IPOとは?当選確率を上げるための方法やメリットを解説

IPOとは?当選確率を上げるための方法やメリットを解説

IPOは株を経験したことがない人でも、簡単に参加することができます。 リスクが低い上に利益を出しやすいことから、幅広く人気の株です。 IPOは抽選で手に入れるものなので、誰もが持てるものではありません。 当選確率や当選するためのコツなどを詳しく解説していきます。
IPOは株を経験したことがない人でも、簡単に参加することができます。リスクが低い上に利益を出しやすいことから、幅広く人気の株です。

IPOは抽選で手に入れるものなので、誰もが持てるものではありません。当選確率や当選するためのコツなどを詳しく解説していきます。

IPOの特長

IPOとは、Initial Public Offeringの略です。

株式に詳しい人ならIPOについての知識があると思いますが、はじめて聞く人もいるのではないでしょうか。

IPOがどんな株なのか、特徴についてみていきましょう。

IPO株とは

IPOとは、企業が上場し市場に新規株として公開することです。非公開だった株が公開されることで、企業は資金調達ができるようになります。

東京証券取引所などで自由に取引きができるようになれば、当然未公開のときよりも簡単に幅広く行うことが可能です。

企業にとってのメリットは、財務状況などをはっきりさせることで信頼度がアップし、知名度も上がることとなります。

上場後に値上がりする確率が高い

IPO株は、ハイリターンが期待できる株と言われています。株式上場前にIPO株を購入し、上場後に売却すると利益を得られることが特徴です。

IPO株は、投資家が購入した金額よりも上場後初めて付いた株価が高くなる確率が高いことも理由となります。

上場した企業の将来性が高く期待されていると、初値は上がり利益も増えるため企業をよくチェックしておきましょう。

IPOは誰もが手に入れられるわけではない

IPOは誰もが自由に購入できるわけではなく、証券会社で抽選となります。公開される株式の数は、IPOごと決まっているので抽選に参加しなければ購入のチャンスを得られません。

IPO株はとても人気があるので、抽選に参加したとしても当選する確率は低いことが特徴です。

宝くじを買うような感覚に似ていると言えます。

IPOの当選確率とその理由

IPOの当選確率はどのくらいなのでしょうか。

初心者でも簡単にできることなどから人気があるIPOは、抽選に参加する人も多いことが予想されます。IPOの当選確率とその理由について、みていきましょう。

当選確率は低い

IPOの当選確率は、1~2%程度と言われていて当選確率はかなり低いことがわかります。

当選確率が低いのは、誰もが手に入れたいと思う低リスクでハイリターンであることから、多くの人が抽選に参加するためです。

1000人の人が抽選に参加しても、10人~20人しか当選しないことになります。

抽選は平等ではない

IPOの抽選は、すべての人に平等ではありません。宝くじなら、買った人すべて条件は変わりませんが、IPOの抽選方法は証券会社ごとに違うことが特徴です。

平等な抽選を行う証券会社もありますが、資金力がある人やポイントがある人が優遇される証券会社もあります。
IPO株の抽選は、実は必ずしも全員に平等ではありません。抽選方法は証券会社によって異なり、完全に平等な証券会社もあれば資金やポイントをもっている人が優遇される証券会社もあります。

開設口座の数が多い証券会社

IPOの抽選の当選確率が特に低くなるのは、開設口座が多い証券会社です。開設口座が多いということは、当然抽選に参加する人が多くなりライバルが増える結果となります。

そのため、IPOの抽選確率は証券会社の開設口座数が多いか少ないかという点も影響するため、証券会社選びも重要です。

IPOの当選確率を上げる方法

IPOの当選確率が低いとは言え、少しでも確率を上げるコツもあります。人気のIPOに当選したい人は、コツを押さえておくことが大事なポイントです。

IPOの当選確率を上げる方法について、詳しくみていきましょう。

平等抽選を選ぶ

IPOの抽選方法は平等ではなく、資金力のある人が優遇されます。しかし、証券会社の中には完全平等抽選を行うところもあるので、完全平等抽選の証券会社を選ぶようにすることがコツです。

資金力などの優遇措置がなく、1口座1票となるためすべての人に平等抽選のチャンスが与えられます。
証券会社の抽選方法をチェックして、完全平等抽選を選ぶようにしましょう。

開設口座が多すぎない証券会社を選ぶ

証券会社の開設口座が多いとライバルが多いため、当選確率が下がります。少しでも当選確率を上げたい場合は、開設口座が多すぎず少なすぎない証券会社を選びましょう。

開設口座が少ないと当選確率が高いと思いがちですが、少なすぎるとIPOの取り扱いが少なくなるため当選確率が高くなるとは言えません。

開設口座とIPOの取り扱いのバランスも考えて選ぶことが大事です。

複数の口座を開設する

IPOの当選確率を上げるために、複数の口座を開設する方法があります。複数の証券会社から同じIPOの取り扱いがあるため、口座が多い方が当選確率が高くなるためです。

そのためには、いくつかの証券会社で口座を開設しておくことが必要になります。

ただし中には、他の証券会社で申し込みをしていないことが抽選の条件となることもあるので、注意しましょう。

株初心者でもトライできるIPOで運試ししてみよう

IPOは、リスクが少なく利益は多いことが魅力的の株です。株式の知識があまりない初心者の人でも、手に入れさえすれば利益をゲットできる可能性があります。

当選確率を上げるコツを参考に、IPOの抽選に参加して運試ししてみましょう。
TOP