50代以上の方におすすめの個人年金を教えて!【2021年最新版】

50代以上の方におすすめの個人年金を教えて!【2021年最新版】

日本人は、年々寿命が延びている傾向があります。しかし、老後の生活を維持するために必要な年金の受給金額は減る一方です。来る老後に備えてわたし達ができることといったら、年金以外に現金を準備しておくことです。こちらでは、50代以上の方に注目を集めている個人年金を選ぶ方法やおすすめの個人年金についてご紹介していきます。
日本人は、年々寿命が延びている傾向があります。しかし、老後の生活を維持するために必要な年金の受給金額は減る一方です。

来る老後に備えてわたし達ができることといったら、年金以外に現金を準備しておくことです。こちらでは、50代以上の方に注目を集めている個人年金を選ぶ方法やおすすめの個人年金についてご紹介していきます。

50代以上の方が個人年金を選ぶ時に知っておく事とは?

via pixta.jp
個人年金は、収入によってももちろんですが、年齢によっても選ぶべき種類が異なってきます。

そのため、50代以上の方は、50代以上の方に適した個人年金を選ばなければ意味がありません。50代以上の方は、どのあたりに注目して個人年金を選んでいけばよいのでしょうか?

払い込み

個人年金を選ぶ時には払い込み方法で選ぶ事も重要になります。基本的に払い込み方法は、月払いよりも一時払いか全期前納の払い方の方がお得です。

全期前納と一時払いを選ぶ時には、何歳まで働くのかを先に決めておく必要があります。

定年を早く迎える方は、定年後のお給料がなくなってしまいます。そういった方の場合には、個人年金保険料控除の意味があまりありませんので、一時払いがお得になります。

逆に長く会社勤めをされるなど働いている期間が長い方の場合には、個人年金保険料控除の恩恵は続きますので、全期前納を選んだ方がお得であることは間違いありません。

これからどれくらい働き続けるのかをしっかりと確認して決める必要があります。

つまり、一時払いと全期前納のどちらがお得なのかを考えるには、それぞれの総額保険料の差額と、個人年金保険料控除の差額を比較することで、どちらがお得かを判断することができます。

リスクの大きさ

個人年金を選ぶ時には、リスクの大きさを重要視するようにしましょう。

例えば、住宅ローンが多く残っている方や子育て中の方と、全てあるていど終わっているという方とでは、選べるリスクが違います。そういった方は、変額年金や外貨建て保険のようにハイリスク・ハイリターンな保険を選ぶ事も可能です。

また住宅ローンが多く残っている方や子育て中の方などは、変額年金や外貨建て保険を選ぶのにはリスクが高すぎます。そういった方の場合には、リスクの少ない確定年金を選ぶようにしましょう。

50代以上の方におすすめの個人年金

50代以上の方でもはじめることができる個人年金は沢山ありますが、中にはあまりメリットの大きくない個人年金も存在しています。おすすめの個人年金をご紹介していきます。

JA共済ライフロード

JA共済のライフロードは、新型コロナウイルスによって非常に厳しい時代、過去に類を見ないほどの低金利な現在においても、高い払い戻し率を誇る人気の個人年金です。

共済ライフロードは、積立利率変動タイプですが、他の個人年金よりも高い利率を最低保証にしています。

また、共済ライフロードは、18歳から85歳までは加入することができ、高齢層の方であっても加入することができることで話題となりました。

老後のための資金を効率よく準備したいけど、リスクを負いたくないというわがままな要望に応えてくれる個人年金です。

日本生命みらいのカタチ 年金保険

日本生命のみらいのカタチ 年金保険は、一般的な個人年金と変わらない払戻率なのですが、配当金が非常に大きいことで注目を集めています。

一般的な円建て確定型の個人年金保険を選ぶのであれば、多額の配当金が期待できる日本生命のみらいのカタチ 年金保険を選んだほうがよいでしょう。

自分に合った個人年金を選ぼう!

自分に合った個人年金は、ひとそれぞれです。

自分がどのような生活を老後におくりたいのか、そのためにはいくら必要なのか、自分が個人年金にあてることができる金額などトータルで判断することが重要になります。

今回紹介した2つの個人年金以外にも魅力的な商品はありますので、いろいろと探してみましょう。
TOP