国内債券の利回りはメリットやデメリットがあるのか?

国内債券の利回りはメリットやデメリットがあるのか?

国内債券はおすすめと言われていますが、本当にそうなのでしょうか? 今回は注意点やメリットなど、良い点と悪い点を照らし合わせて紹介していきましょう! これから国内債券を検討している人はぜひ参考にしてみてくださいね。
国内債券はおすすめと言われていますが、本当にそうなのでしょうか?今回は注意点やメリットなど、良い点と悪い点を照らし合わせて紹介していきましょう!

これから国内債券を検討している人はぜひ参考にしてみてくださいね。

国内債券は利回り面の不安がある?

こちらでは国内債券の注意点について見ていきましょう。利回り面のリスクがあるのでしょうか?

信用リスク

基本的に国内債券は信用リスクの問題があります。

国債の場合は日本が発行しているので安全性は高いですが、社債などは財務状況が悪化するなどで破たんしてしまう可能性があります。

最悪、倒産してしまった場合は元本をすべて失ってしまうことになるのです。

流動性リスク

売買の活発さにおけるリスクを流動性のリスクと言います。

債券の発行量、人気の度合いなどで売却したくても売れないこともあるのです。売買は売り手だけではなく、買い手が存在してこそ成り立ちます。

あまり人気じゃない銘柄の場合は流動性リスクによって、売りたくても売れない状況になります。

価格変動リスク

市場で取引が可能な債権は日々価格が変動しています。

そのため、中途売却を狙おうとしてもそのタイミングで価格が変動してしまい、その結果損失に繋がってしまうことがあるのです。

ただ、それじゃ逆の意味もあります。

安く買い付けたものが高くで売れることもあるので、その辺のリスクはある程度受け入れなければいけないのかなって思います。

価格変動リスクについてはメリットに転ぶ場合もあると覚えておきましょう。

国内債券の利回りでメリットがある?

こちらでは、国内債券の利回りでメリットがあるのかをチェックしていきましょう。どんなメリットがあるかを知ることで、自分が国内債券に向いているか見極めることができます。

預金よりも高金利

基本的に預貯金よりも国内債券の方が高金利です。定期預金の場合、100万円預けたとしましょう。

しかし、1年で増える利子は100円ほどなのです。

そのため、国内債券の方が預貯金よりも高金利なのでおすすめです。特に国債であれば安全性が高いので安心して投資ができます。

100万円貯金して利息が100円って…。

雀の涙も真っ青な金利ですよね、これって…。

手軽にできる

株式投資の場合は会社の経営状況などもしっかり調べないといけませんよね。でも、国内債券であれば手軽に始めることができるのです。

債券は保有するだけで構いません。

途中売却を狙っているなら、若干大変ですがそれを狙わないなら保有するだけで利息の受け取りが可能となります。

利益計算がしやすい

株式投資の場合、株価の変動があるため明確な予想が出来ないのが現状です。しかし、債券の償還期間と利率が予め決まっているので激しい価格変動にビクビクしなくても済みます。

ただ、変動金利の債券ではリターンの計算が難しいですが固定金利であれば簡単に計算できます。自分が将来受け取る金額も計算して調べることができるので、将来設計にも役立つんですよね。

しっかり自分の受け取る金額などを調べたい人は、株式投資よりも国内債券の方がおすすめです。

メリットとデメリットを比較しよう

国内債券と言ってもメリットとデメリットがあります。

デメリットだけに注目してもいけませんし、メリットだけを見て楽観的にもなれません。両方を総合的に見て、自分に合うかどうかを見極めてくださいね。

初心者におすすめされていますが、リスクがないわけではないということも覚えておきましょう。
TOP