕組みや、メリット・デメリットについて解説していきます。

プルデンシャル生命の保険とは

プルデンシャル生命が扱う変額保険とは、どんな仕組みになっているのでしょうか。終身型の変額保険なので、亡くなった後に残すお金が目的となります。

プルデンシャル生命の変額保険の仕組みや特徴について、みていきましょう。

保険料一時払い

プルデンシャル生命の変額保険は、支払い方法が一時払いか定期払いか選べることが特徴です。変額保険を扱う保険会社のほとんどは、定期払いのみを扱っています。

そのため、一時払いがある変額保険は珍しいことです。

一時払いは、まとまったお金を一度に支払うため、早くお金を増やすことができることがメリットですが、その分リスクが高いことはデメリットです。

一時払いは、死亡保険金を増やしたい人にならおすすめです。

保険料定期払い

変額保険の支払い方法は、全般的に定期払いが一般的です。コツコツとためていく方法なので、一時払いに比べて低リスクなことがメリットとなります。

そして何よりも安心できるのは、時間を分散して運用していくことで、安定性があることです。

プルデンシャルの変額保険は、支払い方法を選ぶことができることが特徴なので、どちらを選ぶかは目的で決めると良いでしょう。

特別勘定が6種類

プルデンシャル生命の変額保険は、6種類の特別勘定があります。それぞれの組み合わせは、10%単位です。

6種類の特別勘定は、総合型・債権型・株式型・米国債券型・米国株式型・REIT型となっています。

運用コストは、総合型・債権型・株式型が年率0.2%で米国債券型・米国株式型・REIT型は年率1.0%です。

変額保険のメリット

変額保険を利用するメリットについて解説します。

インフレの軽減リスクや解約返戻金の違いなどが、変額保険のメリットの特徴です。プルデンシャル生命の変額保険のメリットについて、みていきましょう。

終身保険よりも保険料が安い

変額保険は、他の生命保険よりも保険料が安いことはメリットです。保険料が安くなるのは、最終的な運用の責任が契約者にあることが安い保険料になるからくりとなります。

プルデンシャル生命で扱う終身保険と変額保険を比べると、変額保険の方があきらかに安くなっていることが特徴です。

ただし、契約者にその分リスクがあることも覚えておきましょう。

相続対策にできる

プルデンシャル生命の変額保険は、相続対策に効果的です。死亡保険は、税制の面で優遇されているので相続に向いています。

保険金には相続税がかからないので、変額保険で死亡保険金を増やして残すことはメリットです。そのため、特に変額保険の終身型はおすすめとなります。

最低保証がある

終身型の変額保険は、最低保証があることはメリットです。運用がうまくいかなかったとしても、最低保証を下回ることはありません。

もちろん、運用実績がよければその分お金は増えるので、増えることがあっても減ってしまうことがないためリスクが低いと言えます。

そのため、一時払いにしたとしても大きなリスクがなく増えることも期待することが可能です。

変額保険のデメリット

メリットがいろいろある変額保険ですが、デメリットも当然あります。変額保険のデメリットは、どんなことがあるのでしょうか。

プルデンシャル生命の変額保険利用するデメリットについて、みていきましょう。

終身保険は割高

プルデンシャル生命の終身型変額保険は、コストが高いことはデメリットです。保険費用が主になるため、ファンドに回る割合が低いと言われています。

死亡保障がメインとなる終身型は、保険料が割高なのは一般的ですが、全般的に割高であることも事実です。
しかし、プルデンシャル生命はパフォーマンスの高さは評価があるので、考え方によってはメリットとも取れます。

解約のペナルティ

プルデンシャル生命は、保証額が大きいため他社と比較すると高い保険料です。そのため、早期解約をした場合戻ってくるお金がごくわずかとなるため損失が大きいことになります。

支払う保険料が少なければ、早期解約した場合低いリスクですが保証額も少ないため判断することが難しいことが現実です。

ただし、何が起きるかわからない昨今の状況を考えると、高い保険料はリスクが高いとも言えるでしょう。

ライフプランナーの当たり外れ

プルデンシャル生命のライフプランナーについては、口コミで見る限り当たり外れがあるようです。優秀なライフプランナーが多いという評価がある一方で、説明不足と感じる意見もありました。

理解度の個人差があるため評価は難しくなりますが、変額保険は仕組みなど難しい部分があるので、わからないときは納得するまで担当者に聞くことが重要です。

死亡保険を安くしたいならプルデンシャル生命の変額保険を検討してみよう

プルデンシャル生命の終身型変額保険は、投資がメインではなく保険がメインとなります。

最低保証があるため、増えることはあっても損失が出ることはないので、残された家族のために死亡保険金額を増やしたい人におすすめです。

死亡保険金額を増やしたい人は、プルデンシャル生命の変額保険を検討してみましょう。
TOP