資産形成を保険で行うことに対してのメリットやデメリットを解説

資産形成を保険で行うことに対してのメリットやデメリットを解説

「将来のために資産形成をしたい……」よくこんな話を聞くようになりました。 いつお金が必要になるかわからない。 大きな病気をしたり、大きなけがをしたりすることだって考えられる。 そんな不安に対応するためにも、元気なうちに資産形成をしておきたいと考えている人が多いのではないでしょうか? そこで周りや街中の相談サービスなどに相談したときに、薦められる資産形成の方法として保険があります。 具体的には、終身保険、学資保険、個人年金保険など色々な保険が存在しています。 今回は、資産形成を保険ですることに対して、メリットやデメリットをまとめていきます。
「将来のために資産形成をしたい……」

よくこんな話を聞くようになりました。
いつお金が必要になるかわからない。

大きな病気をしたり、大きなけががしたりすることだって考えられる。

そんな不安に対応するためにも、元気なうちに資産形成をしておきたいと考えている人が多いのではないでしょうか?

そこで周りや街中の相談サービスなどに相談したときに、薦められる資産形成の方法として保険があります。

具体的には、終身保険、学資保険、個人年金保険など色々な保険が存在しています。今回は、資産形成を保険ですることに対して、メリットやデメリットをまとめていきます。

保険で資産形成をするときのメリット

資産形成を保険で行うときのメリットについてご紹介していきます。最初に、メリットやデメリットについて理解する前に、頭に入れて欲しいことがあります。

資産形成を保険でするにあたって、街の保険屋さんで相談することもあるでしょう。

しかし、そこで受けたセールスマンの言葉をすべてうのみにするのはやめた方がいいかもしれません。セールスマンはあくまでも、「販売員」なのでいかに利益を上げるか?という観点から保険を勧めてくることが多いです。

販売員の中には利益だけではなく私たち顧客のために、その人自身に合った保険を勧めている人もいると思います。一方で、利益しか考えていないセールスマンもいて、中にはとんでもない保険を薦めることもあるので注意してください。

一度落ち着いて「薦められたこの保険は自分にとって必要なものなのかな?」と考えてみることが大切だと思います。

保険会社に任せることができる

資産形成を保険で行うことに対して一つ目のメリットは、面倒な運用や知識が必要としないことです。あらかじめ決められている保険料を保険会社に振り込むだけなので、簡単に始められます。

毎月の自動引き落としで貯蓄できる

先ほど、保険料を保険会社に振り込むだけで簡単に資産形成ができるとお伝えしました。その支払い方法は、銀行口座からの自動引き落としによるものが多いです。

あまり貯蓄が続かないと悩む方にとっても、続けやすいということもメリットと言えるのではないでしょうか。

万が一何か問題があったときには保険金が下りる

保険が満期を迎えてお金が戻ってくるのはもちろんのこと。万が一何か問題が起こったとき、たとえばけがや病気をしたときには、配偶者や子供の生活を保障するためにお金が戻ってきます。

こちらもメリットと言えます。

保険で資産形成をするときのデメリット

先ほどは、資産形成を保険で行うメリットを解説してきましたが、ここからはデメリットについてです。

デメリットについては、セールスマンの方もあまり触れないでしょう。ここではしっかり解説していきますので参考にしてくださいね。(笑)

保険料が高額になりやすい傾向にある

資産を形成するための保険は、保険料が高額になるケースが多いです。理由についてご存じでしょうか?

保険料の中には、あなたの保障だけではなく、他の契約者の保障するための積立も含まれているからです。保険料が高く家計を圧迫することは、大きなデメリットと言えるでしょう。

途中解約をすると元本割れすることがある

二つ目のデメリットは、途中解約をすることで支払った金額よりももらえる金額が少なくなる元本割れのリスクがあることです。

基本的に保険というのは、長期的に契約することを前提としたものとなっています。保険の加入期間が短い状態で解約すると、受け取る金額が支払った金額を超えることはなくなります。

元本割れをする可能性があるということは、必ず頭に入れておく点だと思います。

貨幣価値の低下に対応できない

貨幣価値の低下に対応できないとはどういうことでしょうか?

具体的に話をすると、今の10万円という価値が、数十年後には10万円の価値があるとは限らないかもしれないということです。

詳しく説明すると長くなってしまうので短くまとめますが、国の借金が膨らんでいくと、お金をたくさん刷る必要がでてきます。

政府がお金をたくさん刷ることでインフレに向かっていき、お金が増える分、お金の価値が下がるということです。

話を元に戻すと、今持っているお金の価値と数十年後の同じお金の価値が、同じ価値を持っているとは限らない。よって、元本割れしない保険だったとしても、インフレが起こることによって実質受け取る金額が減る可能性があることです。

こちらも注意が必要になります。

資産形成を保険でする場合には自分の頭で考えて行動しよう

資産形成を保険で行うということについてまとめてきましたが、いかがでしょうか?

今回一番お伝えしたいのは、資産形成をするときにはセールスマンの話をうのみにしないこと。例えセールスマンが薦めてきたとしても、自分の頭で考えることや、保険について調べることが重要になってきます。

自分の将来のことなので、あまり他人任せにするのはよくないですよ。将来のためにも、より良い資産形成を築いていけるといいですね!
TOP