みんながはじめている少額不動産投資のメリットは?少額投資で老後に備えよう!

みんながはじめている少額不動産投資のメリットは?少額投資で老後に備えよう!

老後2,000万円問題や去年から続く新型コロナウイルスによる給与削減やリストラなどのリスクに対して、投資によって資産を増やす動きが活発化しております。 わたしも昨年から投資をはじめ、お給料以外の収入先を確保しようと必死です。 今回は、わたしが行っている投資の中でも特にメリットの大きな少額不動産投資についての情報をご紹介していきます。
老後2,000万円問題や去年から続く新型コロナウイルスによる給与削減やリストラなどのリスクに対して、投資によって資産を増やす動きが活発化しております。

わたしも昨年から投資をはじめ、お給料以外の収入先を確保しようと必死です。

今回は、わたしが行っている投資の中でも特にメリットの大きな少額不動産投資についての情報をご紹介していきます。
REITでは、投資家から資金を集め、それを元手にして専門家である投資法人が不動産投資を行って、得られた収益を投資金額に基づいて投資家に分配します。REITの提供事業者によっては、レバレッジをかける(=少ない投資金額でも大きな収益を狙う)ことも可能です。

少額不動産投資のメリットとは?

不動産投資の中でも、多くの方が注目しているのが少額不動産投資です。なぜ投資の中でも少額不動産投資は人気があるのでしょうか?

少額不動産投資をすでにはじめている方が、はじめるきっかけとなったメリットに注目してみました。

低リスク

少額不動産投資の最大のメリットは、やはりリスクが非常に低いということだと思います。

投資する金額を低くすると、当然ながらリターンも少なくはなってしまいますが、長期的に運用するのであれば、十分なリターンが期待できます。

例えば1000万円を投資するとして、一つの不動産に投資するよりかは、沢山の不動産に少額ずつ投資した方がリスクを分散することができます。

資産運用をしたいけど、できるだけリスクを抑えたいという方や初心者の方に人気があるのです。

節税

少額不動産投資は、節税効果の高さからも注目されております。小額でも不動産投資を行った方は、固定資産税や減価償却費を経費として申告することができます。

また、不動産を選ぶ際に現地まで足を運んだ交通費も経費として申告することも可能です。

小額不動産投資ではあまり無いのですが、仮に赤字になってしまった場合でも、損益通算の対象になりますので、課税所得を減らすことができますので、非常に高い節税効果が期待できるのです。

不動産投資の注意点とは?

これから不動産投資にチャレンジするという方は、不動産投資のメリットだけでなく注意点も頭に入れておく必要があります。

リスクを事前に知っておくことによって、万が一の事態が起きた時に冷静に対処をすることができます。

自然災害

日本では、毎年のように地震や台風、大雨、大雪などの自然災害が猛威を振るっております。自分が投資をしている不動産が、こういった災害によってダメージを受けることも十分に考えられます。

自然災害によって資産を失う可能性があるのです。

もちろんそういった時のために、不動産のあるエリアの災害リスクをしっかりと検討したり、自然災害用の保険に加入したりするのですが、それでも投資家に大きなダメージとなるのは明白です。
via pixta.jp

入居者不足

不動産投資は、FXなど他の投資ジャンルと比べてリスクが非常に少ない投資と言われておりますが、投資ですのでリスクが全くないというわけではありません。不動産投資をしている方が最も頭を悩ませているのが入居者不足です。

不動産投資は、入居者が支払ってくれる賃料で利益を出す投資です。そのため、入居者がいないと利益が出ないのです。

少額投資をする時には、必ず現地まで足を運び、立地条件や住居環境などを確認した上で、不動産投資をする時には入居者が入りやすい不動産を選ばなければいけません。

まとめ

少額不動産投資は、投資先の不動産さえ選んでしまえば、あとはお任せで資産運用をすることができますので、わたしのように仕事に育児に忙しい方でも安心して資産を増やすことができます。

また、少額不動産投資は選択肢が非常に多くなっておりますので、自分にピッタリの投資先を選ぶ事ができるのも魅力です。

資産運用で迷っている方は、投資初心者でも安心できる少額不動産投資をチェックしてみてくださいね。
不動産はどうしたら高く売れると思いますか?
RENOSYなら、売主様の立場に徹底的に立って、情報の「囲い込み」はおこなわず、ハイセンスな売却方法とツールを組み合わせて、「高値売却」「早期売却」を実現できます。
TOP