保険で資産運用をするメリットやデメリットについて

保険で資産運用をするメリットやデメリットについて

資産運用にはさまざまな種類があります。 その中でも注目されているもの、それが「保険」です。 保険で資産運用をしている人は多いのです。 今回は保険で資産運用をするメリットやデメリットについて紹介していきましょう(`・ω・´)
資産運用にはさまざまな種類があります。その中でも注目されているもの、それが「保険」です。保険で資産運用をしている人は多いのです。

今回は保険で資産運用をするメリットやデメリットについて紹介していきましょう(`・ω・´)
資産運用とは、資産を株式や不動産などに投資して増やすことをいいます。

保険で資産運用するメリット

保険で資産運用をすることにはいくつかのメリットがあります。保険で資産運用をする人が増えているのはそれらのメリットがあるからです。

初心者でも始めやすい

保険で資産運用をするメリットとして、初心者は始めやすいというものがあります。証券口座を開設する必要もなく、運用も保険会社に任せることができるのです。難しいことを一切せずに済むので、初心者におすすめされています。

資産運用に興味があるけど、株式投資などは怖い……という人は、ぜひ保険で資産運用をしてみることから始めてみてください。

定期預金よりも年利が高い

via pixta.jp
資産運用として定期預金にお金を預けている人もいます。しかし、定期預金の年利は低めです。銀行によっては100万を円預けて利息が2,000円というものもあります。

損をしないだけマシではありますが、苦労の甲斐がある金額とは言えません。

保険の場合は年利が1%から2%で運用できるものもあります。それを考えると、定期預金よりも保険の方が資産運用には適しているのです。

万が一の際の保険金がある

保健で資産運用をすることがおすすめされている理由として、万が一の際の保険金があります。定期預金などの場合は預金額分しか用意されません。

しかし、保険の場合は加入期間が短くても契約通りの金額を受け取ることができます。いざという時に備えたい人こそ、保険での資産運用がおすすめなのです。

保険で資産運用するデメリット

保険で資産運用するメリットは多いですが、デメリットがゼロと言うわけでもありません。こちらでは、どんなデメリットがあるのかについて見ていきましょう。

元本割れの可能性

基本的に投資は元本割れの可能性があります。それは保険でも同じです。

基本的に加入期間に応じて満期保険金の返戻率が変わってきます。期間が短いと返戻率も低く、長ければ上がっていきます。

その結果、解約時期によっては元本割れの可能性があることも覚えておきましょう。

長期加入が前提

元本割れを防ぐためには、長期加入が必要となります。資産運用として活用するなら、基本的に長期契約を考えておきましょう。短期契約の場合は、絶対とは言いませんが元本割れのリスクが高くなってしまいます。

保険料を全額支払うことで、途中解約による元本割れリスクは減らすことができます。ただ、一時払いや一括払いに対応していない場合があるので気をつけましょう。

保険料が高額

資産運用として保険加入をするなら、保険料が高額になることも覚えておきましょう。何十年も支払っていけるのか、加入前にしっかりシミュレートしなければいけません。

ちなみに資産運用の保険は掛け捨て保険と異なり、保険料が高額になりがちなので十分考えておかないと将来的に支払えなくなるというリスクが出てきます。

保険料に関しては、店舗スタッフなどに相談をしてみることをおすすめします。

ファイナンシャルプランナーなどに相談して、保険の資産運用が適しているかもチェックするといいかもしれませんね。

メリットとデメリットを比較して保険で資産運用するか決めよう!

保険で資産運用することは初心者にもおすすめされています。ただメリットだけではなく、デメリットがあることも覚えておくようにしましょう。

特にデメリットをしっかり見ておかないと、実際にトラブルに遭遇した時に臨機応変に対応することができなくなります。

そうならないためにも、メリットとデメリットはしっかり比較しておくようにしてください。
TOP