5人分の平均の食費はいくら?食費の節約術もご紹介

5人分の平均の食費はいくら?食費の節約術もご紹介

5人家族の家庭は意外と多く、祖父母と孫の家庭など形は様々です。中でも子供が3人いる家庭は食費をはじめとする変動費の節約をしている人もいるかと思いますが、5人家族の平均の食費はご存じでしょうか?本記事では5人家族の平均の食費や、節約術をご紹介します。
5人家族の家庭は意外と多く、祖父母と孫の家庭など形は様々です。中でも子供が3人いる家庭は食費をはじめとする変動費の節約をしている人もいるかと思いますが、5人家族の平均の食費はご存じでしょうか?本記事では5人家族の平均の食費や、節約術をご紹介します。

5人家族の平均の食費はいくら?

早速5人家族の平均の食費をご紹介します。データは「総務省 家計調査家計収支編(2020年)」から参照しています。
また、東京や大阪などは物価がやや高いため、住んでいる地域によっても少々誤差がありますので、参考程度に収めましょう。その他光熱費や水道代等の平均も算出されているので、気になる人は調べてみてください。

5人家族の平均食費は79,509円

5人家族の食費の平均は、79,509円となっています。しかし、外食費の10,744円も含んだ金額であるため、外食費を除くと68,765円です。自身の食費と比較してみていかがでしょうか?

しかし、子供の年齢によって食費は変動します。乳幼児から幼稚園児くらいの子供と、中学生や高校生の食費は同じではありません。家庭によっては誤差がありますが、1つの目安として知っておきましょう。

1ヶ月の食費はどうやって設定する?

闇雲に食費を抑えるのではなく、きちんと目標を設定してから節約をしましょう。平均の食費を算出したら、理想的な食費の金額を設定して、毎月少しずつ近づいていくのがおすすめです。そして、外食費は分けて考えるのがオーソドックスです。外食は人付き合いが絡んだり、自炊に疲れた時の息抜きとして利用できたりします。外食費を削減するとストレスを溜める要因になるので、あらかじめ外食費を分けておきましょう。

食費の適切な金額について知りたいのであれば、エンゲル係数を使って算出するのがおすすめです。計算式は、
エンゲル係数(%)=食費÷消費支出合計×100
です。エンゲル係数が大きいほど、収入に対して食費を使いすぎています。エンゲル係数の平均は、平成以降23%程度なので、この機会に確かめてみましょう。

食費の目標金額をいくらに設定すればよいか分からない人は、エンゲル係数の平均23%程度を目安にしましょう。

家計簿をつけて支出を把握する

家計簿をつけて、支出を正確に把握するのもおすすめです。使った金額を覚えていないとついつい買ってしまい、気付いていない間に出費が増えているケースもあります。家計簿をつけて、買い物に行く頻度や買い物の際の支出を把握してみてください。削減できるコストを見つけられます。

家計簿をつければ、来月からどういう行動をすればよいのかなどの目標を立てる上での材料になります。買い物の際は必ずレシートをもらって、保管するようにしましょう。

買い物で食費を抑えるコツ

食費の目標金額が設定できたら、節約して食材を購入します。買い物でグッと節約をして、ご飯を作る時に合わせて電気代やガス代を節約するのがおすすめです。まずは買い物をする上でできる節約術や注意点をご紹介します。

買う物をリストアップしておく

あらかじめ買う物をリストアップするのは、余計な商品を購入しないようにするために有効です。リストに書いてある物だけを購入するように心がければ、不要な買い物を防げます。スーパーへ行って悩む必要がなくなるので、買い物の時間を大幅に短縮できる利点もあります。

数日分の献立を考えて必要な食材をリストアップするのがおすすめです。同時に買い物に使う金額を決めておくと、さらに無駄使いを減らせます。例にすると、1ヶ月の食費を6万円にしたいのであれば、1週で使えるお金は12,000円です。

予算内で作る献立をあらかじめ設定できるようになれば、「決められた金額でやりくり」するスキルが身につきます。初めは難しいかもしれませんが、徐々にできるようにしていきましょう。

家族を買い物に連れて行かない

子供と一緒に買い物へ行くと、欲しい物をねだられて余計な買い物をしてしまいがちです。子供は食費の意識や、値段への意識をしていない場合が多いため、計画を崩さないようにするためにも買い物は1人で行くのがおすすめです。

買い物へ行く頻度を減らす

「買い物へ行く=出費」であるため、買い物の頻度を減らすのが一番の節約になります。スーパーへ行くと特売品を見つけたり、値引きシールが貼ってある商品を見つけたりして、買う予定のない物まで購入するリスクがあります。安くても予定外の商品を購入するのは、食費を高くする要因の1つです。

