男性の貯金額はいくらくらい?結婚を見据えてしっかりと貯金しておこう

男性の貯金額はいくらくらい?結婚を見据えてしっかりと貯金しておこう

将来を見据えて貯金をしておこうと思うけど、実際いくらくらい必要なんだろう。 そんな疑問を持つ方は少なくないのではないでしょうか。 男性の場合、貯金の使い先として大きなウエイトを占めるのが結婚です。 そこで、この記事ではいくらくらい貯めておけば余裕を持って結婚ができるのかについて解説します。
将来を見据えて貯金をしておこうと思うけど、実際いくらくらい必要なんだろう。そんな疑問を持つ方は少なくないのではないでしょうか。

男性の場合、貯金の使い先として大きなウエイトを占めるのが結婚です。そこで、この記事ではいくらくらい貯めておけば余裕を持って結婚ができるのかについて解説します。

男性は結婚の為の貯金が必要

男性の場合、結婚に向けての貯金が必要となります。女性が全く支払いをしないと言う訳ではありませんが、多くは男性が支払うケースが多いでしょう。

しかし、いくらくらい貯金をしておけば良いのか分からないという方の為にどれくらい世間の方は貯金をしているのかご紹介します。

結婚時の貯金は平均323.8万円

ゼクシィ結婚トレンド調査2019によると結婚する時の平均貯金額は2人合わせて323.8万円が平均だそうです。

結婚前後にかかる費用を考えると大体これくらいは貯金しておかないと余裕が持てないという事が分かります。

結婚に向けて貯金をしようと思っている方はこの平均額を目指すようにしてみて下さい。

貯蓄額100万円未満も多い

しかし、上記でお伝えした平均貯金の額が323.8万円というのはあくまでも平均値。中には100万円以下だったという方も珍しくはありません。

特に20代の内は会社で昇進するというのも難しいですし、デートや生活費だけで精一杯という方も少なくありません。なかなか貯金ができないけど彼女に急かされて結婚をしたと言う方もいるのが現状です。

最低目標を決めておこう

そうは言っても全く貯金がない方が323.8万円を目標にするというのも先が長すぎて挫折してしまうでしょう。

そこでおすすめなのが100万円を目指す事です。なぜ100万円なのかと言うと結納ができる金額だからです。

結納はやらずに顔合わせだけという夫婦も少なくありませんがその場合は新生活に回してしまえば良いですから、1つの目安として桁が上がる100万円を目指すと良いでしょう。

結婚式を挙げるにはいくら必要?

結婚式を挙げるにはいくらくらい必要なのか?

貯金の目安はご紹介しましたが、実際に支払う金額は知っておきたいという方は多いでしょう。そこで、代表的な結婚にかかる費用をまとめてみました。

結納金

最近ではあまり行われなくなってしまった結納。実際2019年の調査では10組に1組しか結納を行っておらず、顔合わせのみになっています。

顔合わせの場合は約6.7万円かかり、結納をする場合は93.3万円が平均となっています。つまり、結納をする場合は100万円は用意しておく必要があります。

新居にかかる費用

結婚を機に新居に移り住むという方は少なくないでしょう。新居にかかる費用は家賃がいくらくらいになるかで出費はガラリと変わってきます。

敷金礼金は家賃を元に計算される傾向があるからです。仮に10万円を家賃と計算しましょう。

その場合、初期費用の相場は家賃の4倍~5倍(50万円)です。そこから引っ越し費用、家具や家電を合わせると80万円~100万円は見ておかないと心もとないです。結納を行わない場合はここにお金を費やす事になるでしょう。

結婚式の費用

結婚式や披露宴を行った場合の平均価格は354.9万円です。ただし、この価格を全て出すわけではなく、ご祝儀や親族からの援助を含めると大体150万円位になることが多いです。

人をたくさん呼べばその分ご祝儀は増えますが、その分大きな会場を押さえなければならないので、結局支出額はあまり変わらないでしょう。

新婚旅行

新婚旅行を国内にするか海外にするかで価格は変わりますが、平均すると60万円が相場となります。

ただし、上記の相場はお土産や雑費を除いた相場です。旅先だとついつい解放的な気分になってお金を使いがちですので、実際にはもう少し多めに見積もっておいた方が無難です。

まずは小さい金額を目指して貯金をしておこう

男性の貯金がいくら必要なのかについてご紹介しましたが平均額の多さに意気消沈してしまっている方も少なくないでしょう。

従って、まずは小さい所から目標にして貯金を始めてみて下さい。10万円、30万円、50万円と段階的な目標を立てる事で貯めやすくなりますよ。
TOP