お金が貯まる人と貯まらない人の性格!どこが違う?お金を貯めるコツを解説

お金が貯まる人と貯まらない人の性格!どこが違う?お金を貯めるコツを解説

お金が貯まらないと悩んでいる人は、どこかに必ず原因があります。そして、お金が貯まるのは収入の多さには比例しないことを知っていましたか。 お金が貯まる人の性格と貯まらない人の性格には、決定的な違いがあります。お金が貯まる人の性格や習慣、貯めるコツについてチェックしていきましょう。
お金が貯まらないと悩んでいる人は、どこかに必ず原因があります。そして、お金が貯まるのは収入の多さには比例しないことを知っていましたか。

お金が貯まる人の性格と貯まらない人の性格には、決定的な違いがあります。お金が貯まる人の性格や習慣、貯めるコツについてチェックしていきましょう。

お金が貯まる人の性格

お金が貯まる人は、収入の多さには比例しません。高収入だからといってお金が貯まるわけではなく、収入が低くてもお金が貯まる人もいます。

お金が貯まるかどうかというのは、収入の額ではなく性格によるところの影響が大きいのです。貯蓄ができるお金を貯めることができる人というのは、どんな性格なのかみていきましょう。

几帳面な性格

どんなことでもキッチリしていないと気が済まない几帳面の性格は、お金が貯まりやすい性格です。家や会社のデスクなどが、いつも整理整頓されていることが特徴で身だしなみもきちんとしています。

几帳面な性格なため、お金の収支も把握してお金の管理をするためお金が貯まりやすいことにつながります。なぜなら、家計簿で収支を管理し月初めには使うお金と貯蓄に回すお金を分けるなど徹底したお金の管理ができるためです。

そのため几帳面な人は、どんなに面倒なことでも決めた通りやらないと気が済まないので、お金の管理も同じようにきっちりしているわけです。

マメな性格

お金を貯める技などに対してアクティブに行動することができる、マメな性格の人はお金が貯まりやすい性格です。たとえば、スマホのプランや公共料金の支払いなど、こまめに調べて得な情報を集めるなど積極的にリサーチします。

買い物にしてもどこで買うのが得なのか、日々情報収集を怠りません。わずかな割引きであっても日々の積み重ねは、大きな差を生みます。

そのため、マメな性格でアクティブな人はお金が貯まりやすい行動を取ることができるのです。アクティブな人は交友関係も広いことが多いため、知り合いからお得な情報を得ることもできます。その情報からすぐに行動に移すマメさもあるので、自然にお金が貯まっていくのです。

意思が強い性格

意思が強い性格の人は、欲求を我慢することに長けています。たとえば、欲しい物があったときにお金が足りない場合、我慢をしてお金を貯めてから買おうと決意できるのです。

意思が弱い人だと、クレカなどを使って買ってしまいお金を散財してしまうことになり、結果的に借金のループに陥ることにもなります。意思が強い人は、後先を考えて自分の欲求を抑えることができるため、計画的なお金の管理ができるわけです。

友人の誘いがあったとしても、給料日前で使えるお金が少なければ断ることができ、人に流されてしまうようなことはしません。意思が強い性格の人は、自分の生活の管理を自分でできることが強みです。

お金が貯まる人の習慣・行動

お金が貯まる人は実際どんな習慣があり、どんな行動を取っているのでしょうか。彼らは自然とお金が貯まる習慣を取っているからこそ、貯蓄することができます。

お金を貯めようと考えることは同じであっても、お金が貯まる習慣や行動が間違っていると貯蓄につながらなくなります。お金が貯まる人の習慣や行動について、みていきましょう。

整理整頓や片付けができる

お金が貯まる人の特徴は、整理整頓や片付けができることです。お財布の中身がスッキリしていて、お財布の中にお金がいくら入っているのか常に把握できる状態にしています。

もちろんお財布だけではなく、かばんの中や家などすべてが片付いているため、無駄なお金を使うことがありません。整理整頓ができていれば、物を失くすことや無駄にすることがありませんよね。

決まった場所に物があり、掃除や片付けをこまめにしていればすべての状態を把握できます。そのため、お金の管理だけでなく生活すべての管理ができることで、無駄なお金を使わずに済みます。

貯金をしてから使えるお金を計算する

お金が貯まる人は、給与が入った時点でまず貯金をします。毎月決められた金額を貯蓄し、公共料金などの支払いを仕分けしてから自由に使える金額がいくらあるか確認して振り分けます。

お金が貯まらない人がやりがちなのは、余った分を貯金しようとする方法です。決めていた貯金額があっても、この方法だと少しくらいいいかと使ってしまうため、結果貯金できずに終わってしまうこともよくあります。

お金が貯まる人は、最初にお金を移動させてしまうことで、無駄遣いをすることを防ぐことが可能です。そのために、口座を分けて作り固定費などは出し入れできないようにしてしまうなど工夫をしています。

収支と支出を把握している

お金が貯まる人のほとんどがやっている習慣は、収支と支出を把握していることです。いくら収入がありいくら使ったのかを把握することで、収支のバランスが取れているかを確認します。

自分が決めた目標に対してオーバーしていないかなどが確認できれば、翌月調整するなどバランスを取ることも可能です。まったく何も考えずにお金を使っていると、知らず知らずのうちに無駄遣いをしていることが意外と多いことになります。

