資産運用が上手くいかない人の特徴は?資産運用が失敗する理由について解説します

資産運用が上手くいかない人の特徴は?資産運用が失敗する理由について解説します

資産運用にはリスクがつきものです。 しかし、押さえるべきところを押さえておけばリスクは最小限にとどめることができるものです。 この記事では資産運用で失敗する人が陥りがちな間違いについて解説します。
資産運用にはリスクがつきものです。

しかし、押さえるべきところを押さえておけばリスクは最小限にとどめることができるものです。この記事では資産運用で失敗する人が陥りがちな間違いについて解説します。

資産運用が上手くいかない理由

まずは、資産運用をしていて上手くいかない場合の原因についていくつかピックアップして解説します。上手くいかないと感じている人は、自分がどれかに当てはまっていないかチェックしてみてください。

理由(1)不勉強のまま始めてしまった

最近では手軽に始めることができるイメージも強くなってきた資産運用ですが、お金のことであり変動するものを扱うので、やはりある程度の知識は必要です。

ネットや知人からの言葉ですすめられるままに始めてみたら思っていたのと違っていた、リスクを見落として損をした…という話もあります。

投資全般についての基礎的な知識と、自分が扱う金融商品の情報はしっかりと頭に入れて始めるのがよいでしょう。

理由(2)リスクマネジメントがうまくいっていない

資産運用にはリスクがつきものです。

ここでいうリスクマネジメントは、リスクを避けるという意味の他に「リスクを取りすぎない」ということも含まれます。短期的に見てリスクと捉え、安易に動かしてしまうことで利益を逃したり、損となるタイミングで売ってしまったりというのも初心者にありがちです。

理由(3)結果に一喜一憂する、長期的・俯瞰的視点がない

リスクマネジメントの項目と重なる部分もありますが、日々の細かな変動に一喜一憂して感情ベースで動いてしまうのも失敗のもとです。

資産運用はあくまで中長期的な視点でみるものです。長い目で、また自分の扱う商品についてのみならず広い視野を持って値動きを判断することが必要になってきます。

理由(4)人の意見を聞かない

人の言うことやネット情報に振り回されすぎるのもよくないのですが、自分だけで判断したり、固定観念にとらわれすぎたりするのも望ましくありません。

あくまで情報は広く得て冷静に受け止め、その上で自分の判断を働かせることが大切です。

理由(5)目標が明確になっていない

目標を定めないでなんとなく始めてしまうと、資産運用にかける手間や精神的なコストにつける区切りが見えなくなってしまいます。

長く時間をかけるなら、その分短期的な利益に振り回されずじっと待つ心構えが必要になりますし、短期的に利益を出したいなら瞬時の判断力が必要です。

自分の求めるもの、自分に合った目標設定をして、それに見合った運用をしていくようにしましょう。

資産運用で上手くいかない人がとるべき対策

それでは、資産運用で失敗しないためにできる対策をいくつか紹介します。

まずは少額から始めてみる

とくに初心者向けの方法として、少額の投資から始めてみるというのはおすすめです。

なぜなら、始めるハードルが低くなり、一喜一憂せずに長い目で見る忍耐も身に着けやすく、そして失敗したときにも損害が少ないからです。

コツがつかめてきたら少しずつ増額したり、いくつかの資産運用を並行してみるのもよいでしょう。

ルールを決めて運用する

上で何度も述べたように、資産運用に慣れない人ほど一喜一憂してあれこれいじってしまいがちです。しかし、一時的な値動きではなく大局で見ることが肝要になってくる資産運用では、あらかじめルールを設定しておくことをおすすめします。

よほど情勢に大きな変化がない限り、自分の決めたルールを守るようにしていきましょう。そうすることで、少しずつ着実に資産を増やしていくことができます。

リスクを分散させる

ひとつの銘柄、一つの運用方法にこだわりすぎるのではなく、投資先をいくつかに分散させておくことでリスクも分散させることができます。

ひとつに賭けるとどうしてもその動向ばかり気になってしまうものです。実際のリスクの上でも気持ちの上でも、資産を分散させておくことは賢い選択といえるでしょう。

資産運用が上手くいかない理由を学んで、手堅く始めよう

資産運用が上手くいかない人の特徴やその理由について解説しました。

自分に当てはまるものはあったでしょうか。資産運用は上手に行えばこつこつと蓄えを増やしていけるものですので、しっかり学んで手堅く実践していきましょう。
TOP