短期投資と中期投資や長期投資のメリットやデメリットについて

短期投資と中期投資や長期投資のメリットやデメリットについて

投資方法と言っても、短期、中期、長期とさまざまなものがあります。 今回はそれぞれの投資方法のメリットやデメリットについて紹介していきましょう!(^^)! 自分に向いているスタイルを見つけてみてくださいね!
投資方法と言っても、短期、中期、長期とさまざまなものがあります。今回はそれぞれの投資方法のメリットやデメリットについて紹介していきましょう!(^^)!

自分に向いているスタイルを見つけてみてくださいね!
投資とは利益を見込んで自己資金を投じることです。例えば、利益を期待して投資信託や株式などを購入することが投資にあたります。

それぞれの投資方法によるメリットは?

こちらでは、各投資方法のメリットを紹介します。どんな特徴があるのかをしっかりチェックしてください!

短期投資

売買頻度が高く、株価を見ながら目まぐるしく投資をする方法です。何度も取引を繰り返すことで利益をあげていきます。

少ない資金でリターンをあげていきますが、高額ではなく少額のリターンを多く出していくのです。すぐに利益確定できる魅力があります。

中期投資

短期にも長期にも当てはまらないのが中期投資です。数ヶ月から2年ほどの投資期間を指します。短期投資のように張り付く必要はないので、ある程度余裕を持って投資をすることができます。

長期投資ほど待たずに利益確定ができるので、短期以上の利益を見込むことができるのもメリットです。

長期投資

5年から10年のスパンで投資をする方法です。最大の魅力は大きなリターンでしょう( `―´)ノ

良い企業の株を保有できれば、安定的に稼ぐことができます。年単位での投資となるので、ストレスも手間もかかりにくい投資と言ってもいいでしょう(‘ω’)ノ

それぞれの投資方法によるデメリットは?

こちらでは、各投資方法のデメリットについて見ていきましょう。メリットだけではなく、デメリットも知ることでしっかりと対応することが出来ます!

短期投資

短期投資のデメリットは張り付いていないといけないということです。慌ただしく投資をしなければいけないので、なかなか気が休まる暇がありません。

売買回数をこなすこともあって、手数料にも気を付けないといけません。

証券会社の多くが取引ごと、1日定額のスタイルになっているので、手数料の負担を減らすためにも1日定額の設定にしておきましょう。

中期投資

中期投資のデメリットは自分でしっかりルールを持っていないと、ずるずるとダメ株を保有してしまうことです。

「もう少し様子を見た方がいいんじゃないか」と考え続けることで、結局手放すタイミングを逃してしまうという失敗例も少なくありません。ダメ株の保有塩漬けには注意しましょう。

長期投資

長期投資は企業の暴落局面を乗り切れるかどうか、というところですね(;^ω^)長く保有していればコンスタントに良い状況ばかりが来るわけではありません。必ずと言っていいほど暴落局面に面する時が来ます(;´・ω・)

その時にしっかり見極められるかどうかを確認しなければいけません。暴落ですぐに手放すのではなく、すぐに落ち着く暴落なのかそれとも長く続くのかなどをしっかり見極められるようにしないといけません。

こういった場面を防ぐために長期投資において分散投資は必須と言っても過言ではないのです。一つの企業にこだわるのではなく、分散投資をしてリスク軽減に努めましょう。

自分のライフスタイルに合わせた投資方法を選ぼう

投資方法は紹介したようにさまざまなものがあります。そのため、ライフスタイルに合わせた投資方法を見つけてくださいね(‘ω’)ノ

サラリーマンが投資をするなら中長期投資がおすすめです。短期もいいのですが、仕事の状況によっては売買が出来ない状態が続く可能性もあります。

ライフスタイルに合わせることでゆとりを持って投資に臨むことができます。せかせかとして投資に臨んでも失敗してしまったというケースも珍しくないのです。

そうならないために、自分に相応しい投資方法にこだわるようにしましょう( `―´)ノ
TOP