仮想通貨のリップルとは?基本情報から予測されている今後まで

仮想通貨のリップルとは?基本情報から予測されている今後まで

仮想通貨が再度の盛り上がりを見せています。 ビットコインの高騰を受け、連動するかのように他の仮想通貨(アルトコイン)も高値を付けました。 数あるアルトコインの中で根強い人気のリップル。 その魅力に迫ります。
仮想通貨が再度の盛り上がりを見せています。

ビットコインの高騰を受け、連動するかのように他の仮想通貨(アルトコイン)も高値を付けました。数あるアルトコインの中で根強い人気のリップル。

その魅力に迫ります。
仕組み自体は2004年から考案され、2013年配布が正式に開始されました。2021年3月29日現在、時価総額第7位の暗号資産(仮想通貨)です。

リップルって?

via pixta.jp
リップル保有者は「リップラー」なんて呼ばれます。私もリップラーで、健やかなるときも病めるときもリップルとともに歩んできました。

できればもっと元気を取り戻していただきたい…なんて思いを馳せながら、リップルとはどんなコインなのかを見ていきましょう。

時価総額第4位の仮想通貨

暗号資産時価総額ランキングの4位に位置するリップル。XRPと表記されます。

発行枚数は1000億枚で、すでに全てのXRPが発行済です。発行枚数でみれば、XRPはビットコインをはるかに超えています。

世界の中でも日本でとりわけXRP人気が高い特徴があります。その背景には大手企業も支持・支援などが考えられ、支持層が厚いアルトコインです。

リップル社によって管理されている通貨

XRPの特徴は「中央集権的」であること。仮想通貨には珍しくリップル社が発行元となっており、ブロックチェーンではなくXRPレジャーと呼ばれる台帳システムを使用しています。

XRPレジャーのサーバーを管理・運営しているのはリップル社です。

リップル社は価格の乱高下を防ぐために、毎年少しずつ市場にXRPを放出し、運営資金を確保しています。
きわめて中央集権的な仮想通貨なのです。

国際送金で注目される

XRP最大の魅力は国際間送金での使用です。仮想通貨そのものが得意とする分野ですが、XRPはとりわけスピードが特出しています。

現状、国際間送金は数日以上かかるのが平均的。その上手数料も数千円と高値です。

XRPなら送金スピードは約3秒!

しかも送金にかかる手数料も安価なため、世界中で採用されれば既存のサービスを覆すと程の影響を当たるでしょう。

リップルの今後が楽しみな理由

via pixta.jp
リップラーは必ずやXRPが世界で使われる日がやって来ると信じてがっちりホールドしています。でも根拠が全くないわけではないのです。

なぜ、XRPはこうも期待がされるのか。今後が楽しみな理由を知ってください。

基軸通貨としての期待

国際通貨の中でも中心的な存在を基軸通貨と呼びます。現状であれば何と言っても米ドルでしょう。

XRPが基軸通貨?と疑問に思うのも不思議ではありません。ここで言う基軸通貨とは取引所での話。

XRPを基軸として仮想通貨の取引ができる取引所が増えています。XRP建てで他のアルトコインを購入することができるのです。

金融機関との提携

XRPがそもそも注目され、アルトコインの中でも安心感がある理由は金融機関との提携です。日本では三菱UFJ銀行、みずほフィナンシャルグループ、ゆうちょ銀行が提携しています。

銀行間でのXRPを使った国際間送金の共同研究もなされており、今後もっと実用化されていくことが期待できるのです。

そして、XRPでの国際間送金が実用化された際、XRPの価格が上がることは目に見えています。

リップル社が日本へ移転か?

リップル社の本社が日本に移転されるのでは?と言われています。現在、リップル社はアメリカ証券取引委員会から提訴をされている状況。

XRPがリップル社から発行されているため、有価証券にあたるという主張です。

この裁判の結果によっては、本社を日本に移動させる可能性があるのでは?と言われています。リップル社のCEOは「日本は非常に健全な市場が発展する環境を作り出している」と評価しています。

根強い人気のリップルは注目の的!

XRPは大手メガバンクが提携していることで大きな安心感があります。そのため、根強い人気があり、また価格も今のところ1XRP=数十円と手が出やすいのも魅力。

今後、アメリカ証券取引所との裁判に注目をしながら、あなたもリップラーになりませんか?
TOP