買い物は週に1度か2度にして、衝動買いを抑えるようにしましょう。「買い物に行かないようにする」のが大きな節約になります。「買い物はまとめ買い」を徹底しましょう。

特売品や値引き品をチェック

特売品や値引き品のチェックをしておくと、普通に購入するよりもお得に食材を手に入れられます。セール品が
・使い回せる汎用性の高い食材
・使う頻度が多い食材
・長期間保存できる食材
である場合は注目しましょう。セール品が欲しい食材であれば理想的ですが、予定にない物だったり、「いつか使うだろう」くらいの商品だったりした場合は、買わないのも手段です。

料理で食費を抑えるコツ

料理では、食費の節約だけではなく他の変動費を節約できます。1つ1つは少ない金額かもしれませんが、請求書を確認した時には少々感動できるくらいの節約になっている場合があるので、コツコツと続けていきましょう。

食材を長持ちさせる

食べ物を腐らせたり、傷んだりした場合の食材ロスが起こると、食費が膨らみます。購入した食材は全て食べる工夫をしましょう。例えば、肉類は下味をつけて密封して冷凍すると長持ちしますし、野菜類は容器にキッチンペーパーを入れて保存すると長持ちします。ご飯は一度にたくさん炊いて、粗熱を取って冷凍保存しておくと温めて食べるだけなので、電気代の節約にもつながります。

その他、長期間保存ができる作り置きしたおかずや、惣菜などの冷凍も有効です。解凍するだけで食べられるため、もう一品買い足す必要がなくなります。食材1つ1つを適した方法で保存すれば、買い物の頻度を少なくできて、余った食材で料理ができます。

期限や保存日時を確認する

いくら小分けにして保存しても、賞味期限が切れてしまっては食材ロスにつながります。購入した時に、賞味期限をきちんと確認しておきましょう。冷凍保存する時も、容器に保存した日付を書いておくと、優先順位が分かって大変便利です。

食材ロスに気を使っていても、そもそも期限を把握していなければ意味がありません。きちんと期限を把握すれば、節約を実現できて食材ロスもなくせますよ。

かさ増し料理で満腹感をキープ

食費を節約すると、食事の量が少なくなってしまいがちです。しかし、かさ増し料理作れば満腹感をキープしたまま節約ができます。具体的には、
・ハンバーグに豆腐を入れる
・野菜炒めにもやしを入れる
・ミートソースにきのこ類を入れる
などです。

かさ増し料理は、安い食材を使用するのがおすすめです。食べ盛りの中学生や高校生がいる家庭は、かさ増し料理で節約しましょう。

冷凍食品も使う

野菜が高騰している時は冷凍食品を利用して食費を節約できます。冷凍食品は高いと感じているかもしれませんが、場合によっては安くなると覚えておきましょう。長期間保存ができる上、時間がない時や、料理をしたくない日に電子レンジで温めてすぐに食べられます。

冷凍食品はお弁当にも利用できるメリットがあります。自然解凍でOKの商品や、カップで小分けになっている冷凍食品があるので、非常に便利です。味のクオリティもどんどん上がっているので、美味しく食べられます。

コンビニはできるだけ利用しない

コンビニはスーパーよりも便利ですが、全体的に値段が割高なので極力利用しないようにしましょう。何でも揃っていて非常に便利ですが、魅力的な商品が多く、ついつい余計な物を購入してしまいます。非常事態を除いて、コンビニの利用は控えるようにしてください。

節約を長く続けていくために

毎日毎日節約を意識した生活をするのは、自分だけではなく家族も息が詰まります。節約生活を長く続けていくために必要な息抜きの方法をご紹介します。明日からまた節約を頑張って続けていくために、ぜひ実践してみてください。

外食をしてリフレッシュ

あらかじめ分けておいた外食費を使ってリフレッシュしましょう。節約生活を送る上では、息抜きが必要不可欠です。「今日は料理をしたくない日」などあるかと思いますので、疲れてしまったら外食をして明日から頑張れるようにリセットするのも必要です。

無理な節約をしない

節約は無理をしてする必要はありません。節約術と言っても、誰でもできるわけではなく、向き不向きがあります。他の節約術を取り入れて、総合的にコストを抑えるのも1つの手段です。

食費だけではなく、固定費の見直しなども有効なので、自分に合った方法で節約しましょう。

節約をして食費を抑えよう

楽しく続けるのが節約に有効です。お金に余裕が生まれても、人に余裕が生まれなければ意味がありません。自分のできる範囲で、楽しく節約をしてみてください。

紹介した方法以外にも節約術は多く存在しているので、自分でできそうな節約術を試してみてください。
TOP