不動産投資ローンの借り換えにはどんなメリット・デメリットがあるのか?

不動産投資ローンの借り換えにはどんなメリット・デメリットがあるのか?

不動産投資ローンは住宅ローン同様に借り換えを検討する人もいます。 借り換えを検討している人は、どんなメリットとデメリットがあるのかをチェックしましょう。 メリットとデメリットを知っておかないと、いざという時のトラブルに備えられません(・_・;) 借り換えを検討する前に、しっかり知識を蓄えておきましょう(`・ω・´)
不動産投資ローンは住宅ローン同様に借り換えを検討する人もいます。借り換えを検討している人は、どんなメリットとデメリットがあるのかをチェックしましょう。

メリットとデメリットを知っておかないと、いざという時のトラブルに備えられません(・_・;)

借り換えを検討する前に、しっかり知識を蓄えておきましょう(`・ω・´)
不動産投資ローンと住宅ローンの大きな相違点は、他人に貸して収益を得るのか自分が住むのかという物件購入の目的です。この目的を基準にして、さまざまな違いがあります。

不動産投資ローンの借り換えメリットは?

こちらでは、不動産投資ローンの借り換えメリットについて見ていきましょう。

まずは、どんなメリットがあるのかを把握することで「借り換えをした方がいいのかな」と冷静に見極めることができます。

収益の上昇

不動産投資ローンの借り換えによって収益が上がることで、資金に余裕が出てきます。それは不動産投資の効率を上昇させることにつながります。

つまり、余剰金を修繕費用に充てられる、空室リスクなどに備えられるなど、さまざまなことに備える余裕を持つことが出来るのです。

負担を減らせる

金利が下がるということは、それだけ支払いの負担も減らせるということになります。支払いの負担を減らせることで、精神的なゆとりにも繋がります。

すぐにではなくても、次の不動産投資のことを考えてもいいかもしれませんね。

不動産投資ローンの借り換えデメリットは?

via pixta.jp
こちらでは、不動産投資ローンの借り換えデメリットについて見ていきましょう。基本的に借り換えの場合はメリットよりもデメリットを重視してみておく必要があります。

どんなデメリットがあるのかを知ることで、デメリットに対する対策をできるようになるからです。

手数料の発生

当然ながら、借り換えの場合は手数料が発生します。

一括繰り上げ返済手数料、抵当権抹消登記に関する費用、融資手数料、抵当権設定に関する費用など借り換え元と借り換え先で異なる手数料が発生します。

各手数料でどのくらいの手数料がかかるかはわからないので、事前に相談をしてシミュレートをしておくことをおすすめします。

融資期間が短くなる可能性がある

ほとんどの不動産投資ローンは不動産の法定耐用年数が借入機関の上限となります。つまり、所有年数が長いほど長期ローンを組むことが難しくなってしまうのです。

そのため、借り換えをしたからといって、最初の年数が設定できるわけではないことも覚えておきましょう。

借り換え出来ない場合がある

金融機関によっては団体信用生命保険への加入が必須のところもあります。そういった金融機関の場合、健康状態によっては借り換えを断られることもあるのです。

他にも、借主の属性などによって借り換えができない場合もあります。滞納履歴、クレジットカードの滞納、携帯代の滞納などさまざまな面をチェックされます。

意外とうっかりしがちなものが携帯代の滞納です。

不動産投資に関係ないからと甘い考えを持っていると、金融機関によっては断られる可能性があることも覚えておきましょう。
不動産はどうしたら高く売れると思いますか?RENOSYなら、売主様の立場に徹底的に立って、情報の「囲い込み」はおこなわず、ハイセンスな売却方法とツールを組み合わせて、「高値売却」「早期売却」を実現できます。

買ってから売りたい、売ってから買いたい、すぐに現金化したい、などなど、、、 売主様のご要望に合わせた売却プランをご用意します。

不動産投資ローンの借り換えはメリット・デメリットを把握しておこう!

不動産投資ローンの借り換えにはさまざまなメリットとデメリットがあります。メリット・デメリットを両方把握しておき、自分にとってメリットが大きいかをチェックしてください。

借り換え=メリットばかり、という考えの人もいますがそれは違います。デメリットになる人もいるので、しっかり比較検討しないといけないのです。

失敗をしないためにも、冷静な判断を忘れないようにしてくださいね(`・ω・´)
TOP