20代で知っておきたいお金!保険で備えよう!

20代で知っておきたいお金!保険で備えよう!

20代は就職や結婚などのライフイベントが起こりやすい時期です。 自由を満喫できる年齢ではありますが、将来への備えも考えておかなければいけません。 20代が保険を選ぶときのポイントをまとめました。
20代は就職や結婚などのライフイベントが起こりやすい時期です。

自由を満喫できる年齢ではありますが、将来への備えも考えておかなければいけません。20代が保険を選ぶときのポイントをまとめました。

20代でも保険は必要なの?

保険というと必要になるのは年をとってから、結婚してからと考える人もいるかもしれません。20代でも保険は必要なのでしょうか。

トラブルに備えるために保険が必要

保険は万が一の事態に備える手段の一つです。

保険は備えるトラブルによって種類が変わります。対象者の死亡に備える死亡保険、病気やけがに備える医療保険、病気やけがで入院して働けなくなったときに備える就業不能保険などがあります。

自分が備えたいと考えるリスクに合わせた保険を選ぶことがポイントとなります。

20代で加入したほうがお得な場合も

20代は30代、40代と比べて死亡や病気のリスクは低くなります。

そのため20代はそれ以上の世代と比べて保険料は安くなる傾向があります。病気や死亡のリスクは年を取れば高くなるので、若くて健康な時の保険加入がおすすめです。

将来の資金として使える

保険の中には保障と貯蓄の機能が合わさった保険商品もあります。

保障を受けながら貯蓄ができる保険で、保険期間終了後には満期保険金や年金としてお金を受け取ることができます。掛け捨て型保険よりも保険料は高額になりますが、将来に備える資金作りの手段と知識が得られる優秀な商品です。

20代の保険の選び方

保険に入るときに考えて欲しいのが、何のために、誰のために保険に加入するのかという点です。
保険をどのように選ぶのか紹介します。

病気やケガにはどのくらい備える

日本には公的医療保険制度があるため、健康保険か国民健康保険に皆が加入しています。自己負担額が3割になり、高額療養費制度で高額な医療費は還付を受けられることもあります。そのため、病気やケガには公的保険を利用して備えるという考え方もあるでしょう。

また働き方によってもリスクが変わります。

勤務先の健康保険であれば、病気やけがで仕事を休めば疾病手当金を受け取ることができます。しかし、自営業など国民健康保険の場合はこの制度がなく、治療中のお金に困ってしまうリスクがあるでしょう。

病気やけがに備えるためには今受けられる保障の程度、保有している預貯金の額でカバーできるかを考えておきましょう。

ライフステージによって違う保険の選び方

保険の選び方はライフステージによっても変わってきます。

例えば独身であれば、家族のための死亡保険はそこまで手厚くしなくても問題ないかもしれません。そのため病気やケガで収入が途絶えた場合のリスクをに備えることが大切になるでしょう。

一方で既婚の場合は自分の医療保険やがん保険だけでなく、家族の保険も考えておかなければいけません。共働きであれば残された家族の収入も確保されているため、死亡保障は少なめでも問題ないかもしれません。

しかし、そうでなければ稼ぎ手の死亡で生活が困窮してしまうリスクがあります。死亡保障を手厚くしておくようにしましょう。

これから妊娠、出産となる可能性があるのであれば、そのリスクも考えて医療保険に加入するようにおすすめします。妊娠や出産は帝王切開など手術になるリスクもあります。妊娠がわかってから医療保険に加入しようとすると、制限がついたり保障の範囲が狭くなっらりすることもあるので、早めに加入してください。

保険はライフステージによって見直そう

20代はライフステージも大きく変動するときです。

保険に入ったから安心ではなく、ライフステージの変化ごとに保険を見直しましょう。お金と上手く付き合うには、自分に必要な支出を考えましょう。

結婚や出産になってからお金や保障のことを考えるのではなく、余裕をもって20代から用意しておくことで将来にかかる負担を減らすことができるでしょう。
TOP