住宅ローンの借り換え時期や注意点について

住宅ローンの借り換え時期や注意点について

住宅ローンは最初に決めた金融機関で払い続けることもあります。 しかし、少しでも返済費用を抑えるために借り換えをする人もいるのです。 今回は住宅ローンの借り換え時期や注意点について紹介していきましょう(`・ω・´)
住宅ローンは最初に決めた金融機関で払い続けることもあります。しかし、少しでも返済費用を抑えるために借り換えをする人もいるのです。

今回は住宅ローンの借り換え時期や注意点について紹介していきましょう(`・ω・´)
借入れには、借入れする人・物件の両面からの審査があります。利用できる住宅ローンの特徴をあらかじめ知っておくと、資金計画も慌てることなくたてられます。

住宅ローンの借り換え時期について

住宅ローンの借り換え時期にはタイミングがあります。

いつでも借り換えていいわけではなく、安易な選び方をすると逆に損をすることもあるので注意しなければいけません。

更新で金利が高くなった時

住宅ローンは金利を見直すタイミングがあります。金利が下がる場合もあれば、逆に高くなることもあるのです。

一概にすべての金融機関が同じとは言いませんが、どちらかと言えば高くなる傾向があるようです。そのため、更新によって金利が高くなり返済金額が増えることもあります。

好条件の金融機関を見つけた時

住宅ローンの契約時から年数が経ち、現在契約中の住宅ローンよりもお得な金融機関を見つけることがあります。好条件の金融機関を見つけたのであれば、ある意味住宅ローンの借り換え時期が来ていると考えてもいいかもしれません。

好条件であれば、総返済額などを押さえて少しでも出費を抑えることが出来ますよ。

転職する前

住宅ローンの借り換えの場合、再度審査があります。そのため勤続年数なども審査時のチェックポイントとなるので、転職後に借り換えるよりも転職前に借り換えた方が審査も通る可能性が高くなるのです。

基本的に勤続年数が1年未満であっても審査はしてもらえます。

ただ、審査を通過するのはなかなか難しいようなので注意しましょう。

住宅ローンの借り換え時の注意点とは?

via pixta.jp
こちらでは、住宅ローンの借り換えによる注意点を見ていきましょう。住宅ローンの借り換えを検討している人は、どんな注意点があるかを覚えておきましょう。

再審査が必要になる

先述したように、住宅ローンの借り換えは再審査が必要です。

A銀行で住宅ローンの審査が通ったからと言って、B銀行に借り換える際に不要ということはないです。再審査が必要になるので、状況によっては借り換えの審査に落ちてしまうことも考えておきましょう。

最初の住宅ローンが通ったから、今度も大丈夫でしょ、と安易な考えは持たない方がいいですよ(;^ω^)

新たに団体信用生命保険への加入が必要

当然ながら住宅ローンの借り換えをする場合は、新たに団体信用生命保険に再加入しなければいけません。そのため、病気や怪我などで健康状態に不安がある人は保険への加入が出来ずに、結果として住宅ローンの借り換えも出来ないということになります。

意外とこの保険に加入できずに、住宅ローンの借り換えが出来なかったというケースもあるようです。不安な人は借り換え前に金融機関に相談してみるのがいいですね(;´・ω・)

意味がない場合もある

住宅ローンの借り換えと聞くと、なんとなくお得なイメージがありますよね。でも、実際に借り換えてみたらそこまでお得じゃなかったというケースは多いんですよ(;^ω^)

そのため、しっかりと自分にとって住宅ローンの借り換えにメリットがあるかを見極めてください。借り換え=お得、という考えだけでいると損をするケースもあるのです(;´・ω・)

住宅ローンの借り換え時期はしっかり見極めよう!

住宅ローンの借り換え時期はしっかり見極めてくださいね。購入した不動産会社などに相談すると、借り換えによってメリットがあるのかないのかをしっかり調べてくれる場合もあります。

逆に金融機関としては住宅ローンの借り換えを積極的に勧めてくるところもあるので、まずは不動産会社に相談をした方がいいかもしれませんね。

ただ、不動産会社の言葉もあまり極端に鵜呑みにせずに、自分でも少しは調べることをおすすめします。




TOP