自分がどのくらいお金を何に使っているのか、しっかり把握しておく習慣をつけることはお金が貯まる行動になります。

お金を散財してしまう人の性格

お金を貯めたいけど結局お金が残らないという人は、貯金をしたいけど収入が低いからできないと思っていませんか。貯金ができない人は収入の問題ではなく、性格が影響していることも考えられます。

ついついお金を散財してしまう人は、どんな性格の特徴があるのでしょうか。お金を貯められない散財してしまう人の性格について、みていきましょう。

堪え性がない性格

衝動買いをしてしまったり、クレカを使ってでも買い物をしてしまったり、無計画に散財してしまう人は欲望に対する堪え性ない傾向があります。買い物に出かけて欲しいものをみつけたら、なにがなんでも手に入れないと気が済まないタイプは、お金をあるだけ使ってしまうタイプです。

このタイプに多いのは、買うことに満足をするということがあります。買って満足し、物はたんすの肥やしとなり家中に物が溢れる結果がよくありがちなパターンです。

お金を貯めたいのなら一旦家を片付けて、買い物をするときに必要なのかどうか冷静に考える癖をつけるようにしましょう。

面倒くさがり屋の性格

面倒くさがりの性格は、お金を貯めることが遠のく性格です。一見、お金を使わないのではと思われがちですが、楽をしようとするためお金を散財してしまう傾向があります。

たとえば、楽ができるキッチングッズがあるとします。あまり家事をしないのに、そういった便利グッズを買ってしまい次から次へと同じような便利グッズを買ってしまうことを繰り返すのです。

そして面倒くさがりの性格の人は、マメな人がやるような情報収集もしたがらないので、積み重ねとなる節約術などもやりたがりません。結果としてお金を散財してしまうことになるわけです。

約束にルーズな性格

約束や時間にルーズな人は、自分に対して甘い傾向があります。ルーズな性格が、お金が貯まらない原因になるのと思うかもしれませんが、とても関係性があるのです。物事に対してルーズな人は、ちょっとしたことならこれくらいならいいかと思ってしまいがちです。

たとえば、給料日まであと5,000円しかないのに飲み会に行ってしまい、足りなくなると友人からお金を借りたりキャッシングしたりを平気でします。後先を考えずに行動してしまうことが多く、お金に関してもルーズになりがちです。このようなことを繰り返していると、当然ですがお金は貯まりません。

お金を貯めるためのコツ

お金が貯まる人の性格や習慣などを参考にして、お金を貯めるためにはどうしたらよいのでしょうか。いつもお金を散財してしまう人や、節約しているつもりなのにお金が貯まらない人は、ちょっとした習慣を変えることでお金を貯めることができます。

自分に甘く欲求に負けてしまう人は、お金が貯まる人になるためのコツをチェックしてみましょう。

言い訳グセを改善する

お金が貯まらない理由を、何かのせいにしていませんか。たとえば、収入が低いことや家賃が高いこと、飲み会が多すぎるなどです。

どの理由もただの言い訳に過ぎないと、自分に言い聞かせましょう。収入が自分と同じくらいの人でも、お金を貯めている人はいるはずです。

家賃が高いというのなら、引っ越すかそれに見合う生活をすればいいだけですし、飲み会が多すぎるというなら減らせばいいだけではないでしょうか。最善の努力をした結果ではないのに、あれこれ言い訳をするのは大人げないのでその癖も治す方が良いでしょう。

お金を貯めると強い意思があるなら、言い訳をすることをやめることをおすすめします。

身の回りを整理する

お金が貯まる人は整理整頓ができる人なので、まずは自分の身の回りを片付けましょう。物が多い人は思い切って断捨離をするくらいの勢いで、必要なものだけにしてください。

片付けてみると、必要なものは意外と少ないことに驚くかもしれません。身の回りを整理したら、その状態をキープするために物を増やさないようにします。

お皿が一枚割れてしまったらお皿を一枚買う、靴下がヨレヨレになったら捨てて新しいものを買うという癖をつけましょう。物を片付けて増やさない習慣をつければ、自然と無駄遣いがなくなります。

結果として貯金に回せるお金ができ、お金が貯まるようになるわけです。

我慢をして節約する

お金を散財してしまう人は、衝動買いをする癖をなくすことが大事です。無計画なまま好きなように買い物をしていたら、お金が貯まるはずはありませんよね。

特に収入がある程度ある人がやってしまいがちなので、我慢と節約を心がけることが必要です。あればあっただけ使ってしまう人は、出し入れできない口座に予め貯金額を入れる習慣をつけると良いでしょう。

欲しいものを買うのではなく、必要なものを買うという考え方に変えるだけでも無駄遣いは減ります。我慢することを覚えて、本当に欲しいものを手に入れることができると思えばやれるはずです。

お金が貯まる人の性格を参考にコツコツと貯金をしよう

お金が貯まる人の性格や習慣について解説しました。いつまでたっても貯金が増えない人や、貯金ができないのは収入が少ないからと諦めていた人は、お金が貯まる人の性格や習慣を参考に見直してみましょう。

ちょっとした行動で、無理なくお金を貯めることができるのならやってみるべきです。いざというときのために、今のうちからお金を貯める癖をつけてコツコツと貯金をしていきましょう。
TOP