収入保障保険に加入する前に知っておくべきメリットとデメリットについて

収入保障保険に加入する前に知っておくべきメリットとデメリットについて

多くの方が加入している収入保障保険は、今や将来に向けて欠かすことができない存在となっています。 しかし、一般的な保険で満足している方にとっては、わざわざ収入保障保険に加入しなくてもと思ってしまうのも事実です。 そこでこちらでは、収入保障保険のメリットとデメリットの双方から収入保障保険の魅力に迫っていきたいと思います。
多くの方が加入している収入保障保険は、今や将来に向けて欠かすことができない存在となっています。

しかし、一般的な保険で満足している方にとっては、わざわざ収入保障保険に加入しなくてもと思ってしまうのも事実です。

そこでこちらでは、収入保障保険のメリットとデメリットの双方から収入保障保険の魅力に迫っていきたいと思います。
収入保障保険とは、被保険者が死亡した場合に保険金を年金として受け取れる保険です。年金は毎月20万円ずつなどと契約した金額を保険期間終了まで受け取れます。

収入保障保険のメリットとは?

収入保障保険がここまで注目されているのには、しっかりとした理由があります。

収入保障保険について、理解を深めていくために、まずは、生命保険などにはない、収入保障保険のメリットについてご紹介していきます。

保険料がリーズナブル

収入保障保険が、多くの方から受け入れられている理由として最も大きいのが、やはり保険料が、一般的な保険よりもかなりリーズナブルであるということです。

収入保障保険は、その性質上、保健期間の残り時間が少なくなればなるほど、受けとることができる保険料が少なくなっていきます。

そのため、保険会社が支払う保険料は、定期保険と比べてリーズナブルですので、保険料をリーズナブルにすることができるのです。

必要な分の保証を必要な分だけ受けとることができるような設定にすることができますので、リーズナブルな保険料で済ませることができるのです。

非常にわかりやすい

収入保障保険が人気の要因のひとつとしてあげる方が多い物が、とにかくわかりやすいということです。収入保障保険では、保険料の払込い期間中に支払う毎月の保険料は、常に一定となっています。

また、保険料は、加入年数が増え、加入時よりも年を取ったとしても、保険料が途中で上がることはありません。そのため、ライフプランニングをしやすいといったメリットもあります。

また、収入保障保険が選ばれている要因として、保険の見直しが必要ないといったメリットもあります。

定期保険の場合には、ライフステージに合わせて保険料を見直す必要がありますが、収入保障保険では、生活の大きな変化がない限り、見直さずそのままで大丈夫といった特徴があります。

収入保障保険のデメリットとは?

収入保障保険には、魅力的なメリットが沢山ありますが、やはり保険ですので、デメリットも存在しています。

収入保障保険に加入するまえに、しっかりと理解しなければならない、収入保障保険のデメリットについてもご紹介していきます。

途中解約時は保険料が戻ってこない

収入保障保険は、途中解約をすると、保険料が全く返金されなかったり、返金されたとしても、非常にわずかな額しか返金されなかったりします。

もちろん一般的な定期保険と比べて、非常にリーズナブルではあるのですが、返金されないことは、やはりデメリットに感じる方が多いようです。

返金が難しいのは、収入保障保険の性質上、仕方のないことなのですが、一般的な定期保険と違い、掛け捨ての保険といった認識を持たなければいけません。

まとまった支出に不向きである

収入保障保険は、毎月受け取ることができる年金やお給料のように保険料を受けとることができる保険です。

そのため、お子さんの高校入学や大学入学、車の乗り換えなどまとまったお金が必要となる場合に不利になってしまいます。

収入保障保険にも一括受け取りができるものもありますが、一括で受け取るようにしてしまうと、貰える保険料の総額が少なくなってしまいますので、注意が必要になります。

メリットとデメリットを理解してから加入しよう

収入保障保険は、メリットも多いのですが、デメリットも少なからず存在しています。

そのため、取り合えず加入しておくようなやり方ではなく、しっかりと自分のライフプランに合っていれば加入するようにしましょう。
TOP