株で儲けるのは簡単だと言っている人がいるけど本当なのでしょうか?

株で儲けるのは簡単だと言っている人がいるけど本当なのでしょうか?

動画投稿サイトやブログをはじめとするSNSなどでは、株で儲けるのは簡単だと言っている人をよく見かけます。しかし、本当に簡単に儲けることができるのでしょうか? 気になったので色々と情報収集をしてみました。
動画投稿サイトやブログをはじめとするSNSなどでは、株で儲けるのは簡単だと言っている人をよく見かけます。しかし、本当に簡単に儲けることができるのでしょうか?

気になったので色々と情報収集をしてみました。

株で儲けるのは簡単ではない

株で儲けるのは簡単だという人もいますが、株なら誰でも儲けることができるのであれば、日本経済は、ここまで衰退していませんし、生活保護を受けている方の数も過去最大にまで増えることはありません。

株で儲けることが簡単ではなく、難しいと断言できる理由についてまとめてみました。

勝率は50パーセントではない

無作為に選んだ株を購入し、その株から利益を得ることができる確率は半分以下になります。株の場合には、株価が上がるか下がるかだけですので、50パーセントになるはずなのにと思われる方もいると思いますが、株には手数料や税金が存在しています。

つまり株で勝つにしても手数料や税金で引かれる以上の儲けを出さなければいけないのです。

株は投資した段階ですでに負けている状態からのスタートになりますので、簡単に勝てるということではありません。

儲け続けるのが難しい

株は、何も考えずにチャレンジした場合、初回だけでしたら50パーセントに近い方が勝つことができます。
しかし、連続で勝ち続けるとなると、確率はかなり少なくなります。

単純計算すると、100人の方が株をはじめて初回の投資で勝つ人が半分の50人になるとします。その勝った50人の方が、2回目の株式投資をした場合、勝つ方は、さらに半分の25人になります。

次は13人、その次は7人と投資をすればするほど確率は落ちていきます。実際には手数料や税金などが入りますので、さらに確率は低くなります。

選び方に知識が必要になる

株で勝ち続けるためには、運ではなくしっかりと値上がりがしそうな株を選ぶ必要があります。しかし、株の値動きは将来のことになりますので、あくまで予想するしかありません。

株で簡単に勝ち続けるためには、簡単だと思えるくらい株式投資に対しての知識を得なければいけません。
そのためには、日頃の努力や研究を続けなければいけません。

日頃の努力や研究が必要になってくると、やはり株は簡単に勝てるというものではないということになります。

なるほど!勝つためにはやっぱり知識が必要そうだね。

株で簡単に儲ける方法とは?

株で簡単に儲けるのが難しいという反面、株で簡単に儲けることができる方法が全くのゼロであるかというと、決してそういうことではないそうです。

現にわたしもわずかながら株式投資で利益を上げています。わたしのような初心者でも株で儲けることができた方法をご紹介していきます。

複利

株式投資でも儲けるためには、長期的に株を保有することが重要になります。例えば株を10万円分投資して、年間で1万円の利息が付いたとします。

翌年も同じように利益が出る場合には、翌年も1万円の利益となるのですが、儲かった1万円をそのまま10万円に加えて投資金額を11万円に増額すると、翌年の利益は11,000円となり、前年の利益よりも1,000円増えます。

たった1,000円増えただけだと思いますが、さらに翌年、5年後、10年後には、どんどんと複利が膨らんでいきます。

特に老後のために株式投資をしているというのであれば、老後にはかなり複利が膨らみますので、簡単に勝つことができます。

余剰金でチャレンジする

株で勝つのが簡単だという方は、株式投資に投資しているお金が余剰金であるといった特徴があります。

あくまで余剰金ですので、負けたとしても住むところがなくなったり、明日の食事に影響したりするようなことはありません。

余裕をもって投資することによって、株の値動きも冷静に判断することができるようになるのです。プレッシャーが少ない状況で投資をすることができますので、勝率はかなり高くなります。

これが追い込まれた状態で投資をすると、ほんの少しの値動きにビクビクしてしまって上手くいかなくなってしまうのです。




負けないために勉強しよう!

株式投資には、運ももちろん必要になりますが、運だけでは勝率は5割以下になってしまいます。

勝率を高めるためには、株についてしっかりと勉強し、購入すべき株について手広く情報収集を行い、その情報が確かな物なのかを判断する知識と経験も必要になります。

なんにせよ株について勉強しなければ勝ち続けることはできませんので、しっかりと勉強し株の事に詳しくなりましょう。
企業が事業資金を集める方法の一つとして「株式」の発行があります。株式を購入(企業に資金を提供)した「株主」は発行会社の出資者(オーナー)の一員となります。株主は、企業に出資する対価として、株主総会で議決する権利(議決権)や配当金・株主優待を受け取る権利などを得ることができます。
TOP